« 言われなきゃ気付かない | Main | スイスのマイ・スタンプ »

October 20, 2005

6本指のレフティ切手

051020

 母方の祖父が左利きだった関係で、特定の作業は左手でないとうまくこなせないなど、私にも若干のDNAが伝わっています。そんな軽い理由で、左手を描いた切手こと"レフティ切手"にも興味を持っています。実際のコレクションについてはHIDENさんが大家でいらっしゃるので「きってレフティ」を参照してください。
 そんなレフティな私たちも驚く切手が世に出ました。チュニジアが発行した「世界禁煙デー(World No Tobacco Day)」に描かれている、タバコを薦める誘惑の左手(紫色の手)がなんと6本指!。たぶん図案ミスだろうと思うのですが、こんな大胆なミスにも関わらず発行中止になったとか回収された等々の話は聞き及んでいません。ひょっとすると、かのチュニジアでは6本指に何か隠喩でもあるのでしょうか?。なお、発行日は5月31日。オフセット印刷による20万枚発行です。
 ちなみに6本指のレフティ切手はこれが初めてではありません。モナコが1947年5月9日に発行した「アメリカ切手100年切手展」の中の50c切手が世界初です(下図参照)。切手収集家としても知られるルーズベルト大統領がコレクションを鑑賞しているシーンを描いたもので、切手を持った左手の指が6本に見える超有名な図案ミス切手です(もっとも、ピンセットを使わず素手で切手に触っている絵自体が既におかしい)。原画はフランスのマリアンヌ切手を描いたことで有名なガンドン。彫刻師はまた別人で、原画の段階で間違っていたのか、彫刻師のミスかは現在に至ってもなお判明していません。

051020_1
(右は6本指部分の拡大図)

|

« 言われなきゃ気付かない | Main | スイスのマイ・スタンプ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6本指のレフティ切手:

« 言われなきゃ気付かない | Main | スイスのマイ・スタンプ »