« 空白の一日 | Main | 私も見たい、子供チャンネル »

January 03, 2006

正当なオマーン切手

060103

 いきなりですが問題です。上掲の2枚の切手のうちインチキ切手はどっち?。

 今し方、HYPER Philatelist Annex(別館)にありますEasy Almanac of World Stamps(以下、EAWSと略)を更新し、3.09から3.10にヴァージョンアップしました。その要点はまさにこの問題そのものでした。
 EAWSについて改めて説明しておきますと、おおむね現在から過去20年位以前にさかのぼって発行された切手が対象で、その切手上の表記から発行国や地域を調べることができる一種の辞書です。20年間という期間設定は、その位を見込んでおけば、普段の収集上で困るような事例にはまず当たらないだろうとの経験によります。
 ただし、これにも当然例外はあります。1971年に現在のアラブ首長国連邦に統合される以前の、アジマン、フジェイラ、カールファカン、マナマ、ラスアルカイマ、シャルジャー、ウムアルキワインといった、収集家めあてのラベル的な切手を濫発していた、通称"アラブ土侯国"のことです。35年も昔のアイテムながら、いまだに世界中の郵趣市場に溢れかえっており、かつまた僅かながらも実際に郵便に使われてもいたことから、むしろ現在の方が真面目な収集・研究が盛んになっている面すらあります。そんなわけで、例外的にアラブ土侯国の記述は今も続いています。
 そのアラブ土侯国切手の陰に隠れて、もっとインチキ極まりないアイテムが発行され続けてきていたことを知る人は非常に少ないように思います。今日、ご紹介しましたオマーン国がそれです。アラブ首長国連邦の成立とほぼ同時代の1970年、現国王のカブースが政権を奪取して近代化を強力に推し進めました。現在のSultanate of Omanこと「イスラムの首長スルタンの統治するオマーン国」の繁栄はそこから出発しています。そうです、国名表示からもおわかりのように上掲の右側が正当な郵便切手です。左の方がエリザベス皇太后の85歳の誕生日という銘で、なんとなく新しそうでもありマトモそうに見えますが、実はこっちがインチキ切手です。どういう理由かはわかりませんが、"State of Oman"表示のインチキ切手は1980年代に至ってもなお発行され続けてきました。個人的には郵便に使われた例をまったく見たことがなく、アラブ土侯国切手よりタチが悪いとさえ思います。(このあたりの詳細は、それこそイスラム専門家の内藤陽介さんにブログで解説して頂けませんでしょうか)
 そういうわけで、本日、オマーン国の欄にState of Oman表示アイテムについての要注意記述を追加しました。ぜひ右の"HYPER Philatelist Annex"のリンクをたどってご参照ください。

 ついでに述べますと、ボスニア・ヘルツェゴビナも高度な自治権が認められているせいで、ムスリム政権、クロアチア政権、セルビア政権と3つの切手発行母体があり、それぞれが入り乱れて切手を発行しています。いずれの政権の切手もインチキではないので知らずに購入したからといって詐欺などの実害があるわけではありません。もちろん、それらの区別はつくのですが、EAWSのユーザーの多くは初心者クラスでしょうし、そこまでの記述が必要かどうか、もう少し様子を見たいと思います。

|

« 空白の一日 | Main | 私も見たい、子供チャンネル »

Comments

State of Oman の切手は、全貌がよく判らないので、私も資料を探していますが、なかなか見つかりません。
ただ、フジェイラの1971発行の円形金属箔切手(Mi 693-705)とそっくりの切手がありますので、同じエージェントが関与していることは確かでしょうね。

ちなみに、State of Oman のジャポニカ切手を1点紹介しておきます。
メキシコ五輪記念のアルミ箔切手(金色ですがアルミ箔です)には、各国の金メダリストの名前が加刷したものがあるのですが、その内の1枚に体操の加藤澤男選手の名前が入ったものがあります。
私のホームページのアルミ箔切手のコーナーの最下段右側の切手がそれで、緑色の文字で「S.KATO」「JAPAN」と加刷されています。

http://www.aramaki.com/home/stamp/stamp5/almi.html

Posted by: 荒牧 | February 01, 2006 12:16 AM

荒牧さん こんばんは 今年もよろしくお願い致します。
さっそく拝見しました。実逓カバーそれも書留ですね!。
となるとSTATE OF OMANの位置づけをどうすれば良いのか悩んでしまいますが、その前にSTATE OF OMAN切手についての縦断的な理解が必要ですね。何か良い手引書をご存知ではございませんか?。

Posted by: スギヤマ | January 22, 2006 07:50 PM

こんにちは。本年もよろしくお願い致します。
State of omanの実逓カバ-ですが、私はここの金箔切手のカバーを1通持っています。
消印は1969年12月30日で、宛先の会社(切手商?)が移転したらしく"Forwarded"の表示と新住所のゴム印が押されています。さらに裏面には1月19日と20日の到着印もあり、本当に郵便に使われたものかと思います。

*私のホームページに画像を掲載しています。
http://www.aramaki.com/home/stamp/stamp5/gold-c.html

Posted by: 荒牧 | January 22, 2006 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 正当なオマーン切手:

« 空白の一日 | Main | 私も見たい、子供チャンネル »