« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

December 24, 2006

小屋の切手

061224

 世間はクリスマスイブにつき、不肖のわたくしも今日は控えめに。ですから青○スタンプさんにヘ○タイ呼ばわりされても、さらりと笑って受け流す余裕しゃくしゃくなんであることよなあ。
 さりながら、このジンバブエの新切手は、控えめにも度が過ぎるような気がします。アフリカにあって健全な切手発行を誇る数少ない国のひとつがジンバブエ。ですから、印面左下に表記されている"NATIONAL HUTS"という用語選択もよくよく考慮されてのことでしょう。しかし、HUTSとは「小屋」の意味ですから、うーん、謙遜し過ぎではないでしょうか。図案的にもHOUSEと表現しても何ら遜色があるようには思えません。NATIONAL HOUSEとかTRADITIONAL HOUSEとかね。小屋を主題に描いた切手はちょっと他に見た記憶がありません。
 $100と$800の2種(小屋にしては額面が高いぞ)と、この2種を納めた小型シートが発行されました。全国の「小屋」関係(?)の皆様にとってはマスト・アイテムと言えるでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 13, 2006

やっと気がついた!

061212_2

 安倍総理大臣は誰かに似ているなあ、どっかで見たなあ、思い出せないなあと思っていましたが、昨日の昼飯どきに突然気がつきました。映画「戦場のメリークリスマス」にローレンス役で出演していたイギリスの俳優さん、トム・コンティに似てませんか?(上図の白矢印の方)。
 クリスマスに向けてこの映画はTV放送される機会もあるでしょう。我ながらけっこうイケてると思うんですがねー、どうですかねー。

 以上、「鹿児島の北海道」と言われても意味がわかる私は、イトコの旦那がそこの出身なので伊佐美で焼酎飲みの練習をしたのが自慢であることを話したいボクでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野球侍/BASEBALL SAMURAI

061212

 リベリアからイチロー選手の切手が発行されました。あれほどの選手ですから、いずれ切手になる日が来るだろうと予想はしていましたが、うーん、リベリアが先制してしまったか。(←アンゴラが2001年に発行済との訂正指摘を頂きました。コメントを参照してください。)イチロー選手およびシアトル・マリナーズともに無許可で勝手に切手にしてしまった可能性が非常に高いです。リベリア、というよりリベリア切手の代理発行権を買ったエージェントはこんなことは朝飯前で何度もやらかしているからです。
 無許可発行だろうと踏んだ根拠はもちろん別にあります。気付きませんか?、イチロー選手は左打ちですよね。よーっく見るとヘルメットの"S"の字が鏡字になってますね。はい、これまたリベリアお得意の写真の裏焼きエラーをしでかしているのです。もし、正式な使用許可申請を出していたら、こんな初歩的なミスをマ球団が見逃すはずがありません。
 この件は最悪の場合一騒動あるかもしれません。ですので、どこで売っているか等の詳細情報はここには書きませんし書けません。ごめんね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 12, 2006

山口人チェック

こりゃあー、よーできちょる。
皆もやってみんさい。

http://www.linkclub.or.jp/~keiko-n/go.html/yamaguchi.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2006

あなたはどっち派?

061210

 大好物は先に食べる方ですか、それとも後にとっとく方ですか?。

 徳川夢声さんという今はなき職業、無声映画の弁士さんの体験です。そばやで天ぷらそばを注文し、大好物のえび天は最後に一気食いしようと残していたそうです。して、さあえび天にかぶりつこうとしたまさにその時、関東大震災が起こって食いそびれてしまいました。それからというもの、大好物は先に食べる主義に大転換なさったそうです。
 私もこの話を聞いていたく共鳴し、それまでの後食い人生から先食い人生に変わりました。「後食い」って「後悔い」に通じるとも読めますしね。ただし、これにちょこっと変化球も混ぜています。それは大嫌いなこと、面倒臭いことについてです。好ましいことは先にやりますが、しかし、そうではないことはそれよりもなお先にやってしまうように自ら課しています。気の重いことを先に片付けてしまうと、その後の気楽さといったらたまらんです。

 えらいやろ、おれ。

 てなわけで、今しがた年賀状の印刷を完了しました。あー気がラクだあ〜。図のエストニアのイノシシ切手(2002年)を使いましたので先にゆっときます。野性味溢れるタッチの中にも母イノシシのやさしさとウリ坊の可愛らしさがよく表現できている図案ということでこれを選びました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2006

建国800年・チンギス・ハーン小型シート

061208

 郵趣1月号連載記事は、先ほど無事に筆者校正を終えました。予告した通り、変り種切手・面白切手の大当たり月なので期待してください。図はスペースの都合でやむをえず割愛したモンゴル3番目のシルク製切手「建国800年/チンギス・ハーン」小型シートです。
 モンゴルは安いトピカル物の切手が多いのですが、逆に入手難の切手は極端な難易度の高さです。万一にでもそうならないよう、発行時に買い押さえておかれることをお薦めします。それは、モンゴル最初のシルク切手「ワールドカップ・サッカー1982」全6種小型シート、2番目の同イタリア優勝加刷もともに非常に入手困難だからです。ディーラーさんにお願いしてもブツがないと断られ続け、結局、今年のJPS会員大会の時に変形切手収集家の荒牧裕一さんからお譲り頂けたのでやっと入手できたほどです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

これがクリスマス切手?

061206

 そろそろ今年のクリスマス切手発行ラッシュも終盤を迎えました。日本切手しか集めていない人は、クリスマス切手と言えば厳格な宗教画か、その逆にアットホームなほのぼの図案、あるいはまた南半球の国々に多い「サンタと真夏の組み合わせ」図案、等のイメージがほとんどだと思います。
 実際はしかし、もっと複雑な様相を呈しています。とりわけ私が注目しているのが「クリスマス切手とは思えないクリスマス切手」です。図版の切手なんかその最たるもので、先住民のプリミティブ・アートか児童画かのようにしか見えません。しかしながら、1997年に仏領ポリネシアが発行したまごうかたなきクリスマス切手です。
 その他、アメリカのコカコーラが広告に使ったことから一気に全世界に広がった「赤い服を来て白く長い髭をたくわえたサンタさん」以前の時代のサンタクロースを描いたクリスマス切手、なんていう着眼点もあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2006

稀に見る大当たり月

061205

 いましがた郵趣1月号の原稿をメール入稿しました。夜遅いし掲載前なので詳しいことは書けませんが、郵趣史に名を残すであろう超弩級の変り種切手の大当たり月であると断言します。新発行の今を逃すと近い将来、入手難で後悔するのは必然との印象すらあります。紹介予定のアイテムだけでもけっこうなお値段になりますので、ボーナスの一部をきちっと確保しておいてください。子供へのクリスマス・プレゼントよりお父ちゃんの道楽優先!でね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2006

とにかく読んで、すげー!

 右のリンク欄にあります「切手屋さんの気まぐれ日記」をお早めに読んでみてください。
だいぶ抑えて書いてあるらしいですが、それでも我々カタギの衆には驚きです。やっぱりいるんですね「万○○」の常習者って。確かに精神的な病気なんでしょう。いやはや、すげー!。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2006

郵貯インターネットホームサービス

 このサービスはしょっちゅう使わせてもらってます。在宅のまま自分のぱるる口座や郵便振替口座から送金できるので大助かりです。"ゆうちょいんたあーねっとほーむさーびす"なんぞという、知恵の足りなさそうな無駄に長い名称も我慢しているのはそのためです。
 でも、それでもなお、これは本気でナニが足りないんじゃないかと心配していることがあります。手数料が110円という額は、自分が出向く時間と車のガソリン代などを考慮しても決して高くはないんですが、大昔さながら「電信扱い」って表示してあるのはおかしいというかマズイんじゃない?。

 インターネットってもともと「電信」じゃん。

 そろそろ時代に合った新呼称に差し替える頃合いじゃないかな?。どうよ?。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ありがとう ありがとう

(1)イイダバシくんへ
 論文ありがと。
 でも原本を読んでないのでさっぱりわからないのでどうしましょ(笑)

(2)ショージくんへ
 カバー届いたよ!。送金先と金額を連絡してね。

(3)アオヤマスタンプさんへ
 「強烈な押し売り」感謝です。近日中にここに詳細をアップします。
 要旨は私のミクシィの方に速報的に載せました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »