« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

July 29, 2007

13億円

070729

 世界陸上2007大阪大会もいよいよ来月開催です。これに合わせて現役アスリート10人を描いた記念切手も発行されることは既にご存知のことでしょう。本格的に生存者を主題にした日本初の切手という面でもエポック・メイキングです。なお、サンマリノが日本よりも早く去る6月2日に同大会の記念切手(3種)を発行済で、これがまたかっこいいデザインで日本語表記もあるすばらしい出来です。
 ところが、華やかなスポーツ大会の印象とは裏腹に、我々の知らないところで、いつのまにかえらいことになっている競技があります。

 日本バスケットボール協会、そ、あんたのところだよ。

 2006年8月19日〜9月3日に日本で開催された「バスケットボール世界選手権大会2006」。図版左がスペインの優勝記念、右がギリシャの準優勝記念の小型シートです。主催国日本では切手の発行はありませんでしたが、外国ではかのようにナショナル・イベントの扱いです。ギリシャなんか銀メダルにちなんだのか銀箔押し加工までしている喜びようです。さらに、ファイナルラウンドはさいたまスーパーアリーナで開催されたので、埼玉県の郵趣関連アイテムでもあります。
 ところが大会の収支は13億円の大赤字。執行部の強引な運営体質もあいまって反対派から訴訟まで起こされる大醜態を曝しています。そう、今も。一体なにやってんだか。
 赤字だからといって一概にNOとは言えない面があることは確かです。東京オリンピックは運営費が100億円、それに関連する道路整備などを合わせると、当時の国家予算のほぼ1/3に匹敵する一兆円を超えていました。それが懐かしの昭和30年代との惜別と高度経済成長の起爆剤となったことはどなたも異論はないでしょう。
 要は、あらかじめ見込んでおいた額なら異論は少ないものなのに、どうやらフタを開けてみたら13億円!、なにこれ、そんな話聞いてないよ、どうすんだよ、こらあ〜、となっちゃったのが問題の根っこだったようです。

◆SPAIN 2006 World Basketball Champion - Medal Ceremony

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2007

世界最初のマリリン・モンロー切手

070724

 今月のスタンプマガジンに掲載されていたので迷わず購入しました。アフリカのマリが1970年に発行した「映画の発明者リュミエール兄弟」1種です。右下カドにマリリン・モンローが描かれているのがわかりますか?。本券がまごうかたなき世界最初のマリリン・モンロー切手(準切手)です。
 翌1971年にはコンゴが純切手を発行していますけれど、いずれにせよ1995年6月1日にアメリカが「ハリウッドの伝説(第1次)」と題してモンロー切手を発行するまでは、土侯国類を含めてもモンロー切手は少ないです。マリもコンゴもともに想像以上に入手は難しいので要注意です。
 なお、左下も映画女優のジーン・ハローです。また、インプリントはなんと切手印刷の名門会社デラルー社です。意外に超マトモな由緒なのですね。
 ちなみに、切手収集家ならモンローとエリザベス2世女王が同い年であることは知っていますね。かたや夭逝したものの永遠に華のあるその姿を切手上にとどめ、かたや英国の象徴としてその一生を各時代の切手上に刻んでゆく。不思議なものです。
 また、不肖のわたくしめは、故ダイアナ元王妃と同い年だからといってそれがどうした(いや、まーそのう・・・・・)

◆戸川純/バージンブルース〜マリリン・モンロー・ノーリターン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2007

月はどっちに出ている

070722_1
(↑図をクリックすると大きな画像がポップアップで開きます)

 7月12日付の記事「MOON」で提示しました月面写真の謎について、きってコレクションblogのHIDENさんが「ハクトウワシは月世界の夢を見るか?(前編)」でほぼ解明してくださいました。どうもありがとうございました。
 たいへんためになる考察だと思いますので、HYPER Philatelist blogでも要旨を掲載させていただきます。さらに興味深い推理もあり、そちらもじゅうぶんありえそうな話で面白いですよ。興味のある方は「ハクトウワシは月世界の夢を見るか?(後編)」もご覧ください。

 さて、HIDENさんの分析を順に図示しますと
1 オリジナル写真を
2 左右反転し
3 右に寄せると
4 切手とほぼ同じ画像が得られる
・・・・・ことから、月面の側面写真を左右反転(裏焼き)しているのであろうとのことです。フィルムを左右反転した段階で裏焼きミスと言って差し支えないと思います。が、しかし、これが本当にミスなのかと問われると、私個人の見解は、むしろ意図的な画像操作の匂いを感じます。ワシのくちばしが月の海(暗色部)に重なって際立つようにレイアウトされており、職業柄、こんなにうまい具合にハマる画像には限りなく作為性を感じます(善し悪しの問題ではなく)。元の写真はNASAが1973年に実際に撮影したものを提供したことまでわかっています。提供した側なら、切手が発行された段階で「違う!」と速攻でわかるはずです。
 1983年8月14日に発行され、郵便料金の値上げによる販売停止が1985年8月末で、月面写真の問題が初めて郵趣雑誌類に掲載されたのが販売停止後の同年末(日本では翌年初頭)です。あくまでもデザイン上の都合に過ぎないので、しかるべき時期に公表することを約束するかわりにそれまで内緒にして欲しい・・・みたいな密約が、USPSとNASAの間であっても不思議ではないと思います。いかがでしょう?。

◆Postage Stamps
 ちょい古い&長い映像ですが平易な英語でわかりやすい内容です。たぶん教育番組なのでしょう。今ではぼぽ完璧にパソコンを駆使してのデザイン作業がメインですから、製図板の上で作業をしているあたりも興味深いです。コイル切手の製造場面などは特に有益です。日本もこういう映像を発表して欲しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教育委員選挙

070722

 今週末はいよいよ参議院選挙ですね。選挙関連の郵便と言えば選挙はがきでしょう。それも注意していれば上掲のような教育委員選挙の例を掘り出すことができると思います。ぱっと見では特別何かが異なっている風に見えないので、普通の選挙はがきに紛れ込んでいる場合がほとんどだからです。図は山口県教育委員選挙はがきで、消印は柳井30.3.29です。なお、日付は投函された日ではなく選挙の公示日であることは郵趣知識の常識として覚えておいてください。
 かつては教育の民主化の理念から教育委員は公選制がとられていました。その法的根拠は「教育委員会法」(昭和23年法律第170号、昭和23年7月15日施行)により実施されました。しかし、自由民主党と日本社会党の二大政党制、いわゆる55年体制の成立とともに「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」(昭和31年法律第163号、昭和31年10月1日施行)で廃止されました。教育委員公選制の実施期間はわずか8年間でありました。
 今から見れば、終戦直後に使われた「民主化」なる用語は、「左傾化」「反米主義」の意味とほぼ同じですから、公選制によって教育の中立性など保たれるわけがなく、公選制の廃止は当然のことと思います。現在はまた状況が大きく異なり、いじめ問題やこどもの自殺、未成年犯罪の凶悪化など、専門家による対策が急務とされていますので、今なら公選制も意味があるかもしれませんね。

◆JUMP 中野六区・忌野清志郎(無所属)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2007

山口中央郵便局の分室(名称変更)

 YoshihiroさんのMIXIで入手した情報です。Yoshihiroさん、ありがとうございます。

 日本郵政公社の「郵便局の開局情報」によりますと、今月末頃に集中して変更がぞろぞろ掲載されていました。メジャーなところでは平成16年に設置されたあきる野郵便局福生分室、西東京郵便局保谷分室がともに廃止され、おのおの福生郵便局、保谷郵便局として復活するなど、ちょっと予想外のことがばんばん発表されています。
 わが山口県でもびっくりするような変更があります。長年親しんできた山口中央郵便局県庁内分室山口中央郵便局市役所内分室が、小郡郵便局山口県庁内分室と小郡郵便局山口市役所内分室に名称変更されます。管理局替えですね、これ。
 地理的には山口中央郵便局の方がはるかに近いし、山口市役所なんて山口中央から歩いて行けるくらいの近距離です。これは一体どういうこと?。投函された郵便物は、いったんすべて下関郵便局に集められてから全国各地に向けて送り出されることになっているので、小郡郵便局管理に変えた方がショートカットで効率的?なのかもしれませんね。しかし、今日はもう土曜日なので詳細はわかりません。とりあえずラストデーとファーストデーの記念押印関係の準備をしなくては。実施日がともに7月30日なので、実質的なラストデーは前の週の金曜日7月27日になります。
 皆さまも各地元での改編をチェックされた方がよろしいかと思います。

◆いいものもある、わるいものもあるーSNAKEMAN SHOW/若い山彦

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 18, 2007

ツール・ド・フランス

070718

 100周年記念の年であった2003年以来、ツール・ド・フランス関連の切手はとんと発行されなくなったような気がするのは私だけでしょうか?。今年も今まさに行われているのですが。上掲はその2003年にフランスが発行したツール・ド・フランス100周年記念切手です。六角形切手2種とタブの連刷シートからの抜粋です。
 夜遅くなったので寝かせてもらいますです。明日も朝一で外回りなもので。月面写真の謎を解いてくださったHIDENさん、ありがとう!。詳しくはまた改めて。

◆Kraftwerk - Tour de France (live in Paris)
 テクノポップ世代の私としてはやはりクラフトワークははずせません。あのストイックな美学を知らずしてチャラチャラ電子音鳴らすんじゃねーよ、とか言うとおじさん呼ばわりされるのがシャクなので口に出しては言いません。それにしてもみんな老けちゃったなー(笑)

◆Kraftwerk Das Modell(おまけ。なつかしー!)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 15, 2007

第25回全国会員大会(2)

 会員大会に参加するためのJRホテルパックを予約してきました。始発ののぞみに乗ってお昼過ぎにパシフィコ横浜に到着の予定です。また夕方5時からの記念パーティーも参加するつもりではいます。
 2日目は早い時間帯に東京に移動し、馴染みの切手屋さんに挨拶に行ったり、目白の郵趣会館も覗き、ひとつふたつ美術館巡りもし、ふたたびのぞみに乗って帰ります。
 とは言え、細かい予定は未定なので、何かあればメール連絡くださいませ。優先的にスケジュールの割り振り調整をしておきます。
 今回は切手市場も併催だそうでたいへん楽しみです。去年の大阪大会でいろいろ買わせていただいたスルガスタンプさん、常々ご配慮いただいている渋谷泰功さん、しばらく顔を見ていない高崎真一くん(未納代金があったはずなので直接会って手渡したいのですが)などなど、お目にかかれるのを楽しみにしています。もちろん、買い物も楽しみのひとつですが、他の人は一瞥もしないようなアイテムを、どうやら私ひとりが勝手に面白がって買っているようで(もちろん理由があってのことなんですが)、開場一番乗りしなければ買いそびれる・・・なんこともないので気楽ではあります。「こんなファンキーな品物はあほのスギヤマしか買わないだろう」みたいなオファーはエブリシングOKですから、これも何かあれば声をかけて(押し売りして)くださいませ。

 それでは、9月22・23日に横浜で会いましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2007

フランス郵政ホームページ

070714

 フランス郵政のホームページは、第二外国語にフランス語を選択しなかった身にはつらいものがあります。英語ページがあると思ったら大間違いで、それはトップページのみ。肝心のコンテンツはフランス語のまま。詳しいことがらが読み取れる力が私にあれば、もっと郵趣誌でも紹介できるんですが。
 有名な「タンタンの冒険」にしても、原作はフランス語で書かれているそうですな。ずいぶん昔から思っていたのですが、否、心密かに同じことを思ったヤツが日本に3,000万人はいるハズと踏んでいるのですが、いかなフランス語とは言え、TINTINを「タンタン」と邦訳してるのはちゃうやろー。こりゃゼッタイに「○ん○ん」としか読めへんがなー。とか、こういう話題の時だけ関西弁風に書くのも失礼極まりないのではありますが。でも、やっぱり「ち○ち○」でしょ。あー、この程度で引かない、引かない。

◆清水ミチコさまにフランス語を習いませうね

| | Comments (1) | TrackBack (0)

見てみたい現金書留小包

 7月12日の記事「MOON」の月面写真の謎については、きってコレクションblogのHIDENさんが解明作業をすすめてくださっています。たいへん面白いのでぜひ参照を。(こちらです

 それではこれも、と取り上げますのが「現金書留小包」です。郵政のインフォメーションによりますと「現金を郵送する場合において、現金封筒に入るものは第一種郵便物(封書)料金+現金書留料金となりますが、 そのほかに同封物があるため現金封筒に入らないものは現金書留小包となり、 一般小包料金+現金書留料金となります。」とあります。実際の郵便物の体裁がぱっとイメージしにくい文章なのですが、外見は郵便小包そのものです。
 現金を郵送するとき、郵便局で売っている現金書留封筒に入り切らない場合、別に郵便物をあつらえます。厳重に包装し、現金封緘紙を貼って割り印し、「現金書留小包」として差し出すのです。
 実際問題として札束が厚過ぎて封筒に入らない事例は考えにくいですね。それほどの高額現金をナマで送るのは、一般常識としてちょっとどうかと思います。むしろ、現金ではない同封物がかさばってやむをえず的な場合の方がありえるのではないかと思います。
 思います、とは書いたものの、ワタクシはその使用例を見たことがありません。どなたかコレクションされていらっしゃいますか?。1万円札1枚(もちろん1000円札でもいいんですが無駄な見栄を張ってみました)にギフト品をセットにして一度に送るとか、作ろうと思えば簡単なのですが、それじゃあやっぱり面白くないやね。非作為な使用例があれば、ぜひ拝ませてくださいませ。

◆モンゴル出身力士の方々の健闘を讃えて「Mongolian Song - Zurhnii Erel」
 (ホーミーみたいな音を出す電子バイオリンみたいな楽器は何?。ほ、欲しい!)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 12, 2007

MOON

070712

 JPSポーランド郵趣部会会報「ポーランド郵趣」No.93が届きました。その誌面で不意に私の名が載っていたのでおやおや?!と思いました。なんでも、ベルギーに世界中の図案ミス切手を調べて3,500もリストアップした猛者がいらっしゃるとか。これだけの数があるなら『「変り種切手」を集めておられる椙山さん、今度はコレでいかが?』と軽く振られておりました。あはは!。
 主幹の山本勉さんは、このあたりの目利きもさすがですねえ。そうです、ボストークアルバムでまだ1冊分しかないので、大っぴらに喧伝はしておりませんが、図案ミス切手も既にきっちり収集テーマに入っています。そのベルギーのEmmanuel Delperdangeさんとやらの文献が既にあるとは有益な情報です。さっそくGETして収集をさらに進めたいと思います。

 郵趣1986年1月号P.65に図案ミス切手に関する興味深いコラムが掲載されています。$9.35ハクトウワシ図案の速達切手に図案ミスがあるというのです。アメリカ切手収集家ではなくとも、およそ郵趣家であれば誰でも知っているほどの超メジャー切手に図案ミスがあったなんてトンデモナイ事態です。
 1983年に発行され、1985年の郵便料金改正にともない同年8月末で販売停止となったその後になって図案エラーが指摘されているとか。問題は月の部分。オリジナルはアメリカ航空宇宙局(NASA)提供の写真だが、記事では「写真の使用でエラーとくれば、もうフィルムの裏返ししかない」という言い回しになっています。これはちょいとまずいです。これでは推定の域を出ない曖昧な文章です。あるべきものを消してしまう、逆に描き加えることも可能なのでフィルム(画像)のエラーは他にも様々にあり、「裏返ししかない」なんてことは決してありませんので。
 しかし、こんな記事があったことすらも記憶になく、自分の目で確かめようといろいろ調べてみました。月の写真は1973年に撮影されたものまではわかりましたが、その正しい画像が(今のところ)見つからず、パソコン上で画像を模擬的に裏焼き(反転)し、実際に画像を見比べて確かめるところまで至ってはいません。宇宙関係に詳しい方がいらっしゃいましたら、事の真偽をぜひご教示いただけないものでしょうか。

◆月と言えば・・・・・やはりこの曲でしょう

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 11, 2007

宇宙人の切手

070711_1

 郵趣8月号用の連載記事原稿も無事に入稿を終えました。8月号ではあのスター・ウォーズ切手(30周年記念切手)も取り上げました。そのつながりでひょいと思い至ったのがタイトルの宇宙人の切手です。映画や物語の一シーンとしてならともかく、宇宙人なるテーマは、いかにも切手にしにくいテーマです。それでも過去例はないかと調べた結果が上掲のカバーです。(1978.6.15 チューリッヒ宛)。
 1978年にパラグアイが発行した「未来の宇宙計画」と題する9種セットのうち、額面Gs.10とGs.25の2種に妖精のような宇宙人が描かれています。まともな切手発行国の中ではこれが比較的に早い時期の例ではないかと思います。1970年代のパラグアイは、まともな国とは言いづらい様相を呈してはいますが、何とかぎりぎりセーフでしょう。アラブ土侯国関係以外で、同様の例があったかどうかは思い浮かびません。
 なお、面白いことにこのカバーは在パラグアイ・スイス大使館差し出しです。ずいぶんフランクな図案の切手を貼ったものです。たまたま、これ以外の切手が無かったのでしょうか?。(下は切手部分の拡大図)

070711_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2007

070707

070707

【受領御礼】
 yuaさんから送っていただいた札幌中央局07.07.07の窓口料金計器証紙(メータースタンプ)です。ありがとうございます。なお、偽造防止のために波形模様部分にマイクロ文字が使われていることは、意外と、ではなく、かなり知られていない・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2007

おめでとう と おめでたい

070705_1

 ご紹介するのがたいへん遅くなりました。LINK欄の「札幌日記録」のyuaさんから国土緑化FDC(はがき)をご恵送いただきました。裏面はyuaさんの郵趣だより「厚別東局前通信」で、本便で通算300号に到達されました。これはたいへんな数字です。これこそ快挙です。おめでうございます。
 ふるさと切手「国土緑化」タブ付きペアを貼り、苫小牧の小型印と苫小牧三光の風景印の多局印はがきのセンスも軽やかです。パソコンの普及とともにカシェも簡単・きれいに合成&印刷できるようになりました。厚別東局前通信もそのさきがけのひとつです。この手法は誕生日などのメッセージ・カード作りとも相通じるところがありますので、きれいな切手+きれいな消印+きれいなカシェの、トリプルで美しいオリジナル郵趣アイテム作りにも応用が広がると楽しいことでしょう。
 あさっては2007年7月7日。言わずと知れた7並びの日です。これに合わせて何かラッキー・カードを送ってみませんか?。

 と、きれいにまとめようかと思ったら、「おめでとう」と似て非なる「おめでたい」はがきも届きました。差出人はイイダバシくんでありました。自身のブログで、うつ状態だとか書いてるし、電話でもだりーとかなんとか言ってたし、珍しくテンション低ぅー!と心配していましたが、もらったはがきはテンションではなく標高が日本一低かったのでした。はがきの正体は、今ではすっかり全国区級で名所になりつつある日本一低い山の天保山登山証明書でありました。なるほどー、これは低いなー。(消印は大阪港19.7.1)
 しかし、私製はがきの最低サイズ・短辺9センチ×長辺14センチよりも小さいんですが・・・・・。はがき料金50円で無事に届いてますけど、本来なら第一種郵便物の定形外料金じゃなかったっけね?。

070705_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2007

第25回全国会員大会

 郵趣8月号用の原稿が半分くらいできました。今週中旬が締め切りなので、あともうちょっとです。

 少し息抜きをしましょう。タイトルの通り、9月22・23日の両日にわたって開催される第25回全国会員大会についてです。今年はJPS創立60周年かつ財団化25年の記念すべき年なので、十中八九、参加するつもりです。会場はご存知、パシフィコ横浜。
 新幹線で行ってもいいんですが、寝台特急でのんびり行くという手も考えています。ここ山口県からですと、前夜20時頃に乗ると翌朝9時頃に横浜到着です。どこでも寝られるタチなので、寝台列車の揺れでも全然平気です。この寝台特急は今ではもう1便しかありませんので、選択肢は限られています。どうでしょう、九州方面の方、この便で同行しませんか?。前の晩から車中で飲み会とか(笑)。
 帰りもどうしようかなあ〜、のお悩み中です。せっかく横浜まで行っていながら東京・目白の郵趣会館に寄らないのももったいないし、あちこち立ち回りたいところもあります。
 帰りものんびり寝台特急にしようか、あるいは新幹線にするかわりに途中下車して、大阪あたりで動いてみたいとも・・・・・。はてさて。

財団法人 日本郵趣協会

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 01, 2007

動画資料のデータベース組み込み

1178873744_216601b

 いきなりややこしげなタイトルですが、まったくその通りですので最初にお断りしておきます。

 変わり種切手を中心に郵趣データベースを構築し続けています。使っているPCはMacintoshのPowerBookG4で、データベースソフトはファイルメーカーです。登録点数が6,800アイテムを越え、じきに7,000に至ることは確実。こうして数が増えてくると、当初は予想もしなかった事態が発生するものですが、これまたその通りです。それは、郵趣に関するデータベースは、テキスト(文字情報)とグラフィックス(画像)があればほぼ充足しうるという見込みが甘かったことでした。
 具体的に言いますと、1960〜70年代の時代の徒花「立体切手」が、最新のテクノロジー技術で「レンティキュラー切手」として蘇る、それも郵趣先進国と言われている国で、などと一体誰が予見できたでしょうか。このレンティキュラー切手は今後数年間のうちに確実に世界的に広がると考えられます。そして、郵趣7月号(最新号)にも書きましたように、技術自体がさらに進化の途上で、要は、一言でレンティキュラーと言っても何種類かに分類できるのです。これを面倒くさいと思わずに面白いと感じるあたりがフィラテリストの業ですな。
 そこで、レンティキュラー切手の動画ファイルもデータベースに組み込む必要が生じました。私の作業環境は幸いにもMacintoshですから、インターネット上でよく使われているGIFアニメなどもQuickTimeで読み込み、ムービーファイルに変換してデータベースに組み込むことにしました。アップルストアでQuickTimePlayerのライセンスキーを購入(3,400円)するだけで一連の作業が可能になりましたので、やはりMacだよなーと満足しています。
 荒唐無稽な予想と笑われそうですが、いずれ切手や封筒自体が簡単なフレーズなら数秒間の音声再生機能を持つようになるんじゃないかと思っています。それら音声ファイルも現在の技術水準でデータベースに取り込むことができます。さらにボタンをクリックするだけで、データベースに組み込めない大きなファイル(pdfなど)へリンクして、別ウィンドウで開いて見ることもファイルメーカーなら簡単にできそうなので、ただいま鋭意準備中です。
 さらに、データベースの構成に連動する形でコレクションそのもの整理・整頓(いわゆるホームリーフというやつも含め)の仕組みも変えるかもしれません。個人レベルで利用可能な安価なICチップのタグが普及すれば、一定の値段以上の高価品だけでも、郵趣データベースと収納場所のリンクができます。「えーっと、あのカバーはどこへ仕舞い込んだかな?」みたいな場面でも、センサーで短時間に探し出すことができるはず。

 こういう話はあまり興味が持たれないんでしょうかね?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »