« 本館サイト更新 | Main | これも立派な変わり種切手 »

November 01, 2004

世界最小サイズの小型シート選手権大会

041101.gif

 月が開けたので、またまた閲覧者参加企画をひとつ。「こんな小型シートは嫌だ!」ではなく(笑)、世界最小サイズの小型シートをリサーチしましょう。まずはノミネート券種を私のコレクションの中から提示します。
 左がコロンビア1960.5.28発行・縦56mm×横46mm=25.76平方センチメートルで暫定1位。右も同じくコロンビア1960.10.24発行・縦49mm×横55mm=26.95平方センチメートルの暫定2位です。ミニマム競争ですからおのずと小数点以下の戦いになりそうです。それこそ「選手権大会」っぽくっていいですねー。これを下回る券種をお持ちの方がいらっしゃいましたらコメントをつける形でご参加ください。
 これだけ小さいと小型シートの定義も申し合わせておかなければいけないと思います。が、めんどくさいので(こらこら)カタログで小型シートの分類になっているものはOKにします。どれとは明記しませんが、小型シートの扱いに冷淡なカタログもあるので、さしあたってミッヘルカタログで認められているもの(Blockの記載があるもの)にします。ミッヘルカタログをお持ちでない時は私が調べますんで、その旨お知らせください。

 日本ではごく普通に「小型シート」と呼んでいますが、英語圏ではSouvenir sheet(s)とかMiniature sheet(s)と記します。これを略してS/SとかM/Sという略記もまたよく使われています。小型シートなる郵趣用語を逆翻訳してSmall Sheet(s)の略だと誤解しているあなた!、そうあなたです。それ、思いっきりマチガヒですよ。そう思い込んでいる人がいるはず。いやいや、いるってホントに(笑)。

|

« 本館サイト更新 | Main | これも立派な変わり種切手 »

Comments

ドイツ語では、Kleinbogenが小型シート。
ただし数枚の切手が収めてあるもの。
悪名高い10面シートはコレです。

選手権に参加してくるような小さな小型シートは、
Blockといい、ミッヘルでは発行順にBlock1,2,3,4,と
ふっていきます。

Posted by: ぞるげ | November 01, 2004 at 02:03 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/1824977

Listed below are links to weblogs that reference 世界最小サイズの小型シート選手権大会:

« 本館サイト更新 | Main | これも立派な変わり種切手 »