« トラックバックはするだけ無駄です | Main | 年賀状をやめます »

October 14, 2007

国連開発計画

071014

 「切手市場」スタッフブログで本ブログのことを取りあげてくださったスルガスタンプさん、どうもありがとうございました。郵趣誌に記事を書かせて頂いてはいますが、筆者の私あてに直接反響が寄せられる仕組みにはなっていないので、たまにこうして話題にして頂けると率直にうれしいです。こういうことはもっと書いてください(こらこら)。

 せっかくですから、またまたパシフィコ横浜の会員大会で入手したFDC類のひとつをご紹介します。1986年に国連が発行した「国連開発計画」です。ニューヨーク本部用、ジュネーブ事務局用、ウィーン事務局用に図案の異なるそれぞれ4種田型が発行されました。図は本部用の公式FDCです。
 この切手は日本の旧大蔵省印刷局が製造したジャポニカ切手というだけでなく、国旗シリーズを除き、国連初の田型図案切手でもあります。さらにFDCだけの一風変わった話題もあります。その当時、郵趣誌でも記事になっていたのですが、おそらくほとんどの方はご記憶にないでしょう。図版をよーっく見てみてください。田型が単片にバラされて貼ってあるのがわかりますか。
 3事務所いずれも公式FDCはすべてこのような「バラし貼り」で作成されました。切手と封筒に記念印が"タイ・オン"(割り印)しなければならないと考えた教条的・原理主義的吏員の仕業でしょうか、事前に何の説明もなく実行されてしまったので、わざわざ手間暇かけてなぜ無惨で無意味なことをしたのかと全世界から顰蹙を買ったアイテムです。そして、国連郵政部は事後に至っても、なぜそうしたかの説明は一切していません。 
(参考:国連開発計画・公式FDC/今でも1通300円位でしょう)

|

« トラックバックはするだけ無駄です | Main | 年賀状をやめます »

Comments

HYPER philatelist様
 スルガスタンプです。お世話になります。郵趣とブログを拝見し、いつも勉強させていただいておりますが、それより何より楽しんでおります。
 FDCについての「秘密」を知ると違った物に見えてきます。不思議ですね。
 
 実は、この記事を書いていただいたお陰で、翌日のアクセスが大変多くなりました。有難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: スルガスタンプ | October 25, 2007 at 09:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/16762939

Listed below are links to weblogs that reference 国連開発計画:

« トラックバックはするだけ無駄です | Main | 年賀状をやめます »