« 追悼・柴田正勝さん | Main | 国際返信切手券100周年記念券 »

February 25, 2008

切手のつどいin広島

080224

 前の晩から雪が降り始め、朝になったら車も完璧に積雪の下。こりゃあいかんとは思いつつも、ダメもとでとりあえず午前8時に出発しました。目的地は毎年恒例の<切手のつどいin広島>が開催されているKKR広島です。徳山西インターで道路維持のお兄ちゃんに訊ねたら、スタッドレスタイヤなら行けますよ、とのことでしたので安心しました。つーか、こういう時こそ出かけるのが本当の○○バカの本領でありましょう!。
 10時半頃に到着。珍しく(と言うか初めて)KKRの駐車場に空きがあり、すんなり停めることができました。これも雪模様の天候のせいでしょう。いつもは100名以上の参加者がいるのに、今回ばかりは2桁だったようです。
 天野先生の講演に続いてフリーマーケットの時間。山本誠之さん、斧田健一郎さんなどのブースでいくつか買い物をしましたが、今回は上掲の小型シートをついに購入しました。ニュージーランドの郵便史展POST'X 95記念の小型シートです。ついに、なんて書きましたが、実はそんなレア物ではありません。
 キウイを描く10ドル切手の上部に既発行の1Dキウイ切手が再現されています。ただし、あくまでも復刻版であって実際の郵便使用は不可のため、印面にSPECIMENの黒文字が加刷されています。SPECIMENとはつまり日本語では見本のことです。正規発売された小型シートに見本券が組み込まれている非常に珍しい例なのです。見本券の四周には目打も施されているので穴開き切手の一種でもあります・・・てな具合で、変り種切手のことをネタにしつつ、岩国市のYさんなどとわいわい騒いで来たのでした。

 雪のために気温も低く、服装で迷ったものの面倒だからといつもの仕事着(作業着)のままで出かけてしまいました。切手イベント会場に作業服姿のおっちゃんが一人とはこの私だ(笑)。しかし、結果的にそれが大正解でした。寒さを防いでくれただけではなく、ピンセットもルーペもブラックライトも全部どこかのポケットに収まるという超収納性!。来月初旬に納車になる新車もADバン(4ナンバー車)だし、今後はあらゆる郵趣イベントも、平日の「仕事モード」そのまんまの服装&車輛で行ってこましたろうか?と思った一日でありました。

|

« 追悼・柴田正勝さん | Main | 国際返信切手券100周年記念券 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 切手のつどいin広島:

« 追悼・柴田正勝さん | Main | 国際返信切手券100周年記念券 »