« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

February 28, 2005

H2Aロケット打ち上げ成功

050228

 報道各社が伝えている通り、一昨日2月26日、種子島宇宙センターはH2Aロケット7号機の打ち上げに成功しました。ようやくこれで日本の気象観測も安定する、あるいは日本の宇宙開発技術も前進するだの、実に前向きな意見が交わされていますけれど、こと狭い郵趣の世界でも意義深い成功だったのですよ。

 欧米では1961年の旧ソ連・ガガーリンによる有人宇宙飛行がきっかけとなって、やり過ぎと形容したくなるほどにロケット郵便がばんばん飛ばされました。およそ実用的なものは少なくおおむね何かの催事の余興フライトが多いです。それでもアメリカのアポロ計画などでは、実際に郵便物が宇宙空間まで運ばれ、再び地上に戻ってくるなど、単なるお遊びと看過できない水準のカバー類も作られるようになりました。
 それにひきかえ、さっぱり人気がないのが日本におけるロケット郵便です。事実、日本人よりも外国人コレクターさんの方が収集人口も多いだろうと思います。日本では鹿児島県の内之浦と種子島の2ケ所しか打ち上げ基地がないのですから、もっとたくさんの人たちが収集するようになるといいなと思います。
 私自身も5年間ほど鹿児島に住んでいた時に地元の収集家さんから聞いたのですが、ロケットはいつ打ち上げられるかわからないので、過去に小型印の使用が認められたことはほとんどないそうです。ロケット図案の風景印だけは配備されているので、打ち上げ成功の時はこれで対応しているとのことでした。理屈はわかりますが郵趣振興施策としては、もうちょっと何とかならないかな?とは思います。今なら写真付き切手もあるし、小型印も写真付き切手の発行に合わせて1ヶ月間ぐらい使用するように段取りしておけば発射日が多少ズレても対応できるはず。

 図案改正のたびに風景印に描かれるロケットも進歩している様がわかるものの、うーん、なんかねー、せっかくのビッグイベントの割には注目点がマイナーだよねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 16, 2005

取りっぱぐれ付箋

050216

 こんな付箋があるとは知らなかった!、ただただその気分だけで買った実逓カバーです。世に未納・不足便というものはあまた存在しますけれど、不足料を踏み倒した例というのはどうでしょう?。
 差出しは宮崎県都城市にあった宛先会社の系列子会社です。産業図案8円炭鉱夫1枚貼りのごくありふれたものながら、切手上辺が切れてしまっています。そこで都城局では切手無効と判断して未納・不足印を押し、当時の規定通りに不足料金×2倍の16円を徴収することとしました。無効切手を示す意味で逆L型(またはL型)のチェックを書き込み、その近くに日付印を押します(付箋の陰で見えにくいので別図を示しておきました)。これも規定通りに正しく行われています。ところが、配達局である京橋局の「徴収不能」と書かれた付箋が貼られています。
 切手上辺の切り口はハサミか肥後守で切断された痕跡が伺えます。常識的に考えても子会社が親会社にあてて意図的に未納・不足便を送るわけがありません。受取人と配達局員さんとの間で「ちょっと手許が狂って食い込んだだけじゃないか。こんなことで16円も払えるか!」なあ〜んてやりとりがあったのではないでしょうか。押し問答の末、取りっぱぐれたのでしょう。こんな付箋があるところをみると、踏み倒しやなんかはけっこう多かったのかもしれません。にしてはそんなに見ませんね、と言うより私は初見でした。

(日付印:都城 26.12.11 前8-12 徴収不能付箋:京橋ホ096)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2005

座頭市もラストサムライも!

050212

 郵趣3月号に掲載する第2回「ワールド・スタンプNOW」の原稿書きが稿了した矢先に、またまた見つけてしまいました。北野武監督の「座頭市」(Pos.2)もトム・クルーズの「ラスト・サムライ」(Pos.4)も、もう切手になってしまいました。いつものようにコピーライトを取っていないんじゃないかと思います。呆れるばかりの商魂ですねえ。
 郵趣の記事では、このような怪しい切手まがい品は掲載しない方針ですので、自分のブログの方に記録掲載しておきます。お気に召さない方は無視する、それでも欲しい人は集める、各自の判断で決めてくださいね。

(サントメプリンシペ2004年発行/購入参考価格:950円)

 え?、私の収集基準ですか?。えー、好きな女優さんモノは躊躇なく買っちゃいますねえ(こらこら)。以前にどこかで書いたことがありますけれど、キム・ベイジンガーさんの切手は押さえますよ、はい。最近はあれですよ、アンジェリーナ・ジョリーさんの切手もかなり熱心に集めようかと。あのタラコくちびるがいいっす!。「トゥームレイダー」なんか最高でしょ。「スカイ・キャプテン」も早いことDVDにならんかなあーと待ちわびてます。
 パソコンの前で不機嫌そうな顔をしているそこのおじさん!(既に自分もそうなのですが)。若い頃に「真夜中のカウボーイ」っつー映画を見たことあるでしょ?。そそ、ダスティン・ホフマンが出てたアレですよ。ダスティン・ホフマンの相方で、田舎から出てきたカウボーイ姿のあんちゃんも覚えてますよね。ジョン・ボイドっつー俳優さんです。ほれほれ、懐かしい記憶が蘇ってきたでしょう。

 アンジェリーナ・ジョリーはジョン・ボイドの実の娘さんです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 07, 2005

わっかんねぇーなあー

050207

 怪しげな切手代理発行エージェント系切手と言えば、たびたび使い回されている著名人がいます。古くはケネディ大統領、ド・ゴール大統領、チャーチル首相、マリリン・モンロー、キング牧師あたりが思いつきます。現在ではダイアナ元皇太子妃、エルビス・プレスリー、ヨハネ・パウロ2世法皇、ボーイスカウト創設者のバーデン・パウエル卿なんかも堅調(?)ですね。
 今日ご紹介するベーブ・ルースもそんな著名人のひとりと言えます。が、昨年暮に発行されたこの切手は一体何なんでしょう。イラスト図案なのでなんとでも描けるとは言え、なぜに2番切手だけ仮装大会グッズみたいな王冠をかぶせたのでしょうか。テーマの「第100回ワールド・シリーズ」と何の関係があるのかなあ?。しかも取ってつけたような下手っくそな絵で。ベーブ・ルースをおちょくってるんじゃないかとさえ思えませんか?。

(アンティグア・バーブーダ2004年発行/購入参考価格:750円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2005

2月のプロフィール写真は

 のほほーんとしていたら2月になってしまいました。

 2月1日付で「2005年日本国際博覧会(愛知万博)」記念切手のデザイン等詳細も発表されましたね。そこで、今月のプロフィール写真欄(左上ね)に世界最初の愛知万博記念切手を掲げておきます。これだけ気の早い便乗発行も珍しいかも?ということで。
 ブルガリアが1999年12月21日に発行したものです。お値段は今でも100円位ですし、お好きな方はコンビネーション・カバーなどを作って遊んでみられてはいかがでしょう?。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »