« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

February 26, 2008

国際返信切手券100周年記念券

080225

 山本誠之さんからのお薦めで購入しました。国際返信切手券(以下IRC)にはそれほど興味はないのですが、IRC発行100年記念のIRCであり、なおかつ日本版の発行はないという特殊事情を考慮してのことです。図は購入した中国版です(2007年2月1日発行)。
 日本でも2006年9月1日からリニューアル発売された新デザインのIRCは、全面マイクロ印刷でホログラム箔もあるハイテク印刷です。ミケランジェロの「アダムの創造」の指部分を主題とする現行デザインを、UPU大会議開催都市の名から「北京2型」と呼びます。そのデザインの一部を変えたのが100周年記念券です。背部の切手柄の中に"100 ans"(100周年)と"1907-2007"の表記があります。
 IRCはUPU本部が一括して製造し加盟国に配給しています。この100周年記念券は、全世界のうちわずか37ケ国しか希望申請がなく、総発行枚数も18万枚しかないなど、思いのほか稀少アイテムのようですよ。個別国名までは明言されていませんが、中には申請数が500枚とか1,000枚なんていう国もあるとUPUみずからのホームページで公表しています。

【IRC100年記念券発行国/全37ケ国】
1.アルゼンチン
2.オーストラリア
3.ボリビア
4.ブラジル
5.ブルガリア
6.ブルンジ
7.中国
8.中国香港
9.中国マカオ
10.クロアチア
11.キプロス
12.チェコ
13.デンマーク
14.フェロー諸島
15.アイスランド
16.イスラエル
17.イタリア
18.カザフスタン
19.韓国
20.ラトビア
21.レソト
22.リトアニア
23.ルクセンブルグ
24.モーリシャス
25.モロッコ
26.ニジェール
27.ペルー
28.ポーランド
29.ポルトガル
30.ルーマニア
31.ルワンダ
32.セネガル
33.南アフリカ
34.スペイン
35.スリランカ
36.トルコ
37.ウクライナ

|

February 25, 2008

切手のつどいin広島

080224

 前の晩から雪が降り始め、朝になったら車も完璧に積雪の下。こりゃあいかんとは思いつつも、ダメもとでとりあえず午前8時に出発しました。目的地は毎年恒例の<切手のつどいin広島>が開催されているKKR広島です。徳山西インターで道路維持のお兄ちゃんに訊ねたら、スタッドレスタイヤなら行けますよ、とのことでしたので安心しました。つーか、こういう時こそ出かけるのが本当の○○バカの本領でありましょう!。
 10時半頃に到着。珍しく(と言うか初めて)KKRの駐車場に空きがあり、すんなり停めることができました。これも雪模様の天候のせいでしょう。いつもは100名以上の参加者がいるのに、今回ばかりは2桁だったようです。
 天野先生の講演に続いてフリーマーケットの時間。山本誠之さん、斧田健一郎さんなどのブースでいくつか買い物をしましたが、今回は上掲の小型シートをついに購入しました。ニュージーランドの郵便史展POST'X 95記念の小型シートです。ついに、なんて書きましたが、実はそんなレア物ではありません。
 キウイを描く10ドル切手の上部に既発行の1Dキウイ切手が再現されています。ただし、あくまでも復刻版であって実際の郵便使用は不可のため、印面にSPECIMENの黒文字が加刷されています。SPECIMENとはつまり日本語では見本のことです。正規発売された小型シートに見本券が組み込まれている非常に珍しい例なのです。見本券の四周には目打も施されているので穴開き切手の一種でもあります・・・てな具合で、変り種切手のことをネタにしつつ、岩国市のYさんなどとわいわい騒いで来たのでした。

 雪のために気温も低く、服装で迷ったものの面倒だからといつもの仕事着(作業着)のままで出かけてしまいました。切手イベント会場に作業服姿のおっちゃんが一人とはこの私だ(笑)。しかし、結果的にそれが大正解でした。寒さを防いでくれただけではなく、ピンセットもルーペもブラックライトも全部どこかのポケットに収まるという超収納性!。来月初旬に納車になる新車もADバン(4ナンバー車)だし、今後はあらゆる郵趣イベントも、平日の「仕事モード」そのまんまの服装&車輛で行ってこましたろうか?と思った一日でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

追悼・柴田正勝さん

080217_1_3

 昨日届いたJPS調布支部会報「調布郵趣」292号に、元調布支部長・同顧問の柴田正勝さんの訃報が掲載されていました。数年前から外出ができない状態になっておられたと聞き及んではいましたが、昨年12月に逝去されていたと記事にあり、嗚呼ついに逝かれたのかと万感の想いがいたします。
 上掲はかつて郵趣誌に登場された折に使用された、お孫さんと切手を楽しむ柴田さんの写真です。
 柴田さんは実に健全な市民収集家のあるべき望ましい姿を具現化されたかのような存在であられました。短期間でコレクションを膨らませた成り上がりコレクターにありがちな野卑さは微塵もなく、長年にわたりこつこつと収集を続けてこられたであろうことを感じさせる品格がありました。写真のお孫さんに会いに、何度もご夫妻でアメリカにお出かけになり、その時の楽しい様子を支部例会席上でうれしそうにお話されていたことも思い出されます。
 80歳を過ぎても闊達に行動され、シルバーの例会にも盛んに参加されていました。競争展で賞を競う大収集家ではありませんでしたが、かつての日本郵趣界には柴田さんのような人格者が数多おられ、それがひいては日本郵趣協会の屋台骨を支えておられたのです。

080217_2

 許可を得てこの写真をカシェに使わせてもらったのが「国際平和年記念切手展」のカバーです。調布郵便局からの依頼を受け、JPS調布支部初の切手展を調布市中央公民館(当時)で開催しました。パソコンもまだ普及していない時代で、ケント紙に写真を貼り付け、ロットリングで囲み線を引き、ワープロによる打ち出し文字とインスタントレタリングの貼り合わせで版下を組みました。それをプリントゴッコで製版し、1通ずつカシェを印刷したものです。確か200通位作ったような記憶があります。
 鳩の切手や消印を収集している知人がおりますが、このカバーと小型印のことはついぞお話ししたことがありませんでしたね。リボンがついた手紙をくわえてはばたくハトを主題にしたこの小型印こそが、私がデザインした小型印の第1号であります。
 これに写真撮影者の植松さん、写真のモデルの柴田さん、カバーおよび小型印デザインをした私、の3名の直筆サインを入れて大切に保存しています。22年も昔のことなのに、やはり、つい最近のことのように思い出されます。柴田さんのご冥福をお祈りいたします。

<追記>
 なお、切手展終了後しばらくして郵趣サービス社のショウルームで下掲のカバーを目にして驚きました。こんな立派なカシェ入りカバーが作られていたなんて調布支部のメンバーは誰ひとりとして知らされていなかったからです。当時から在籍していたメンバーでも、このカバーは今初めて見たという人もいるかもしれません。
 その時、きちんと確認しておけば良かったのですが、今となっては日本郵趣協会が作成したのか、郵趣サービス社が作成したのかまったくわかりません。中紙も入ってはいるものの製作者銘もありません。いずれにしても、JPS調布支部関連グッズ(笑)としては特上のレア・アイテムであると断言できます。

080217_3

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 16, 2008

かわいいモノ系

080215_1

 昨日、往復6時間かけて広島県福山市大門町に行ってきました。こんどの月曜日、2月18日にオープンする大津野保育所に写真の通り「お菓子の時計塔」を設置しました。昨年暮のどうもんパーク「親子ぞうさん」といい、かわいいモノ系の造形仕事が妙に連続しますねえ。
 46歳のこのおっさんが「こうした方がかわいいんじゃない?」てなブキミな台詞を口走りながらの製作ですからねえ、ちょっとねえ。まあ、どんな依頼でもきちんと受け身を取って対処する・成果を出すのがプロですから。
 お近くの方は・・・・・と言っても明らかにほんの数人に限られてしまいそうですが・・・・・通り掛かられた折にはどうぞご覧ください。


080215_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2008

イイダバシ・パケット到着

080213

 一昨日、現場施工から戻ってくると会社宛に届いていました。そうです、折々に私好みの郵趣品を詰め合わせて送ってくれる恒例のイイダバシ・パケットでした。今回は予告がなかったので(もっともそんな堅苦しい儀礼の必要などないのだが)不意打ちを喰らってしまった。

 相変わらずなかなかいい配慮をしている。

 今回は面白切手、話題のカバー類は控えめで、むしろA4判のオークションカタログが重量的にも主でありました。めくってみると世界各国のプルーフ、エッセイ、原画、カラートライアルがごっそり、否、それだけで一冊を成しております。ははーん、これは郵趣1月号にイイダバシくん自身がレポート記事を書いていたゲルトナー・オークションのカタログだなあ。資料的価値が高いので保存すべき、との意味でありましょう。

 相変わらずなかなかいい目をしている。

 図版をひとつしか転載しないのも気が引けるけれども、あまりにも膨大なのでプログレッシブ・プルーフの羅列を見ていると目がチカチカするんだよ。ジャポニカ切手収集家ならば誰でもが知っている&持っているであろうアジマン(アラブ土侯国)の札幌五輪のプルーフ8種をここに示します。これで参考値が150ユーロということは約23,610円かぁ・・・そんなに高いもんでもないねえ。
 というのも、けっこう桁の大きい買い物をしてきたからか、相対的に安く感じるのかもしれません。いえね、母のおさがりのコルサが18万キロにも手が届こうかというほどにしっかり走り続けてくれたものの、このクラスでの18万キロはやはり限界を感じます。この5月に車検も切れることだし、今日3台目となるクルマを決めてきたのでした。突撃長州参號挺と呼ばれることになるであろう新車です。維持費さえ安ければ2トントラックが欲しい、などと真剣に考えている神経&美意識の私のことですから決してカッコ良くて高い車ではございません。丈夫でしこたま荷物が運べて燃費がいい、それがすべてでそれ以上も以下もありません。当然、4ナンバー車です。いずれ、その突撃長州参號挺でスタンプショウかごしまに出かけてしまうかもしれません。
 今週末には現金払いしなければならないという、まさにそのタイミングでイイダバシ・パケットの到着なわけですよ。この折にさらに支払いが加わる因果よ!(笑)

 相変わらずなかなかいい根性をしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2008

雪支

080206

 第42回青梅マラソンにエントリーされていたYuaさんからご恵送いただきました。さりながらちょっと待てよ、確か大雪で中止になったんじゃなかったっけね?。大会自体は中止でも小型印は使われたのですね。ほとんど話題にもなっていないようですが私は興味あります。事件・事故等で中止になった催事の郵便印・・・・・なんてイイじゃありませんか。
 この場合は大雪で中止っつーことですから一種の雪支(ゆきつかえ)ですね(違うと思うぞ)。冗談はともかく、事の委細は忘れ去られてしまいやすいので、Yuaさんにはどうかひとつ、詳しい状況をお聞かせくださいませ。トラックバックも送っておきます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »