« イイダバシくんへ | Main | 幸運のダブル・レインボー »

June 19, 2008

謎多き大阪万博切手

080619

 図はウルグアイが発行した大阪万博記念切手です。今でも500円以下で買える安い切手ですが、しかし、主題の正体がよくわからない謎多き切手です。
 一番切手位置の富士山、これがいきなり元図がわかりません。横山大観あたりの絵をトレースしたっぽいのですが、ありふれた構図だし、そもそも富士山の絵はたいへんに多いので特定するのが非常に困難です。二番切手位置のふたりの日本女性なぞ手がかりすらありません。三番切手位置はこれはもう岡本太郎作「太陽の塔」とわかります。ですが、腹部の顔の表情が全然違うというバッタもん度の高さよ!。リアルタイムな題材ですし、写真資料なども容易に入手できたであろうに、何とも不思議な図案ミスでしょうか。
 そして最後は四番切手位置の題材です。ヤキトリのような串差しの絵、実は私はこれがあっさりわかりました、と言うか既に知っていました。シーボルトが著した「NIPPON」の中の挿絵です。伝統的な各種道具類を描いた絵のうち、旗指物のひとつとして描かれています。現代日本ではお目にかかれない造形であったので却って印象強く記憶しています。むしろ、このクネクネ感が岡本太郎っぽくもありますね。
 一番および二番切手位置の題材について、どなたかご存知であればご教授ください。よろしくお願いいたします。

|

« イイダバシくんへ | Main | 幸運のダブル・レインボー »

Comments

ゆりかもめさん おはようございます
さっそく拝見しました。なるほど、これは「青春の塔」そのものですね。岡本太郎さんが北斎の旗指物の図にインスパイアされたものでは?とも考え直し、当該図を探しましたがやはりネット上では見つかりませんでした。山口県立美術館・浦上記念館まで図録を買いに行ってしまおうかと考え中です。帰りに萩でチョンマゲビール買って温泉にも寄って・・・って、完璧におっさんですな。

Posted by: すぎやま | June 28, 2008 at 06:34 AM

初めまして。
いつもひと味違った記事を楽しませていただいています。

さて、四番切手の題材ですが、もしかしたら「青春の塔」
かもしれません。
お祭り広場の大屋根を支える形で存在した塔のひとつです。

私も記憶が曖昧でしたので検索して画像の載っているページを
見つけて見比べましたが、いかがでしょうか?http://tap.exblog.jp/5563312/
http://expo70.fc2web.com/kinenkan/kine_ans.html

Posted by: ゆりかもめ | June 26, 2008 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/41575769

Listed below are links to weblogs that reference 謎多き大阪万博切手:

« イイダバシくんへ | Main | 幸運のダブル・レインボー »