« ガーナのデノミ | Main | 北京オリンピック »

April 27, 2008

美しき謎の抽象

080427

 美しい曲線で構成された斬新なデザイン切手、これが最初に世に出たのが1967年(昭和42年)と知り、たいへん驚いたものです。しかも発行はアフリカのマラウイ、券種は不足料切手という、およそデザインとは縁のなさそうな出自です。宗主国イギリスをも巻き込んだ地下資源を巡る利権争いに明け暮れ、独立は果たしたものの、いまだに最貧国のひとつにとどまっているマラウイに、どうしてこのような美しい切手が生まれたのでしょう。
 本業絡みもあってコンピュータ・グラフィックス(CG)によるデザイン切手も注意しています。今でこそ切手デザインの現場にPCが使われることが当たり前になりましたが、1980年代後半でさえPC自体のハードの脆弱さから、それほど複雑なことはできませんでした。1970年代に至ってはドット絵や荒目モザイク画像に代表されるような「いかにもコンピュータで描きました」的なプリミティブなアートが関の山でした。にもかかわらず、本件はそれ以前の1960年代のアイテムですし、おそらくCGではないとは思いますので、現代にも通用する卓越した美を手描きで作り出した手腕には驚かない方が無理と言うものです。その後も額面変更などを重ねながらも曲線のデザインはそのまま、1980年代まで同一図案切手の発行が継続されました。不足料切手という裏方的存在の券種であったことが、かえって息の長いデザインを続けることができたのかもしれません。上図も1971年の改版5種のうちの1枚です。
 旧宗主国イギリスの協力なくしては考えられない切手です。ですが、詳しい事情がほとんど何もわかっていません。気をつけてはいるものの、実逓使用例もまったく見たことがありません。ぜひとも解明したい謎の切手のひとつです。

|

« ガーナのデノミ | Main | 北京オリンピック »

Comments

こんにちは
僕もこの切手のデザインのすばらしさにまいっています。

不足税切手は、1つの傾向として、抽象図案とか、花とか、虫とか、中立的で当り障りの無い図案にすることが多いように思います。

この切手の実逓カバーほしい!

Posted by: xeno | May 11, 2008 at 01:27 AM

物理(電機物理あるいは電磁気)の波の干渉図あたりから適当に選んだ図面じゃないでしょうか?

アマチュア無線でもマラウィだと交信証のやりとりはマラウィを経由しないでやりますから、(マネージャーを第三国において安全をはかる)わたしも実逓をみたことはありません。不足料といったらなおさらです。

Posted by: 岡本 哲 | April 27, 2008 at 03:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/41005858

Listed below are links to weblogs that reference 美しき謎の抽象:

« ガーナのデノミ | Main | 北京オリンピック »