« 史上最小?の切手帳 | Main | 簡易保険新規加入者への贈呈カード »

September 27, 2004

なんじゃこりゃ?無目打の切手帳

040927.gif

 北朝鮮切手はなかなか一言では語れないものがあります。建国初期の切手は郵趣的にも面白い特徴を備えているのですが、1970年代以降の切手はありていに言うとマトモに相手なんかしていられないほどの低レベルです。それを物語る悪い意味での端的な例は、意図的な無目打切手の発行です。わざと無目打切手を少数発行し、目打あり切手よりも高い値段で販売しています。まあ、マトモな国がやることじゃない。その無目打切手発行政策を切手帳にまで応用すると、はいこの通り、無目打の切手帳なる訳わからんアイテムの一丁上がり!(笑)。
 切手帳は本来、携帯用の利便性から考え出されたスタイルです。携帯時に切手が痛まないよう保護するために表紙が付けられ、さまざまな場所で必要のつど切手を切り離して使うのが切手帳です。単なるお飾りやプレミア目当てで表紙が付いているのではありません。それなのに肝心の切手に目打がついていないんじゃあどうやって使えちゅーんじゃい?。

 例えば●●労働党の優秀な工作員がですよ、密命を帯びて●●度線付近に侵入したとしなはれ。予定通り無事に任務遂行中である旨の連絡をしようと切手帳を出した。がーん!目打がない!。これでは報告ができないではないか!。しかたなく工作員くんは切手を折り折りして一生懸命切手を切り離そうとビリビリしちゃったりなんかしまさぁーねぇ。すると、その音を聞き付けた国連監視軍兵士にばきゅーん!。

えらいことである

【注】工作員が業務報告をおマヌケにも郵便で送るこたぁねえだろう!とか、そういう夢のないことは、わかっていても決して口に出して言わないように。

(北朝鮮2000年発行/購入参考価格:1,800円)

|

« 史上最小?の切手帳 | Main | 簡易保険新規加入者への贈呈カード »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/1530864

Listed below are links to weblogs that reference なんじゃこりゃ?無目打の切手帳:

« 史上最小?の切手帳 | Main | 簡易保険新規加入者への贈呈カード »