« Les Amis de <5118> No.41届く | Main | 郵趣研究No.60届く »

October 20, 2004

エルトン・ジョンが切手に登場

041020.jpg

 ユーロ2004年サッカー大会の記念切手で円形小型シート(これね)を発行した英領ジブラルタルが元気です。お茶目にもまたこんな円形小型シートを発行してしまいました。

 もちろん、それには理由があります。

 ジブラルタルが英領となって今年で300年になるからです。馴染みの薄い英語ですが「tercentenary」とは300周年という意味です。9月1日にサー・エルトン・ジョン氏が300年記念コンサートを行ったことから発行されました。まったくもってうらやましー!。日本じゃあこういう切手を出そうなんて発想自体がないですよね。
 エルトン・ジョンはもちろん現存する人物だし、スーツの柄はさすがショウ・マン・シップに溢れている人柄がにじみ出てるし、サングラスもかけてるし、おまけにヅラまでかぶってるんですよ。え?、ヅラの話題はまずいの?。いやてっきりみんな知ってるものとばかり・・・

|

« Les Amis de <5118> No.41届く | Main | 郵趣研究No.60届く »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/1724792

Listed below are links to weblogs that reference エルトン・ジョンが切手に登場:

« Les Amis de <5118> No.41届く | Main | 郵趣研究No.60届く »