« カタールの愛知万博切手 | Main | 南アフリカの広告付き小型シート »

May 10, 2005

まず自分で調べよう

050510

 名指しこそ避けますが、なんちゅーかさぁー、もうちょっと何とかならんかなあ。あのねえ、頭に浮かんだクエスチョンを、その瞬間にネット上の掲示板に「教えて」と書くなよぉーと。

 郵趣の歴史は日本郵政の歴史よりも長い(←意外と知らない人が多い)ので、数ある収集趣味分野の中でも切手カタログ(データベース)は比較的によく整備されている方です。カタログさえ持っていれば、よほどのことがない限り90%以上の情報は得ることができます。ですから人様に質問する前にまずカタログを手に入れておくのは常識であり最低限のマナーでもあります。ちょっと前までは私もここまでシビアに言い切ることはなかったのですが、インターネット時代になったので、この際、言い切り路線に転換することにしました。なんせ「切手」「カタログ」っつーキーワードで検索をかければ、今ではばんばん情報が出てくるわけでしょ。カタログのお値段もそんなに高いものでもないし、既刊本もアマゾン等のインターネット本屋さんですぐ買えます。つまり10年・20年前よりよっぽど情報は得やすくなっています。
 インターネットを使っていながら「どこでカタログを売ってるかわからない」だとか「カタログを持っていないので教えてください」、はたまた「切手にカタログがあるんですか?」などという質問はそれ自体が既に「出直して参れ!」級の愚問です。「一般書店に初心者向けの切手収集の解説本がないから知りませんでした」なんて言い訳が通用する時代じゃありませんって。解説本すらもインターネットで簡単に手に入るんですから。まず自分できちんと調べなさいって。
 自分が全権限を持っている掲示板では、こんな自助努力不足の質問は即刻削除しています。過剰な親切で回答してあげても、まあ9割はありがとうのレスポンスもありません。つまり聞く方も、もともとそんなに本気で聞いてなんかいないということです。んなモンにいちいちつきあうのは面倒臭いです。
 なお、カタログでさえ高くて買いたくない・もったいないと感じる堅実な経済感覚をお持ちの方は切手集めの世界からドロップ・アウトしてください。無駄を無駄と知ったうえでお金を蕩尽する、ある意味、高度な文明感覚がない人にこの趣味は不適格です。

 という訳でそんな人たちのために阿保郵便局の消印をご紹介します(!)。ええ、私のお笑い郵趣コレクションの一部で、今流行りの真面目な消印紹介とは意味が違います(伊賀阿保 廿七年八月三日 ロ便)。
 そして、やはり世の中には超弩級の偉人が実在しているのですよ。こちらを参照してください。ここまでやるお人がいらっしゃるのですから、安直なクエスチョンがいかに恥ずかしいものかがよくわかると思います。

|

« カタールの愛知万博切手 | Main | 南アフリカの広告付き小型シート »

Comments

たけたけっちゃんへ

 そうだねー「調べること」自体が苦手・嫌いな人なのかもしれませんね。調べることこそが楽しみだと感じる資質を持っている人でないと困るね。

 というわけでさっそく調べました(↓)。

 山口県防府市のゆめタウン入口交差点カドに「たけ書房」なる古書店を発見!。先を越されたか!?。君がお店を出す時は「たけっ書房」にする?。

Posted by: 椙山 | May 11, 2005 at 04:07 PM

 椙山さん、こんな時間にこんばんは、じゃなくって、おはようございます。コメント書くのは、はじめてになります。

 おっしゃること、よーくわかります。「調べる」という考えそのものがないんじゃないのか、って思ったりしますね。

 自分がいろいろと本を読んで、古本屋さんまでやっているからか、

「たけさん、面白い本ありません?」

 なんて聞かれたりします。

 もう、無言になってしまいますよ。紹介しても、何の感想も持たなかったりするんですよね。そういう感覚で尋ねる人たちって。無駄を無駄だと、知りつつ、感じつつ、楽しむ感覚がないんでしょうね。頭ん中には、金銭感覚だけがあって。ほんまに、やれやれと思います。

Posted by: たけたけっ | May 11, 2005 at 05:12 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/4062354

Listed below are links to weblogs that reference まず自分で調べよう:

« カタールの愛知万博切手 | Main | 南アフリカの広告付き小型シート »