« 2004年・話題の世界新切手 | Main | 猫切手・・・ではないけれど »

October 11, 2004

他国救援のための寄附金付き切手

041011.gif

 昨日は早起きしてスタンプショウはかた'04に出かけてきました。博多は台風22号の直撃こそなかったものの、夕方まで小雨が続いていました。それでも九州最大の郵趣イベントですから、鹿児島から旧知の吉利さんも九州新幹線つばめで来られるなど、大催事ならではの楽しみもたくさんありました。仕事の関係で今年はJAPEX参観はたぶん無理っぽいので、あとは切手のフリーマーケットin広島を残すのみとなりそうです。
 また、来年のJPS会員大会は博多で開催されることから、特別にスタンプショウはかた'05は会員大会と一緒に行なうプランだそうです。参加者は少なく見積もっても120名はあるでしょうし、さぞかし盛況な集まりになることと思います。今から楽しみです。

 今回も外国切手を中心にいろいろ収穫してきました。中でもこれはちょっとうれしかったです。オランダの水害救援のための寄附金付き切手2種です。が、ご覧の通り発行国はオランダではなくアイスランドです。他国の自然災害救援のための寄附金付き切手というのは、他ではちょっと記憶にないです。こういう券種をなにげに揃えている福岡スタンプさんはうれしいですね。福岡は恵まれています。うらやましいです。次はよりセンターのいいミントあるいは実逓カバーが欲しいところです。
 これもモトを正せばかつて「郵趣」誌の記事で紹介されていました。たぶん、記憶している人はほとんどいないんじゃないかと(笑)。折に触れてお話したことがあるように、私は郵趣が届くと隅から隅まで全部読んで、自分に関係しそうな記事はすべて画像もスキャンしてデータベースに記録することにしています。スタンプマガジン誌然り、フィラメイトも然り、外国郵政から届く広報誌等のたぐいもまた然りです。
 特に訓練したわけでもないのに、昔から自分の手を経た切手類はほぼ全部記憶しているという特技があり、売っ払ったしょうもない満月消なんかもなぜか見覚えています。だもんで、データベース構築作業で画像スキャンなんかすれば、もう100パーセント丸覚え。細かいことどもは無理ですけど、少なくとも画像の記憶はしっかり脳裏に焼き付きます。ですんで、間違って二重買いしたりすることもないです。しかし、いずれ記憶力は落ちてくるでしょうから、その時こそデータベースが役に立つだろうと期待しているところです。

 最後になりましたが、台風22号の間隙をぬってスタンプショウはかた'04初日に飛んで来て講演をし、翌日朝一番の飛行機で東京にトンボ返りするという離れ業をやったDOCTORイノウエくん、ごくろうさまでした。それにつきあった田中くんもまた大変ごくろうさまでした。

(アイスランド1953年発行/購入参考価格:600円)

|

« 2004年・話題の世界新切手 | Main | 猫切手・・・ではないけれど »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/1647559

Listed below are links to weblogs that reference 他国救援のための寄附金付き切手:

« 2004年・話題の世界新切手 | Main | 猫切手・・・ではないけれど »