« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 28, 2007

まったくソノ気はございません

 郵趣3月号が届きました。福井理事長の「クローズアップ」(巻頭言)で、さりげなく発表されておりますね、郵政民営化に伴ってふるさと切手がなくなることが。ふるさと切手級のテーマは、今後はすべてフレーム切手に収斂されていくのだそうです。
 これで、平成元年から始まったふるさと切手が完結することになり、従いまして「完集」も可能になったわけです。それがきっかけでコンプリートを目指すのもまた一興なのでしょうが、うーん、おいらには関係ないや。

 先週の「北九州切手のつどい」で、なにげに「完集志向はないです」と口走ったら、Hさんに「またまたー!」と軽く冷やかされてしまいました。私が冗談を言っているとでも思われたようです。また、別の方との会話の中で「それ1枚だけ持っててもしょうがないし」という言葉も耳にして、若干の違和感も感じました。なぜなら、1枚だけ持っているというスタイルも全然かまわないと思っているからです。さらにはまた、関西方面には多いとの風聞を聞いたのですが、珍品・稀品だけを集める(それ以外は集めない)コレクターさんというのも実在するとか。このような収集動機の違いというのは興味深いですね。

 もともと切手収集は全世界の切手を完集することが目標でありました。これを「ゼネラル収集」と言います。しかし、これをコンプリートし遂げた人は全世界を見回してもいまだにただの一人もおりません。広義では「完集は不可能」と言って良いでしょう。
 そこで、国を限って集める「国別収集」、鉄道とか花などの図案を決めて集める「トピカル収集」といったふうに細分化された中での完集が追い求められるようになってきたのはご存知の通り。ですから「ふるさと切手を完集する」と言っても、非常に限られた範囲のカッコ付きの「完集」でしかないわけです。ですから、完集にこだわりすぎるのはどうかなと思います。
 収集スタイルから類推するに、「完集」なる概念そのものからして国別収集やトピカル収集など、伝統郵趣的な思考から醸成された「思想」だと思います。1970年代から興ってきた「テーマチク収集」では、「このテーマではここまで集めたらもう限界だ」みたいなことは言われますが「完集」とは言いませんよね。

 私の基準は明快で、「話が面白くなる方がいい」です。完集できないから集めないみたいなAll or Nothingでは話がつまんなくなるので「完集できなくてもいいから集める」→「『完集』なる概念自体がない」→「面白ければ何でもアリ」と、こうなるのですね。完集原理主義思想などは、まったくソノ気はございません。
 ゼネラル収集が廃れて長い年月が経過してしまいましたので、このあたりの収集感覚はなかなかわかってもらえないかもしれませんね。完集などおよそ不可能なのだけれども、昨日よりは今日、今日よりは明日、1枚でも多くの切手を集めよう、という、かつての収集マインドはかなり魅力的なんですが。
 今はなき全日本郵便切手普及協会が昭和47年に発行した「ゼネラル談義」(三島良績著)を読むと、自分の収集スタイルは意外とゼネラル収集に近いんじゃないかと思ったりします。ターゲットは全世界だし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2007

<切手のつどいin広島>'07

070224

 休みが取れたので明日の<切手のつどいin広島>'07へ参加する予定です。ただいま、その準備中です。図版をご覧いただければ一体どんな準備をしているか、良識ある日本国民であればおのずとお察しいただけることでしょう。そうです、ケータイの着メロを、映画「キル・ビル」の挿入歌「Battle Without Honor or Humanity」にしたのです。英文を読んでいただければ、さらにピンとくることでしょう。この曲はキル・ビルのテーマ曲かのように思われがちですが、本来は2000年に公開された「新・仁義なき戦い」のテーマ曲です(布袋寅泰作曲)。これを「仁義なき戦い」シリーズの大ファンであり、深作欣二監督を尊敬してやまないクエンティン・タランティーノ監督がキル・ビルにも用いたのです。仁義なき戦いシリーズはもともと広島が舞台でしたので、そこで着メロ変更となったのです。
 図版は背景に2003年にコンゴが発行したKill Bill切手2種のシートを配し、中央にブライド役のユマ・サーマンのフィギュアを合成してみました。余談ですが個人的にはユマ・サーマンに目玉を抜かれるダリル・ハンナが一番かっちょエエと思います。

なお、新・仁義〜の舞台は大阪に変えられていますが、まーいーじゃないすか、そんな細かいこたぁ(をいをい!)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2007

女性への暴力反対

070220

 3月8日発行予定のオーストリア切手です。わっちゃあー、こりゃまた強烈なグロさですね。コンピュータで合成して作った画像だとは思うんですが(たぶん)、一発でヒキますな、これは。これほどまでにインパクトの強いデザインをも容認するからには、オーストリアでも女性への暴力(ドメスティック・バイオレンス)が、非常に深刻な社会問題として認識されているのでしょう。それでもなお、このデザインに関しては賛否両論が噴出することでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2007

CABINDA加刷

070218_1

 北九州切手のつどい'07に行ってきました。よくよく考えたら今年最初の郵趣イベント参加でした。新山口駅まで車を運転して行き、そこから新幹線に乗って一路、小倉へと向かいました。うっかりひかりレールスターに乗ってしまったせいで乗車時間が20分しかないことに気がつき、慌てて朝食の駅弁「あなご飯」をかき込むはめに。ゆっくり出発したつもりが開始15分前に到着し、これはまあこれでちょうど良かったです。

 実は、前々日にアオヤマスタンプさんのマンスリー販売リストが届いていました。さっそくいくつかe-mail注文しようかと思いましたが、今日の催事会場にブースを出されているので直接買った方が手っ取り早いと考え直しました。それが上図のCABINDA加刷のアンゴラ切手です。個人的にはアンディ・ウオーホルのマリリン切手がターゲット(しかも6番切手は裏焼き!)なのですが、一般的には「カビンダ加刷って何?」の方が重要でしょう。販売リストには、カビンダ中央銀行内に郵趣窓口がある等の説明はありましたが、アオヤマさんご自身も「今現在の情報ではアヤシイ切手としておきますので お好きな人だけどうぞ」と各自の責任・判断をと記しておられました。
 とりあえず、この1シートのみ購入し(980円)、帰宅後にインターネットで調べてみました。アンゴラは長年にわたる内戦で疲弊しきっていますけれど、コンゴ川河口の飛び地カビンダはかろうじて戦火をまぬがれたとあります。そこにカビンダ中央銀行があり、その銀行業務の必要性から臨時措置としてくだんの加刷切手類が発行されたらしいことがわかりました。それらはこちらのサイト http://www.cabinda.net/Stamps.htm に記述を見つけることができたのでわかったことです。しかし、アンゴラではなくカビンダ共和国を名乗っていることやアンゴラの国名表示を抹消加刷していることから反政府勢力らしいこと、その加刷も中央銀行自身が行ったのではなくエージェントを任命して代行させていること、それもコレクターを意識して発行していることなど、非常に興味深い側面が伺われます。
 いずれにしてもアオヤマスタンプさんのマンスリー販売リストは定期購読するに限ります。毎号、一体何が掲載されるかとわくわくした気分になりますです、はい。

 おしまいに6番切手の拡大図を掲げておきましょう。国名表示ANGOLAを2本の線で抹消、新国名?の「CABINDA」、新通貨?の「CAF 500」をいずれも銀色の金属色インクで加刷しています。

070218_2

※参考:カビンダ・アンゴラ領 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/africa/kab.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2007

どこまで公開OKかな?

 信頼できる筋から様々な郵趣情報が入ってくるのですが、ブログのように一般公開と同義語の場所に書いて良いものかどうかの判断がつかない事例が多いです。情報提供者に迷惑がかかってもいけないし、結局、当面の間はミクシィにのみ書くことになってしまいます。
 さしあたって、ただ今の時点でブログに書いても良さげなのは、郵政民営化の本年9月以降も、郵政省・郵政事業庁・日本郵政公社時代の切手は引き続き有効です。使用禁止もしくは効力失効にはなりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2007

JPS北九州支部 北九州切手のつどい'07

 表題のイベントに参加予定です。JPS鹿児島支部長の永吉さんの講演がある他に、たに〜君も来るというので。どうーか突発仕事が入りませんように(笑)
 日時等はこちらの2月18日(日)の欄を参照ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2007

その存在はよく聞くけど・・・

 その存在はよく聞くけど現物を見たことがないものシリーズ!
わー、ぱほぱほー、ぺれれぺれれ、どんじゃら!(←一応、鳴り物のつもり)

・バロメーター
・カンフル剤
・ライカ犬
・昭和30年代に新婚旅行に湧いた宮崎県から差し出された新婚さんからの便り
・終戦後に跳梁跋扈したという民間郵便物(非合法な私設郵便物)

・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2007

ズブロッカ

Zubrowka

 なぜか二十歳を迎える頃には既にこの個性的なウオッカを知っていました。1980年代初頭、昭和で言えば55年頃のことです。ラベルに描かれたヨーロッパ・バイソンが食べている牧草のバイソン・グラスが1本入れられているため、その強烈な芳香がいかにもアメリカとも西欧とも異なる、まだ行ったことのない東欧の香りかと思われました。これが私が切手以外で最初に触れたポーランドの記憶です。
 アルコール度数が40度もあり、冷凍庫でトロトロになるまでぎんぎんに冷やし、ストレートかオン・ザ・ロックで飲むのが正攻法だそうす。もちろん、そんなことを繰り返していたら確実にフォアグラ肝になってしまいます。お酒というものは飲み方まで難しいんだなあと感じた最初でもあります。そして時は流れ、いつの間にか誰に教わったわけでもないのにトマトジュースで割って飲むようになりました。ま、邪道ですわな。
 家に常備しているのは缶ビールと薩摩焼酎(たに〜くんに送ってもらっている現地でしか買えないやつ)そしてこのズブロッカです。ちょっとした酒屋さんにはほぼ置いてあるし価格も安いのがうれしい。平日は風呂上がりにビールなんですが、疲れた時はやはりズブロッカのトマトジュース割が体質に合っている感じです。睡眠の深さと翌朝の疲れの抜け具合が全然ちがうのです。焼酎は芋臭いのをストレートでガツンといくのが好きなんですが(←ばか)、なにぶんにも翌日の周囲の評判がよろしくないので自粛しております。そのぶん、ズブロッカの登場する場面も少なからずあるのですが、トマトの口当たりの良さに、うっかり飲み過ぎにならないように注意しなければ。
 毎月最初の土日は、昼間っからズブロッカのトマトジュース割をわきに置き、窓から見える瀬戸内の海を眺めながら「郵趣」誌の連載記事原稿を書いているのです。そんな週末ももうすぐですな。たまにはこんな話もするということで。

☆ズブロッカ公式サイト

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »