« リース写真の時代 | Main | フランスの庭園・郵趣サロン »

July 05, 2006

エリザベス2世誕生80年

060705

 エリザベス2世誕生80年記念切手が続々と発行されています。英連邦各国のオムニバス・イシューで、いずれもさまざまな年代の女王の肖像写真が主題です。郵趣誌の世界新切手ニューズをご覧になればおわかりの通り、印象が似通った肖像切手群がこれだけ発行されると、さすがにちょっとね、です。遊びの余地がほとんどないタチのテーマですので、多種・大量発行の割にお薦めすべきアイテムはほとんどありません。まあ、お若い頃はお綺麗でしたねえ、という程度です。
 強いて何か取り上げるとしたらこの1枚です。王室関係の写真はきちんとしているものばかりだし、切手も小さいものですから、よほどの事情でもない限り美しく仕上がるのが当たり前の世界です。にしてはどうしたものか、サモアの$1.75切手だけがこんなにピンボケです。元写真の解像度が低かったか、あるいは大きな元写真から極端に狭い部分をトリミングして拡大し過ぎたか、いずれかの理由によるものでしょうが、並の神経をしていたら普通はボツにすべき失敗切手でしょう。
 一連のエリザベス2世誕生80年記念切手のうち、私のアンテナに引っ掛かったのはこれだけでした。

(郵趣7月号P.77参照/本切手を含む単片4種1,150円、小型シート670円)

|

« リース写真の時代 | Main | フランスの庭園・郵趣サロン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エリザベス2世誕生80年:

« リース写真の時代 | Main | フランスの庭園・郵趣サロン »