« まだまだ修行不足の身で | Main | マイクロ文字によるモンタージュ表現 »

January 15, 2005

新連載

yushu0502

 日本郵趣協会のホームページに「郵趣2月号のお知らせ」がアップロードされました。一般に公表されたので私からもインフォメーションいたします。

 連載・コミュニケーションページの「ワールド・スタンプ・NOW」は私が担当しています。毎号掲載される「世界新切手ニューズ」の中から、これはと思われる切手をいくつかピックアップしてご紹介するものです。もちろん、ご紹介した切手も同時に購入できるようにと日本郵趣出版さんと郵趣サービス社さんとの間で体制も整えてくださいました。
 集合シートが目に余るだの濫発が過ぎるだのと批判の多い日本切手に辟易しながらも、なかば義務的に買い続けるくらいなら目を世界に転じた方がいいのです。そもそも日本の郵趣シーンは外国切手収集が低調過ぎます。世界広しと言えども、全世界の新切手をほぼ漏れなくオールカラーで掲載している会報は日本の「郵趣」誌以外にはありません。日本人収集家こそ、世界で最も他国の切手を収集しやすい環境にあるのです。
 外国切手はどこから手をつけたらいいのか端緒すらわからない、という声も聞きます。何も難しく考えることはなくて、気に入った切手を買えば良いのです。そうしているうちに、どうしても知識が必要になったら、その時にカタログを買いましょう。そうして必要に迫られて購入したカタログなら、外国語の壁など大きな問題にはなりません。必要があれば何とかかんとか読めるものなのです。
 義務教育で習う中学生英語とインターネットがあれば、いとも簡単に国境の壁を越えられる現代において、「郵趣」誌がもっと外国切手収集を牽引する役目を担ってもいいはずだと思いますし、そのナビゲーター役を私が受け持つことになりました。

 記事自体は難しいことは一切書いていません。どこから手を付けたらいいかわからない人は、ご紹介する切手を1枚(組)ずつ買ってみてください。1年もすれば見て楽しい、話のタネにもなって、思わず人に見せたくなるようなコレクションが出来上がることでしょう。どうぞ、ご期待ください!。

|

« まだまだ修行不足の身で | Main | マイクロ文字によるモンタージュ表現 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/2581895

Listed below are links to weblogs that reference 新連載:

« まだまだ修行不足の身で | Main | マイクロ文字によるモンタージュ表現 »