« 長州ファイブ | Main | ↑連休期間中限定(終了しました) »

October 29, 2006

のれん分け

061029_1

 ボストークスター・バインダーを2冊買ってきたので「のれん分け」をしました。満杯状態になっているバインダーを選び、中身を分割して収納し直す作業です。今日は金銀銅などの金属箔押し切手と日本の変形切手をそれぞれ2分冊にしました。それまでは適当に突っ込んでおいたものを、この段階でおおまかに国名のアルファベット順または年代順に並び替えるようにしています。そうしないと、更に冊数が増えた時に「探し出す・元に戻す」作業が極端に非効率になるからです。パソコンでデータベースを作って管理していても、実際の収納は今も人手頼りですから、やはり何らかのノウハウはいります。

 のれん分けもずいぶん進み、そろそろ「収納」から「格納」の感覚になってきたのが妙に嬉しかったりします(笑)。

 日本切手の場合は変形のタイプでは分けずに「日本」という国の括りの中で年代順に整理・収納しています。同じように国別・年代順でまとめているのはブータン、トンガ、シエラレオネの3ヶ国です。いずれも変り種切手率がすごく高いので、その整理法の方が使いやすいのです。
 図はかつて天野安治先生から分けていただいた東京オリンピック寄附金付き「レスリング」田型です(福岡中央 37.8.27 後0-6)。これを菱形切手だからという、ある種へそ曲がりな理由で集めているのもナニですが。
 菱形切手の中でも正方菱形は、レイアウトのみの変化に過ぎないので変り種切手に含めない考え方もあります。至極ごもっともなんですが、私としては"変り種に加えた方が話が面白くなる"ので含めることにしています。いずれお話できる機会もあるでしょうが、単片では菱形と気付かない切手とか、菱形にもそうでない切手にも見える不思議なニュートラル・デザインの切手なんかもあるんですよ。
 ご存じの通り、これら東京オリンピック寄附金付きは伝統郵趣コレクターさんたちを中心に人気があり、読める使用済やブロックは本当に高くなってしまいました。変り種切手の収集軸は切手主体なのでさほど凝った使用例は必要ないんですが、ちったあ気の効いたカバーのひとつも欲しいやね。
 みんな、冷静になろうよ!。額面と同額の寄附金で2倍売価の切手なんて常軌を逸した「好ましからざる切手」「限りなくクロに近いグレーゾーンの切手」なんですよ!。ま、無駄な抵抗だとわかっちゃいるんだけどね、誰も聞いてないよな(笑)。

【業務連絡】
 鹿児島のT之口くんへ。新居への引っ越し関係もほぼ片付いたので、以前言っていた「不要な郵趣雑誌」を大量に引き受けられるだけのスペースを確保しました。代金・送料などの打ち合わせをしたいのでメールをくださいな。

合い言葉は

「どけいっとよ?」
「タカプラに行くがー」

です
(↑深い意味なし、つーか合い言葉いらないじゃん、必要ないし)。

|

« 長州ファイブ | Main | ↑連休期間中限定(終了しました) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference のれん分け:

« 長州ファイブ | Main | ↑連休期間中限定(終了しました) »