« 郵便使用目的の偽造切手 | Main | なんじゃこりゃ?無目打の切手帳 »

September 26, 2004

史上最小?の切手帳

040926.gif

 切手のギネスブックに項目自体が設定されていないのでほんとうのところはよくわからないのですが、たぶん、おそらく、きっと、これが史上最小サイズの切手帳ではないかとニラんでいます。切手帳表紙サイズが縦32mm×横108mmで、面積は34.56平方cmしかありません。箸袋の半分といった感じです。
 ローランド・ヒル没後100年記念切手の横ペアを3組ホッチキス止めした体裁で、ばらすと上図のようになります。売価は額面合計通りの7.60ドルのままでプレミア上乗せもしておらず、一体何のためにこんなミニチュアな切手帳を作るべき必然性があったのか不思議です。切手帳裏表紙には国際切手展ロンドン1980のロゴ等が印刷されているので、それを狙ったものかもしれませんね。
 これを見ているどこかの郵趣会の会長さん、どこぞの郵便局と組んで、単片1枚+綴じ用左(右)耳紙サイズを納めたゆうぺーんを作りませんか?。世界最小サイズの切手帳として確実に切手のギネスブックに載りますよ!。
 なお、現在のセントビンセント・グレナディーン諸島の切手上の表記は「ST. VINCENT & THE GRENADINES 」ですが、この切手では「Grenadines of St. Vincent」となっています。こちらの方が意味的には正しいように思います。セントビンセントに属する小島の総称がグレナディーンズ諸島なのですから。

(セントビンセント・グレナディーンズ諸島1979年発行/購入参考価格:1,500円)

|

« 郵便使用目的の偽造切手 | Main | なんじゃこりゃ?無目打の切手帳 »

Comments

 出雲さんへ

 最小記録更新!となれば面白いのでぜひ画像をメールで送って頂けませんか。今も別の方から1件更新情報が寄せられています。出雲さんのぶんも合わせて近日中に整理して記事化したいと思います。

 この調子で世界最大の切手帳なんてリサーチテーマはどうでしょう?。世界最小の小型シート、というネタも抱えていまして、自分だけでは確信が持てなくてまだどこにも書いていませんし、ブログに載せたらみなさん協力して探していただけるなら大変ありがたいのですが。

Posted by: DIRECTORスギヤマ | September 30, 2004 at 09:15 AM

画像をアップすることが出来ず申し訳無いのですが、
仏領ポリネシア、1996年3月発行の切手帳(scott#678Ab)がですね、表紙サイズ26mm×79mm、面積にして20.54平方cmであります。大き目のチュゥインガム、といった印象です。
中身はと言うと、セルフ糊式切手(日本の通常切手とほぼ同じ大きさ)の5枚ペーンが、3枚目のところで折った状態で収められています(2ペーン入り)。

というわけで、こちらの方が世界最小かと思われますが、如何?

Posted by: 出雲欽也 | September 29, 2004 at 02:38 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46050/1528027

Listed below are links to weblogs that reference 史上最小?の切手帳:

« 郵便使用目的の偽造切手 | Main | なんじゃこりゃ?無目打の切手帳 »