« 「世界最初の猫切手」のエラー | Main | ブルガリアのクリスマス切手 »

January 21, 2007

これぞ正しい「あるある大事典」

○「切手何枚持ってるの?」と素人さんによく聞かれるが「数えたことがないんだよー」と答えるのが内心うれしい。
○でも、本当に数えたことなんかない。
○通勤カバンの中にピンセットが入っているのは当然だ。
○実は「郵趣」も入っている。
○通勤電車の中で「郵趣」を広げて読むことに何ら抵抗感がない。
○でも、誰か声をかけてくれないかなあと思っている。
○新幹線の中でミクスチャーの整理をしたことがある。
○カール・ルイスと言えばもちろん白ヒゲのおじさんの方だ。
○オリンピックの入場行進で聞いたことがない国はない、ぜんぶ知ってる。
○「外国切手は処分したい時に売れないから日本切手しか集めない」と良く言うが、日本切手だってロクに売ったことがない。
○本当は英語が苦手なだけだ。
○アルバムリーフの黄ばみに自己の老齢を感じる時がある。
○日本郵政より郵趣の歴史の方が長いことを知っている。
○「切手は自由に集めていいんだよ」と言う割には自分のコレクションが人真似であることをよく自覚している。
○本当は自由に集めるなんて不安だ。
○若い人の方が郵趣知識が豊富でよく勉強していると思う。
○今のカミさんと結婚する前、切手に使った金額は最低でも2桁少ない数字を言った。
○そんな小手先のウソは結婚してすぐばれた。
○書斎はいらない、切手部屋が欲しい。切手倉庫でもいいから。
○切手展、切手即売会などのイベントに合わせて出張の予定を組んだことがある。
○お年玉付き年賀はがきの賞品は切手シート以外はどうでもいい。
○切手購入資金の捻出に本気で禁煙を考えたことがある。
○最近の切手の催事に本当に若い女の子の姿が増えてマジ驚いている。
○そんな彼女たちが「チェコ切手かわいーよね」とか言っているが、そう言われるまで単に粗末な印刷だとしか思わなかった。
○「まとまってないからお見せできるようなコレクションはありません」と良く言うけれど、実はまとめる気なんかない。
○写真付き切手をレベルの低いものと言っていたが、けっこう良さげなので内心困っている。
○実は、なし崩し的に写真付き切手コレクターに寝返った。いつの間にかっぽく思わせるためにけっこう気をつけた。
○エラー切手のひとつやふたつは秘蔵しているのが当然だ。
○パソコンを買う金があるなら切手を買う方を選ぶっぽいお爺さんコレクターをいっぱい知っている。
○インターネットのメリットは大きいので、頼まれない限りパソコンを教えてあげようとは思わない。
○家族のことよりコレクションの量で家の間取りを考えた。
○実はグラビア印刷とオフセット印刷の区別がよくわからない。
○「加刷」は今でも発行済切手に重ね刷りしていると思っている。
○1円切手をシート買いしたことがある。
○切手マニア呼ばわりされるとむっとする。せめてコレクターと呼べよ。
○それでも「鉄道マニア」よりは上等だとなぜかそう思っている。
 
・・・この続きはコメントでお願いします。

|

« 「世界最初の猫切手」のエラー | Main | ブルガリアのクリスマス切手 »

Comments

yuaさんへ
いやいや、なかなかの黒帯級ですな。すばらしいです。
他の方もどうでしょう、何か思いつきましたら書き込んでみてください。

Posted by: スギヤマ | January 25, 2007 12:27 AM

こんちはです。

○通勤カバンの中にピンセットが入っているのは当然だ。
不良収集家なので、ピンセットを持ち歩いてません(苦笑)。

○実は「郵趣」も入っている。
今はスタマガが入ってます。

○通勤電車の中で「郵趣」を広げて読むことに何ら抵抗感がない。
当然です。

○新幹線の中でミクスチャーの整理をしたことがある。
はないですが、
◆特急の中で初日カバーの切手貼りをしたことがある。
これは昨日(1/23)やってました。
また、だいぶ前の話ですが、新千歳空港→札幌の移動中でカバー切手貼り作業をしていたら、「私も以前、初日カバーをつくってました」という方に出会ったことがあります。

○切手展、切手即売会などのイベントに合わせて出張の予定を組んだことがある。
そこまではないが、毎年職場で行われている試験を回避し、切手展に行ってたりします。

ま、こんな程度です。

Posted by: yua | January 24, 2007 10:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これぞ正しい「あるある大事典」:

« 「世界最初の猫切手」のエラー | Main | ブルガリアのクリスマス切手 »