« 国連最初のホログラム切手 | Main | 謎の多い切手 »

April 19, 2005

想定の範囲外

sakura

 現在のような"つまみ喰い郵趣"に乗り換えてからというもの、実は毎年発行される日本切手カタログは全く買い替えていませんでした。さくら切手カタログなんか2003年版を使ってましたし、事実、ふだんは使う必要性もほとんどなかったもので。
 ですが、これも度を越すとオツムが時代についていけなくなりますんで今年は新版(2006年版)を買おうと思っていたところ、まるで見透かされたかのようなタイミングでまさに今日、自宅に新版が届いていました。とある方からの寄贈本でございました。ひえぇぇ〜、恐縮ですぅ〜。想定の範囲外でした。
 巻頭特集は17ページにも及ぶ「テーマ別写真付き切手図鑑」と銘打ったもの。最後に販売価格表が付いているので即注文することもできるようになっています。いろいろな意見もありましょうが、切手の記事は「ただの紹介記事」で終わるのではなく、同時に入手方法も明快にインフォメーションしてあるのが親切だと思います。せっかく、ここまで思い切った編集をしているのですから、あとは一般書店店頭での扱いから、さまざまなメディア(特に新聞)で

「写真付き切手がわかる、買える」

というポイントを大きく扱ってもらえるよう、さくらカタログ担当の営業マンさんには例年以上のガンバリを期待するものです。
 西暦2005年の今のこの時代に、表紙に「月に雁」をどーん!と入れたり、「ビードロ」と「マツケン御開運」写真付き切手も入れるなど、非常に面白い"筋目狙い"のデザインでもあり、どうか沢山売れますように。

|

« 国連最初のホログラム切手 | Main | 謎の多い切手 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/3760439

Listed below are links to weblogs that reference 想定の範囲外:

« 国連最初のホログラム切手 | Main | 謎の多い切手 »