« ホッピーにハマってます | Main | インドネシアー日本共同発行 »

April 06, 2008

信じ難い図案ミス

080406

 3月下旬から非常にシリアスな仕事に取り組んでいた関係で、ブログ更新がすっかり滞ってしまいました。月が開けた4月1日に無事に完成検査合格・引き渡しが済み、ほっとしたのも束の間、再び難題解決のために様々な条件で試作を重ねる毎日でした。それもなんとか解決のメドがたち、ほんとにほんとのお休み気分モードになりました。
 昨日は完成品の写真撮影のために長門、萩と回り、そのついでに「北斎 -シーボルトの見た日本-」展を見に山口県立萩美術館・浦上記念館にも立ち寄りました。その後、若干の隠密行動を経て帰宅しました。
 さて、仕事モードから解放された直後、およそ信じ難い図案ミス切手の情報が寄せられました。上図がそれです。名称は「第3回経済協力機構郵政会議」で、2007年9月22日に発行されたパキスタン切手ですが、翌10月12日に販売停止・回収されたそうです。実売期間わずか20日です。
 同一図案による参加各国の共同発行で、現時点ではイランとカザフスタンの発行を確認しています。ところがパキスタンは一体何をどう取り違えたのか、

(1)自国名表記がない。
(2)「イランイスラム共和国」と表記されている。
(3)自国額面Rs.10の他に余計なイランの額面「650Rials」の表記もある。

という大失態を晒しています。また、本来なら会議が開催された2006年に発行されて然るべきもので、イランもカザフスタンも同年内に発行済です。しかし、パキスタンだけがなぜか2007年にずれ込み(インプリントは"2006"になっています)、しかも事情を理解していないとイラン切手としか思えないほどの滅茶苦茶ぶりです。原画を流用するにしても自国名を間違える(修正し忘れ?&誰もチェックしていなかった?)なんてブザマは、間違いなく世の地図切手、国旗切手の中でも超弩級の図案ミス切手であると断定できましょう。

(追記)
 逆説的に考えてみますと、これほどのトンチンカン切手なのに20日間も売ってたなんてある意味凄いですね。侮り難し!パキスタン!(笑)

|

« ホッピーにハマってます | Main | インドネシアー日本共同発行 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/40782017

Listed below are links to weblogs that reference 信じ難い図案ミス:

« ホッピーにハマってます | Main | インドネシアー日本共同発行 »