« 郵政想定外ブラ | Main | 切手収集へ恩返し »

May 28, 2005

グレた中学生?、アルバニア

050528

 「郵趣」6月号も既に皆さんのお手元に届いた頃合いだと思いますんで、世界の新切手に関する小ネタを少々。地味っぽい国なので気付いている人はほとんどいないかも?。昨今のアルバニア切手はたいへんいけません、というお話です。

 第2次世界大戦以後、東欧の社会主義政権崩壊に連動して自由化政策がスタートする1990年代初頭まで、延々とほぼ鎖国してたんですからね、この国は。鎖国政策のせいで欧州には珍しい貧乏国に陥ってしまい、いまだにその泥沼から抜け出せていません。
 その社会情勢から考えれば通貨の国際競争力も弱いはずで、当然、切手の値段も安くなければいけません。が、実際は新切手の国際取引価格からしてむやみに高いのです。通貨レートは1LEKE(レク)が約1円なので、アルバニア郵政が国際郵趣市場に出す段階で実勢価格の2倍以上をふっかけているようです。そもそも日本ではそんなに売れる筋合いの国でもないのに、郵趣サービス社さんも「よくこの値段で!」と感心するくらい安く抑えておられますよ。さらにまた新発行情報のインフォメーションも非常に遅いです。この「ユーロサッカー2004」も昨年6月の発行ですからほぼ1年の情報遅延です。
 ヨーロッパ随一の最貧国ゆえに切手を自前で製造できるほどの設備と技術力があるとも思えず、アルバニア郵政に喰らいついているエージェントが全面的に操作しているのではないかと睨んでいます。変り種切手類をちょくちょく発行する面白い国なんですが「敬遠やむなし」の感があります。親がちょっと目を放したスキにいつのまにかグレた中学生みたいです。

(アルバニア2004年発行/購入参考価格:1,100円)

|

« 郵政想定外ブラ | Main | 切手収集へ恩返し »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/4311738

Listed below are links to weblogs that reference グレた中学生?、アルバニア:

« 郵政想定外ブラ | Main | 切手収集へ恩返し »