« スタンプショウ=ヒロシマ'08(2) | Main | ニットキャップマン »

May 24, 2008

スタンプショウ=ヒロシマ'08(3)

080524_1

<収穫品>

 スタンプショウ=ヒロシマ'08の私的レポートも最後です。過去においても、おそらくどの郵趣誌も触れていなかったであろうと思われる発見をしましたのでご紹介したいと思います。
 上掲の小さな画像でもその特徴が明瞭に出ています。切手部分を囲む目打のうち上辺の一列だけが目打穴ひとつぶん上方にずれています。詳しいことは省略しますが、目打穴はその抜け穴の断面形状からおよそタイプがわかりまして、この小型シートの場合は一般的な全型目打です。連続櫛型系目打ではままある位置ずれも、全型目打となると話は別で、目打針が自然にずれることはないので非常に希有なパターンの変則目打です。正しくは実物確認したのはこれが初めて、唯一のものです。これは一体どいうことかとじっくり観察するとあることに気付きました。下がその部分拡大図です。

080524_2

 本来あるべき目打列に穿孔されたと仮定すると、ちょうど登場人物の聖エリザベスの顔面、それも目線位置を貫通してしまいます。それを回避するための目打ずらしではないかと私は推理します。
 試刷り段階でそれとわかっていれば、最初から適切な穿孔位置を設定していたことでしょう。それがそうなっていないことを更に類推すれば、製造途中で初めて気が付いて慌てて対応した結果ではないかとの疑義が濃厚です。これはマズイと気がついた時には既に時間切れ、目打全部を植え直す余裕がなく上辺一列のみ動かしたのではないかという仮説です。もし、少数でも目線切り(移動前)の小型シートが発見されれば、この仮説も説得力を持つのではないかと思います。絵画切手・宗教切手コレクターの皆さん、お手持ちの小型シートはいかがでしょう?。ぜひご一報を。

(データ)
・コレッジオ死去450年小型シート(単片4種と小型シート1種のセット)
・タイトル:The Nativity with Ste. Elizabeth and the young St. John
・タークス&カイコス諸島 1984年発行
詳細はこちら
※関連記事:スカウト運動100年

|

« スタンプショウ=ヒロシマ'08(2) | Main | ニットキャップマン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/41305054

Listed below are links to weblogs that reference スタンプショウ=ヒロシマ'08(3):

« スタンプショウ=ヒロシマ'08(2) | Main | ニットキャップマン »