« 来年の計画 ─大晦日スペシャル─ | Main | 正当なオマーン切手 »

January 01, 2006

空白の一日

060101 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

 新年一発目ということで、お年玉代わりに、なにげにレアな切手をさりげなくピッとご紹介してみます。早起きしたばかりでお雑煮もまだ食べてませんが、慎ましやかな私は、そんなことどもはおくびにも出さない謙虚さを今年は目指します。たぶん無理ですね。

 さて本題です。年末年始の慌ただしい時期、全世界的に見ても世にクリスマス切手、年賀切手、あるいはその両方を兼ねた手抜きっぽい切手は数限りなくありますが、これはなかなかないんじゃないでしょうか。

 それは・・・大晦日切手

 1999年から2000年になった時の、いわゆるミレミアムの時は12月31日付の切手発行はたくさんありました。しかし、それはまあ例外的なもので、大晦日自体を独立した祝日とみなしてお祀りした切手なんてのは、私個人ではこれ以外に見たことがありません。ボスニア・ヘルツェゴビナ郵政(ムスリム政権)の説明によると、主題は"Holidays : New Year's Eve"だそうです。同郵政も大晦日切手を発行したのは今の所この2004年一回こっきりです。"江川の空白の一日"みたいな(古い!)こんな事例、他にありますでしょうか?。ご存じの方がいらっしゃいましたらぜひご教示ください。
 それにしても無茶苦茶なデザインですねえ。どちらかと言うと、この手の表現に関しては私は抵抗感がない方ですけども、何を表現しているのかわからないので普通の人は使いづらいんじゃないですかね?。

(大晦日切手/ボスニア・ヘルツェゴビナ郵政・ムスリム政権2004年12月31日発行)

|

« 来年の計画 ─大晦日スペシャル─ | Main | 正当なオマーン切手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/7937868

Listed below are links to weblogs that reference 空白の一日:

« 来年の計画 ─大晦日スペシャル─ | Main | 正当なオマーン切手 »