« Hey ya! | Main | みすヾ »

September 23, 2006

史上最強の・・・

060923_1

 日本でイラク切手に注意を払っているコレクターは一体何人いるでしょうか?。日本も含む西側諸国との関係がよろしくないために、とりわけサダム・フセイン時代のイラク切手はどうにも入手しにくいものが散見されます。アメリカが経済制裁を発動して禁輸状態になると、その直接的なあおりを受けてしまいます。

 そういう状況だからこそ!のアオヤマスタンプさんです。

 マンスリー販売リストに上図の切手を発見した時、迷わず速攻で注文してしまいました。2001年発行の湾岸戦争10周年記念小型シートで、米英が投下した化学兵器(爆弾)によって、かくも無惨な健康被害を受けた小児の写真が主題です。図案中の3つの爆弾のうち2個までは"UK"と"USA"の文字が読み取れ、国際的な友好関係を害する主題・図案の切手はイケマセンとのUPU(万国郵便連合)の良識なぞ完璧に無視。史上最強の『グロ切手』と言えましょう。
 そうは言っても現代史、国際関係を語る上では欠かせない切手だけに長いこと探していました。しかし、冒頭の理由で日本の郵趣市場では見つけることができないでいました。アオヤマさんによるとけっこう売れているとのことなので、私と同じ収集動機を抱き続けてきた人は案外多かったということでしょう。

(以下、別件)
 んーっと、このようなグロい切手を晒しておきながらナニですが、今日・明日の2日間は、私の古巣であるJPS調布支部結成25周年イベントが開催されています。不肖の私も段ボール箱満杯詰めの寄贈品を送りましたので、チャリティーオークションなどでどうかお買い上げのほどご協力ください。売り上げ金は支部運営のタシになるのです。詳しくはhttp://yushu.or.jp/event/schedule/index.htmlを参照ください。

|

« Hey ya! | Main | みすヾ »

Comments

去年「反米の歴史展」で内藤先生と話をする機会があったんですが、そこでもこの切手のことが自然に話題にのぼりました。あれって、ホントに米英のせいなんですかね、うーんどうなんでしょうね、という具合。久しぶりに見て思い出しました。

Posted by: HIDEN | September 24, 2006 at 12:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/12011982

Listed below are links to weblogs that reference 史上最強の・・・:

« Hey ya! | Main | みすヾ »