« July 2004 | Main | September 2004 »

August 2004

August 31, 2004

屋久島の安房郵便局

040831.gif

 昨日のYARUSHIMAつながりで日本のことも書くことにします。屋久島に安房郵便局という集配特定局があります。ここは長い間、青色インクの和文ローラー印を使い続けていたことで有名です。上の小包カットに押されている日付は昭和61年12月16日で、同様の青色誤色例は、私が持っているものでは平成元年のものまであります。もっと早い例・遅い例もありえると思います。かくも長期間にわたって使い続けられたことは、すなわちどこからも誰からもミスを指摘されていなかったことを意味しているわけです。はい、素直にたいへん珍しい例と言っていいでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2004

日本の誇る世界遺産YARUSHIMA?

040830.jpg

 ユネスコ創立50年を記念してモルジブが発行した世界遺産シリーズの1種です。6種集合シート(1枚はタブ)の形でタージマハールなどとともに日本の屋久島も取り上げられました。たいへん名誉なことですが致命的なミスが!。わかりますか?。印面左下に記されている名称のスペリングが「YARUSHIMA(JAPAN)」と間違ってます。
 インターネットのおかげで欧米のディーラーさんとの取り引き(個人輸入)がごく当たり前になってから気付いたことがありました。私たちがガッコで習った英文字の書き方と、実際にかの国々の人たちが書いているのとはずいぶん違うなーということです。「K」と「R」はとりわけ紛らわしいと常々思っていました。このスペリング・ミスを見てケシカラン!と憤怒される向きもありましょうが、個人的には「なぁ〜んだ、連中も読み取り間違えてるんだー」と妙に安心もした次第です。
 なお、ミスによる回収は行われていませんし、訂正版による再発行もなされていません。

(モルジブ1995年発行/購入参考価格:シートで980円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2004

フィンランドの最新ムーミン切手

040829.jpg

 フィンランド大使館にお勤めの木村正裕さんが、同国ご出張の折に最新のムーミン切手を送ってくださいました。改めて記するまでもなくフィンランドはムーミンのふるさとで、作者のトーベ・ヤンソン(Tove Jansson)の生誕90年切手として今年8月9日に発行されました。
 切手と一緒に送っていただいたフィンランド郵政発行のパンフレットによると、この切手は同国初のフロックコート紙切手でもあると書かれています。フロックコート紙(Flock Coated Paper・植毛紙)とは、紙の表面に0.3ミリ以下の短繊維を植毛したものです。植毛後にその上から印刷をするので図案の鮮明さは減じてしまいますが、何よりも絨毯のような柔らかい触感が特徴です。
 世界初のフロックコート紙切手は、2003年1月19日に中国香港が発行した年賀4種(龍・巳・馬・羊)です。この時は短繊維に本物の羊の毛を混植したことでも話題になりました。その後、ロシアの2003年用クリスマス切手、シンガポールのFIFA100周年記念切手4種と続き、このムーミン切手は世界でも4番目のフロックコート紙切手にあたります。つまり、昨年実用化されたばかりの新技術なので、今からでも全世界のフロックコート紙切手は完集できるのです。
 その手触りからベルベット・ペーパーとか他の呼び名が付いていることもありますが、モノは同じフロックコート紙ですから心配はいりません。そもそもこの技術を持っているのは、現時点ではフランスの切手製造会社カルトール社ただ一社のみだからです。このムーミン切手も同社製で、さらにムーミンの形のエンボス加工も施されています。実はカワイイだけの切手ではなくハイテク切手でもあるのです。

※図版は左から
・フィンランド2004年発行「トーベ・ヤンソン生誕90年」/購入参考価格:210円
・中国香港2003年発行「年賀4種(龍・巳・馬・羊)」/購入参考価格:1,400円
・ロシア2003年発行「クリスマス」/購入参考価格:150円
・シンガポール2004年発行「FIFA100周年」/購入参考価格:660円

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 28, 2004

マルビナスはアルゼンチンのものだ!

040828.jpg

 切手を本格的なプロパガンダの手段としたのはヒトラーだと言われています。さりながら近年では極端な形での政治利用は流行らないようです。それでも実例が全くないわけではなく、郵趣家ならばここに掲げました例はぜひ覚えておいてください。
 1982年4月2日、アルゼンチンがマルビナス(英名フォークランド)諸島を占領しました。当時のサッチャー首相の即断により同月5日にはイギリス軍が奪回のために出動。はるばる大西洋を斜めに横切ってまで派遣軍を送り込み、6月12日に島都へ全面攻撃を行い、同月14日にアルゼンチン守備隊が降伏して、かの「フォークランド紛争」と呼ばれた局地戦は幕を閉じました。
 フォークランド諸島がイギリス領となったのはかつての大英帝国時代のなごりで、地理的にはアルゼンチン領でもおかしくはありません。ただ、アルゼンチンの内政がひどかったため、国民の不満の目をそらすためにいきなり領有してしまったのは分が悪い。アルゼンチンを支持した国は?と問われるとちょっと思い出せません。当のアルゼンチンも、まさかイギリスが本気で武力行使をすることはないだろうと甘く見ていたフシもあります。
 紛争の最中の4月22日、アルゼンチンはLAS MALVINAS SON ARGENTINAS加刷の切手を発行しました(左)。LAS MALVINAS SON ARGENTINASとは英文でMalvinas is Oursの意味です。日本語で言えば「マルビナスはアルゼンチンのものだ!」です。アルゼンチンは調子に乗ってサウス・ジョージア島、サウス・サンドウッチ島もカシェに加えたFDCまで発行してしまいました(右)。
 実際に郵便に使われた例は1回見たかどうか?。1700ペソもの額面を見れば、ロクでもないインフレ状態だったことも容易に知れるわけで、戦争の勝敗がつく前に「ダメだ、こりゃ!」と想像つくわなあ。なお、この切手には普通紙と蛍光紙の2タイプがあります。

(アルゼンチン1982年発行/購入参考価格:単片150円、FDC500円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2004

誰がサルやねん!

040827.jpg

 至ってマトモそうに見えて実は訳わかんないのがこのおさるさん切手です。描き方も丁寧だし切手の出来も上品だし、いったいどこがおかしいの?、とお思いでしょう。この切手は4種セットのうちの1枚なんです。
 他の3種はライオン、チーター、ツノメドリで、確かにタンザニアに棲息しています。そこへ何の脈絡かこのニホンザルの1種が加わってワンセットなのです。なんでいきなりニホンザルがエントリーなん?。これ、そこのニホンザルさんよ、不思議そうな表情でこっちを見ないでくれないか。不思議なのはお前さん自身の方なんだよ。

(タンザニア1999年発行/購入参考価格:4種セットで350円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2004

Searching for Bobby Fischer

040826.gif

 ボビー・フィッシャーを探しました。これです。おわり(こらこら)。

 時の人と言えば元世界チェスチャンピオンのボビー・フィッシャーでしょう(そうか?)。世にチェス切手は多いものの、私がターゲットとする種類のアイテムはほとんどなくてとんとご縁がありません。この人、何やら長いこと消息不明だったのが、今年2004年7月14日に成田空港からフィリピンに出国しようとして入管法違反の疑いで東京入管成田空港支局に収容されたというニュースを聞き、そう言えばどっかで聞いたことがあるよーな、ないよーな。んで、改めて調べてみたら出るわ出るわ、この人の切手はいっぱい発行されていました。北朝鮮切手にまでご登場なさっていました。なぁ〜んだ、郵趣の世界でも有名人じゃん!。
 チェスの実力とは全く別次元の話で、思想的にいろいろ癖のある方のようでございます。私が例え話でよく使うフレーズ「お友だちになってもいいけど近所に住んでたら困る人」どころの水準じゃあないらしい。まあ、天才というのはえてしてその才能をはずしちゃったらただの「町内の迷惑オヤジ」だったりするものですからねえ。あのダビンチやアインシュタインだって・・・てな話はまたいずれ。どうです、これを機会に世界の嫌われ者切手でも集めてみませんか?。私はいやですけど・・・

 切手の世界ならボビー・フィッシャーを探すのはいとも簡単です。

(チャド1983年発行金箔切手/購入参考価格:$10.00)

※慎んで訂正/すんません、カテゴリを間違えました。変り種切手ではなく正しくは変わり者切手でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2004

奇妙なフジヤマ

040825.gif

 発行当初からずぅーっと気になっていました。

 イランが発行した日本国際切手展2001記念切手2種です。発行当時の「郵趣」誌でもその旨が記されていたので、そん時にちゃっちゃと買っときゃ良かったのですよ。そこはそれ、今まで隠していましたが実は私は大雑把な性格で有名なイタリア人なので(うそ)つい買い漏らしてしまいました。イラン、イラク、北朝鮮そして政治方針が180度変わったもののまだ解禁になっていないリビアなど、後になって(特に)アメリカのバイヤーから改めて買おうとすると「扱ってません」になることが多いのです。いや、多いどころじゃなく「ほぼ全滅」です。多少高くても国内業者さん経由の方が確実に入手できる国もあるのですよ。
 何が気になっていたかというと、右の切手は一般に日本人がイメージしている富士山とはかなり違う姿をしている点です。普通はさあー、この角度からは撮影しないよなー、じゃありませんか。険しいイメージのずいぶん野趣に満ちた写真でしょう。撮影者そして切手デザイナーさんがどのような美意識で富士山を理解していたのか非常に気になります。ただの国際切手展便乗ジャポニカ切手ではないなと。
 はてさて、撮影ポイントは一体どこなのでしょうか?。できることなら、どなたか割り出していただけないものでしょうか?。

(イラン2001年発行 左・ダマーバンド山、右・富士山/購入参考価格:2種で200円)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 24, 2004

イギリス郵便ストのクーリエ・ラベル

040824.gif

 「英国病」という言葉を耳にしたことがありますか?。現在では想像しにくいことですが、1970年代のイギリス郵政は、ことあるごとにストを打っていました。上図は最も有名な1971年1月に決行された郵便ストの時に、民間クーリエ郵便業者によってあまた発行された郵便切手もどきのラベルのひとつです。
 郵政当局のかわりに実際に郵便集配業務を代行した例は少なく、収集家目当ての使用実体のないラベルの濫発例ばかりが目立ちます。私も一時はコレクション買いなどをして一応は取り組んだものの、じきに「こりゃあ集めても全く無意味だわ!」とわかり、早々に打ち止めにしました。1969年発行の日本切手、切手趣味週間「髪」をそのまんま流用したこの2種だけは何となく手許に置いています。その流れでFDCも手に入れました。もちろん、こういう記念品カバーばかりで実逓使用例は一度も見たことはありません。
 これだけでTHE ENDにしてしまうのもクヤシイ気がしたので、ストの時に日本から差し出されたイギリスあての外信便も手に入れました。鹿児島県で差し出され、福岡の博多局でストップがかかり、その旨の付箋が付けられて差出人に戻されたものです。これをもって本当に終わりにしました。

 切手収集の場合、その時々に適切な情報が得られるとは限りません。むしろ何の資料もないことの方が多いのです。実際に集めてみなければわからないので、海のものとも山のものとも知れないけれど、とりあえず取り組んでみる。で、収集してみたら意味のないことだったと後でわかる場合があります。それもまた恐れずに、です。フィラテリストはチャレンジャーでなくては。

(購入参考価格:ラベル2種とFDCのセットで1000円)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 23, 2004

ナウなヤングはフィーバー!

040823.gif

 1999年、LEGENDS of MUSIC(音楽の伝説)と題する単片6種、小型シート2種の切手がマン島から発行されました。その主題は、マン島出身の3兄弟で構成される世界的なロック・グループのビー・ジーズです。
 小型シートはCDを模したデザインで、中央の丸い部分が円形切手になっています(単片6種は普通の方形切手です)。赤いシート地の90p小型シートにはそのものズバリ、映画とともに主題歌として世界的に大ヒットしたSTYIN' ALIVEの銘が入っています。この時代をリアルタイムに経験した私などは、もうLEGENDになっちゃったのかあーみたいな感慨もひとしおでございますねー。
 先頃、深夜のテレビでサタデー・ナイト・フィーバーをやってました(右図はそのDVDのパッケージ)。ペンキ缶を下げて歩いてくるジョン・トラボルタ、そのBGMにはビー・ジーズ、この映画の導入部に久しぶりに見入ってしまいました。もう、何と言ったらいいか、ロクでもないダメなくず人間総出演の映画で今から思えばB級臭いっすー。また、これも「今から見れば」の話なんですが、

 すっげーダサい!

 見ているこっちが恥ずかしくなるくらいカッコ悪ぃ〜。ダンスもダサけりゃおねいちゃんたちの髪型もファッションも古臭い。なんでこんなのがウケたんだか不思議な思いがいたします。映画で言えばスター・ウォーズが世に出たがために、特撮に対するそれまでの評判が一気に地に落ちてしまった猿の惑星と似たようなもので、じきにジョンくんもマイケル・ジャクソンちゃんに蹴っ飛ばされ、永らく不遇の時代が続いたそうな。ずうーっと後にパルプ・フィクションでジョンくんが復活した時は驚きましたねえ。
 しかし、ビー・ジーズの音楽だけはなぜか、否、やはり古臭さを感じさせません。文字どおりLEGENDにふさわしい。嗚呼、ナウなヤングだった私もトシをとってしまった証なのでしょう。合掌(泣)。

(マン島1999年発行/購入参考価格:小型シート2種で1000円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2004

どうせやるなら

040822.gif

 消印のゾロ目・連番集めも作る機会が減って、かつてほどの盛り上がりはありません。その時は頭に血が上るような気分でばんばか作っちゃったけど、すっかり飽きちゃったなー、な人が多いです。そもそも単なる数字のゴロ合わせに過ぎないので所詮は消印のオアソビ。郵趣的に価値があるものでもなく、売るにも売れず持て余している人はゴマンといることでしょう。

 そうですねー、どうしても引き取ってちょーだいっつーんだったら貼付切手額面の半分以下だったら、まー、私も買ってあげてもいいけどさー。ええ、それがイヤなら別に売ってくれなくてもいいです。その手のもんは他に持って行っても売れませんよー、みたいな(鬼!)。

 そんな冷えきったジャンルでも、これはなかなかのものですよ。特に説明はいらないでしょう。さすが関西のようで関西でなく、名古屋文化圏のようでそうでもないニュートラルなポジションを不動のものにしている三重県!。ただの駄ジャレにわざわざ記念小型印まで作っちゃったところがすごい!。十中八九、企画倒れだったろうと思うので(笑)押印数は少ないことでしょう。今となっては集めにくい、数少ないレアなアイテムだと思います。

 これくらいクダラないと逆に輝きが増すものであることよなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2004

アーノルド・シュワルツネッガー知事の切手

040821.gif

 2004年7月30日、ハリウッドスターにして現アメリカ・カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガー氏の切手が母国オーストリアから発行されました。切手に「GOVERNOR」と赤文字で特記してあるように、政治家として発行しましたよ、という意図が伝わってきます。ここではCMでカップヌードルを大喰いしていた「シュワちゃん」のくだけたイメージは微塵も感じられません。かっこ良過ぎー!(笑)。
 オーストリアでは記念切手は長年、死去した有名人だけが対象でしたが、2003年1月の規則改正で、現在、第一線で活躍する人々も対象にすることができるようになりました。2004年1月に発行された「小沢征爾」切手が発行されたのもそれが理由です。

(オーストリア2004年発行/購入参考価格:280円)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 20, 2004

こんな参加の仕方では意味がない、かも?

040820.gif

 アテネ五輪の衛星生放送を見過ぎて睡眠不足のみなさん。ここらあたりで一息ついてください。旧北イエメンが発行した東京オリンピック記念切手9種のうちの3種です。はい、何のヘリクツもございません。どうです、ここまでオリンピック・マーク(正式にはオリンピック・シンボルと言います)を好き勝手にいじってくれると、かえってほっとしますねー、スガスガしいですねー。縦でも横でもちょびっとカーブつけても、とにかく輪っかが5個並んでりゃエエみたいな。ニンゲンはおおらかなのが一番さっ!。

 違うと思うんだけどなー(笑)

(北イエメン1964年発行/購入参考価格:完セットなら高いんですが低額のバラ買いなら1枚50円もしません)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2004

二重通貨表示切手

040819.gif

 日本とは伝統的に友好関係にあるものの、何となくつい最近まで内戦ばっかりしていたような、そんな印象しかない「遠くて遠い国」エルサルバドル。実際、私とてろくすっぽ知識も体験もありません。それでも、その時々の国や地域の情報の片鱗を知ることができるのが切手収集の良いところです。
 郵便料金を示す額面が2通りあるのがおわかりでしょうか。アルファベットのCに斜線が入った通貨記号、これがエルサルバドルの通貨コロンを示しています。その下にお馴染みのドル表示があります。これを二重通貨(Double Currency)表示切手と言います。EU各国は2002年1月1日の通貨統合を前に、暫定措置として自国通貨とユーロの二重表示をした切手を発行したのはよく知られているところですが、エルサルバドルの場合はそんな明るい未来を目指してのことではありません。自国通貨が信用の面でほとんど死に体でして、はっきり言うと自国通貨コロンは、もうてんでアカンですんで、この際、アメリカドルを基本通貨にしますー!と自分からゆっちゃった国のひとつです。経済基盤が脆弱なため1米ドル=8.75コロンの固定相場制でもあります(2001年〜)。アメリカに出稼ぎに行っている身内からの送金(家族送金)が年間21億ドルにも達し、これがお国の外貨収入に大きく貢献しているというのですから要は経済破綻すれすれっつーことです。
 国家が危機的状況にあってもなお、否、そういう時だからこそ教育は重要なのだと訴えているのがこの2種の「アメリカシリーズ/教育」です。アルファベットのabcdに続いてeducacion(教育)と並んでいる文字遊びの面白さとは裏腹に、知識が子どもの頭の中へと詰め込まれているようでシュールですねえ。ピクトグラム風に描かれた、腰に手を当てている先生らしき人形(ひとがた)の姿も妙に恐いし(笑)。どっかの中学生が思いつきだけで描いたポスターみたいなデザインですけど、腰砕けになるような安い切手ですんで、ま、いいでしょ。

(エルサルバドル2002年発行/購入参考価格:2種で60円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2004

既に実用化されている電子切手

040818.gif

 あらかじめ認証を受けておけば、いちいち郵便局に出向かなくても自宅のパソコンとプリンタを使って郵便料金前納証紙をシールにプリントすることができ、そのシールは郵便切手と同じように郵便物に貼って使うことができる。そんな夢のようなシステムは、実は夢ではなくアメリカでは実用化されています。これを電子切手と言います。

 1999年8月9日、アメリカ郵政公社は、インターネットで切手代金を購入し、自宅のパソコンのプリンタで封筒などに印刷できる電子切手の発売を認可しました。認可されたのは「スタンプス.コム」と「イー・スタンプ」というカリフォルニア州のふたつの会社です。 2社同時に認可を与え、よりよいサービスを競わせるあたりがいかにもアメリカらしいですね。翌2000年にはイー・スタンプが、営業コスト高を維持できないとして事業からの撤退を余儀なくされ、現在はスタンプス.コム1社のみが電子切手事業を続けています。図はたまたま自分あてに届いた郵便物に貼ってあったスタンプス.コムの電子切手です(2003.3.11消印)。QRコードの入ったデザインは、クロネコメール便ラベルよりは洗練されている感じですが、さすがに従来の切手のイメージとは程遠いです。セキュリティ情報集約技術に合わせてより「らしく」進歩していって欲しいものです。
 アメリカ以外の国々でも導入に向けて同社と共同研究・開発が続けられていますが、現時点では追随する国は現れていません。

 え?、日本ですか?。いや、もうそりゃあ全然無理!。東京中央郵便局切手普及課なんかネットで記念切手の通販の案内をしているのに「オンラインでは注文できません。郵便局でお金を振り込んでください。」なんて、21世紀になったというのに目眩がしそうなことを平気で要求しているレベルですから。オンラインで売買をするにはクレジットカード会社を経由しなければならず、その際にカード会社に支払う手数料が法律的に問題だとかナンとかイロイロ聞いてはいますが、アラスカからハワイ、グアムまで37cで封書を送ることができる国と、第1種便料金の80円を払ってもトータルでは赤字の日本とではよほど仕組みが違うのでしょう。ええ、電子切手の実用化なんてもうハナっから期待していません。たぶん、このシステムを導入するとしたら民間宅配会社の方が先だと思います。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 17, 2004

世界最初のディズニー切手の秘密

040817.gif

 世界最初のディズニー切手です。1970年にサンマリノが10種セットで発行しました。ディズニー・アニメのキャラクター総出演で、WALT DISNEY PRODUCTION」の表記もあり、最高額面券種にはディズニー自身の肖像写真まで入っています。キャラクターの描かれ方もきちんとしていますし、背景の抽象的なデザイン処理もいい感じで切手としてのできばえも高水準だと思います。
 ところが大問題がありました。それは、事前にディズニー・プロダクションの正式な許可を取っていなかったことが切手発行後になって判明したのです。あのヒトラーでさえ敬意を表して手を出さなかった世界最古の共和国サンマリノと言えども、ディズニー大帝国相手では勝ち目はありません。揉めまくった末に何とか和解に漕ぎつけました。和解が成立したことで回収されることもなく今でも安価に入手できる環境になったのですが、この事件で寝た子を起こすことにもなってしまいました。それは、ディズニー・キャラクターを切手にすれば売れることをディズニー側が知ってしまったことでした。
 この事件をきっかけに、ディズニー・プロダクションはキャラクターの使用禁止ではなく、逆に切手ビジネスへ売り込みをかける方針に大転換しました。その結果、1979年の国際児童年からディズニー・キャラクター切手が全世界を席巻するかのように発行されたのでした。

(サンマリノ1970年発行/購入参考価格:800円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2004

他になかったのでしょうか?

040816.jpg

 古くから有名なミス切手のひとつです。ピトケアン諸島が発行した普通切手1957年シリーズ11種のうちの1枚です。いかにも英領切手らしい風格を備えた凹版2色刷りの素晴らしい切手ですが、この4d切手の説明文「PITCAIRN SCHOOL」はまったくのミス(左)。翌1958年に訂正版が発行され(右)、これには正しい説明文である「SCHOOLTEACHER'S HOUSE」と表示されています。
 郵趣雑誌に掲載されている説明は普通はここまでです。しかし、よく考えてみてください。これ、訂正するなら説明文ではなく図案の方ではないでしょうか。本来、切手の題材として採用するにふさわしい、より公共性の高いのは「PITCAIRN SCHOOL」か「SCHOOLTEACHER'S HOUSE」か。学校の先生の家(持ち家か官舎かは判然としませんが)の方が優先順位が上で、説明文をそれに合わせて変えるのはあべこべだと思いませんか?。
 ところが、十中八九、他にふさわしい題材がなかったと思われるのです。実はこの切手が発行された当時でも島の人口は約100人、現在は50人を下回っています。そもそもピトケアン島は絶海の孤島(無人島)で、そこに人が住みついたのは、なんと、かの有名なバウンティ号反乱事件の犯人たちが逃亡した末にたどり着いたのが起源です。そう、落人の子孫たちが住む島なのです。ですから切手にするような立派な「ピトケアンの学校」なるものが存在したどうか非常に疑わしい。学校の先生もイギリス本国あるいはニュージーランドあたりから派遣されていたでしょうし、先生の社宅がいちばん立派だった!なあ〜んてこともじゅうぶんありえる話で。どなたかチャレンジャーな人がいらっしゃいましたら現地に行って見てきませんか?。
 誤記切手が発行されたのが1957年7月2日、訂正切手が発行されたのは1年以上も後の1958年11月5日。訂正するにしても間が空き過ぎていて、この時差もあやしい。しばらくの間、説明文ミスの事実すら誰も気付かなかったんじゃないかと・・・(笑)。

(誤記切手1957年発行/購入参考価格:100円)
(訂正切手1958年発行/購入参考価格:700円)※訂正版の方が高い切手です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 15, 2004

少ない平行四辺形切手、だが・・・

040815.gif

 変形切手のひとつに平行四辺形切手というものがあります。これは分類基軸としては立派に成り立つものの、世の中に平行四辺形切手なるものの絶対種類数が非常に少ないです。1種1枚で集めたら、おそらく1フレーム分も満たないと思います。ここに掲げましたモンゴルは、社会主義時代に収集家向けのトピカル図案切手をたくさん発行しています。それもオーダーキャンセル切手にして世界中に輸出されましたので、モノ自体はゴミ扱いされるほどにありふれています。種類の少ない平行四辺形切手では、まずモンゴル切手がいちばん目につくはずです。
 そんな背景を背負っているので、モンゴル切手の実逓カバー類(非初日便)はなかなか気に入ったものがありません。収集家もいるにはいたのですが、なんせ社会主義時代はけっこうな貧乏国で、FDC以外はまともな封筒自体もあまりなく、ルックスのすぐれないものが多いからです。平行四辺形切手のカバーを集めたいと思ったら、このような差出人戻し便でもまずは我慢しなければいけません。

 ですが、このカバー、何かおかしいことに気付かれましたか?。

 これ、モンゴル切手を貼って旧ソ連から差し出され、カナダに送られたものの受取人不明で再び旧ソ連に送り返されたものなんです。れっきとした書留便ですから郵便官吏がいちいち手に取って確認する機会はいくらでもあったのに不足料が取られていません。当時のモンゴルでは、切手の製造をモスクワに依頼して作ってもらっていたので、この切手も例外ではなく何となくソ連切手ぽいでしょ?。切手の雰囲気がいかにもソ連切手らしかったので誰も異国の切手だと気付かなかったのでしょう。
 カバーの裏面を見るとモントリオール、エドモントン等々とあちこちに回されて中継印もばんばか押され、ずいぶんと賑やかなありさまになっています。たぶん、当時の収集家のイタズラ差し出しではないかと想像しています(笑)。良い子の皆さんは決して真似をしないようにしてくださいね。もちろん、悪い子ならやっていいという意味ではありません。

(モンゴル1975年発行/購入価格:ヒミツ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2004

なぜか見てしまう入場行進

 今朝方ずうぅーっとアテネ五輪開会式の入場行進を見ていました。真夜中にコンビニに食糧を調達してきてからTVのスイッチを入れたら日本の後、Kの国あたりでした。そのまんま最後のギリシャを見て、おお!ビョークじゃん!っつーところで睡魔に勝てず沈没。
 毎度のことながら、入場行進の国や地域を全部知ってるなんてぇのは切手収集家ぐらいなもんじゃないでしょうか。クリストファー・ネビスだのサントメ・プリンシペだのすらすらわかっちゃう。オランダ領アンチルや中国香港は本国とは別に独自の選手団を送り込んでいるとか、切手収集をしていればなぜそうなのかという歴史的背景もいつのまにか知っているし。最後の行進国ギリシャもやたらめったらヘラース!、ヘラース!と声援がかかっていましたが、その呼称も収集家にはおなじみ。

 別のとある衛星放送でも捕鯨問題を扱う番組をやっているのをたまたま見ました。中米のセントビンセント・グレナディーン諸島に属する小島「ベキア(またはベキュア)島」でも捕鯨が行われていると。もともと捕鯨をする習慣はなかったのが、アメリカの捕鯨船団の中継地になったのがきっかけで、アメリカにならって捕鯨を始めた。今は年間4頭のザトウクジラを捕っているものの、日本が国際捕鯨委員会から脱退したら、ベキアのそれも全面禁止になるのではないかとの危惧を抱えていると。
 ベキア島も名目だけとは言えセントビンセント・グレナディーン諸島本国切手とは別に独自の切手を発行していることは収集家なら知っています。小さな島でさしたる産業もなく、当然、切手を独自に発行するような資金も設備もありません。そこで切手代理発行会社(切手企画・販売エージェント)に名義とそれに伴う切手発行権・販売権を売って収入を得ているわけです。ビジネスとしては合法ですが、実際にその国や地域で当該切手を売っていないとか、あっても実際に郵便に使われていない場合もあったり(額面が高過ぎて適応する郵便がない等)正当性の判断はかなり微妙です。

 ここ数年の間に独立したり国家の枠組みが変わった東チモール、セルビア・モンテネグロも、少人数ながらアテネ五輪に選手を送り込んでいたのはある意味、感動的でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気合いを入れて温泉に入ろう?

040814.gif

 真夏のレジャーと言えば温泉ですね!(無理矢理)。折しも全国の温泉地で偽温泉疑惑が広がっています。ここはひとつ、気合いを入れ直し、真っ当な温泉とは何たるかを考え直していただきたいとの切なる思いを込めて(それほどのモンはないぞ)、気合いの入った温泉小型印をご紹介します。「戦捷祈願温泉祭記念」小型印です。別府局 昭和13年4月1日。
 1937(昭和12)7年7日の廬溝橋事件を発端に始まった日中戦争の翌年で、この頃はまだ日本も景気の良かった時分です。戦争賛美・体制翼賛の旗印がなければ何もできなくなるのはもう少し後の時代ですが、この頃にはそんな社会的風潮の萌芽があったらしいことがうかがえます。ま、しかし、温泉に入るぐらいのことにいちいち戦捷(戦勝と同義)ウンヌンはカンケーないじゃん!と思うんですけどねえー。1961年(昭和36)生まれの私には、なんだか逆におちょくってるように思えます。でも、この当時はマジだったんでしょうねえ。
 記念小型印は戦前からたくさんあります。現在の郵趣シーンではさほど人気がある収集対象ではないので、特別なものでなければ1枚300〜500円程度で入手できます。ただし、人気が薄いぶん、これらを在庫している切手商さんもまた限られますが。切手収集家でなくとも歴史や風俗に興味のある人は、これらを収集してみると面白いですよ。
 なお、この小型印の図案は砂蒸し温泉を題材にしています。砂蒸し温泉と言えば指宿(鹿児島)が有名ですが、別府にもあり今も営業しています。温泉アイテムのコレクターなる人々がいらっしゃるかどうか存じませんが、この小型印は別府における砂蒸し温泉を描いた数少ないコレクターズ・アイテムでもありましょう。あ、私ですか?。私は単に「お笑い系郵趣アイテム」として入手しただけのことで・・・。

(購入参考価格:300円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2004

13日の金曜日にちなむ恐い切手

040813.gif

 いかなパチもん切手好きな私でも、それらを無定見にネット上に出すことは慎んでいます。収集家目当てのいかがわしい切手が実在していることや、それらはどういうからくりで世に出ているのかを全く知らない人も多いので(と言うより知らない人の方が多いので)、無価値なものと知らずに大枚を投じるような過ちを助長するようなことは慎まなければいけないと思うからです。
 しかし、ほとんどが駄作のパチもん切手の中にもたまにマグレ当りがあります。折しも今日は「13日の金曜日」、これにちなんで特別に恐いアイテムをご紹介します。念のため、これもパチもん切手の一種で本来は無価値なものですからくれぐれも誤解のないように。
 実際は切手企画発行エージェントが発行したキルギスタン名義の「20世紀の夢」と題するシリーズのひとつです。海運王オナシス氏に割れたワインボトル片手に襲いかかるオペラ歌手マリア・カラス(実生活でもオナシス氏の永年の愛人であった)。飛び散る赤ワインか血飛沫か!?。そんな凄惨な場面にも背を向ける冷淡なジャクリーン夫人(元ケネディ大統領夫人)。タイトルを「20世紀の悪夢」とするべき内容です。
 この3者のスキャンダルをご存知ない若い世代の人には?なアイテムだと思います。そこはそれ、各自で改めてお勉強してください(笑)。実際にこんなシーンがあったかどうかはわかりません。夢か悪夢か幻か・・・

(キルギスタン1999年発行/購入参考価格:800円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2004

擬似目打切手の最高峰

040812.gif

 目打をデザインに取り入れた切手は世界中に数多存在します。何の説明もなく切手であることを理解させることのできるグラフィック・エレメントとして、目打の形状がいかに人々の意識に浸透しているかを物語っています。本当は目打穴は空けられていないのに目打を模したデザインを用いることで別のグラフィック・イメージを表現した切手を擬似目打切手(ぎじめうちきって)と呼んで収集・分類しています。
 中段に掲げたイスラエルの小型シートはその最高峰ではないかと思います。擬似目打切手ウオッチャー(笑)として自分ではかなり自信を持っていたのですが、これを初めて見た時はさすがに視神経が混乱しましたねえ。表面図だけでは、どこからどこまでが切手なのか、たぶんわからないと思いますので、小型シート裏面と切手部分だけを切り抜いた画像も掲げておきます。長方形の切手2枚横ぺアだけが切手で、他は全部シート地の「模様」です。面白いことはよくわかりますが・・・コンセプトは何や?、と思わず呟いてしまった私でした。
(上段左 ポーランド2002年発行「世界郵便の日」/購入参考価格:230円)
(上段右 オランダ2003年発行「切手収集」/購入参考価格:120円)
(中段・下段 イスラエル1983年発行「全国切手展TEL AVIV'83」/購入参考価格:5,500円)←このむやみな高さもギモンだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2004

キウィ1ドル円形切手のバラエティ

040811.gif

 1988年10月9日、ニュージーランドがキウィ$1.00円形切手を発行した時は世界中の収集家の注目を集めたものです。今から思えば陳腐に過ぎる保守的な感覚ですが、当時はまだニュージーランドのような真っ当な国が円形切手を発行するなどということはエポック・メイキングな事件だったのです。そのデザインはアール・デコを思わせる優雅な描線、渋い深緑色インクを用いた収集家好みの凹版印刷でした。もちろん、評判もたいへん高いものでした。その後、ほぼ2年に一度の割合で色を変え、版式も平版に変更になるといった推移を経て、今ではちょっとしたミクスチャーからも拾い出せるほどです。
 身近な存在になったキウィ円形切手ですが、1999-2000年のミレニアム・イヤー関連でバラエティが存在します。1999年12月31日、1997年発行切手(左)のシート地に太陽が金色インクで加刷された「1999年最後の日の入り」記念切手(右)が発行されました。単片だけでは区別がつきません。ミレニアム関連切手の視点が強調されて見落としがちですが、加刷切手のガッター部には、当時のニュージーランド郵政のホームページアドレス(URL)も表示されています。シート地とは言え、切手にURLが表示された数少ない前世紀発行切手のひとつとしてぜひ入手しておきたいものです。
 ちなみにこのURLは今でもアクティブで、同国郵政のStamps Centreにつながります。興味のある方はhttp://www.nzstamps.co.nzへどうぞ。
(ニュージーランド1997年発行/購入参考価格:単片200円)
(同1999年発行ミレニアム加刷/購入参考価格:ガッターペア500円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2004

世界最大の切手「平和のマンダラ」

040810.gif

 先ごろ一般のニュースでも報道されていたのでご存じの方も多いことでしょう。日本の某NPO法人の呼び掛けで世界各国の人が参加して作られたパッチワーク製の巨大曼陀羅を題材にした記念切手です。売上金の1/3はNPO活動のネパールでの学校建設資金に、残りはモンゴルでの教育予算などにあてられるとのこと。シートは縦290mm×横199.5mm、マンダラ切手は縦186mm×横135mm(実測値)で世界最大の切手とのふれこみ。いやぁ本当にでかいです。
 セルフ糊式で裏面にはモンゴル語、英語、日本語で図案説明が印刷されています。発行の経緯からしても、これはもう明らかに切手企画・発行エージェントが動いて発行に至ったものとわかります。エージェント物は概していいかげんな切手が多いのですが、たぶん日本の印刷会社の手によるものでしょう、たいへん良くできています。印刷精度も緻密で雑なところがまったくありません。NPO活動資金にも使われることですし、こういう場合はきちんと製造銘版を入れて欲しかったです。単なる話題作りのための切手に終わらない秀逸なできばえです。
(モンゴル2004年発行/購入参考価格:1,500円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2004

ルレット目打の三角切手

040809.gif

 1957年11月17-23日、テルアビブで開催された国際切手展TABILの記念切手です。昔から名品との誉れ高い切手ですから収集歴の長い人は一度は目にされたことがあると思います。十二星座を描いた小型シートで、右図の赤線位置にルレット目打が施され、単片にばらすと4種の三角切手になります。これも言われて初めて気付くことですが、アラブ土侯国などのまがいもののラベル切手などを除いた真っ当な切手発行国で、三角切手とルレット目打の組み合わせは少ないようです。私の郵趣データベースではこれ1点しか見当たりません。他をご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントをお願い致します。
(イスラエル1957年発行/購入参考価格:500円)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 08, 2004

気の早い切手

040808.gif

 旧共産圏国家のひとつであったブルガリアも社会主義からの脱却を目指しています。非常にわかりやすいので、まずは外務省ホームページの記述を部分引用します。

 「99年12月のヘルシンキ欧州理事会においてEU加盟交渉開始国となることが決定され、2000年2月、EU加盟交渉が公式に開始された。2002年11月、NATO首脳会談においてNATO加盟招請を受け、2002年12月、コペンハーゲン欧州理事会においてEU加盟に向けた新たなロードマップの提示が行われた。」

 そして今年2004年5月1日、旧共産圏東欧諸国を含む10ケ国が新たにEUに加盟しました。新加盟国はチェコ、エストニア、キプロス、ラトビア、リトアニア、ハンガリー、マルタ、ポーランド、スロべニア、スロバキア。はい、ブルガリアの名前は・・・どこにもありません。EU加盟にあたっては政治・経済上の様々な 条件をクリアしなければならないのですが、残念ながらブルガリアは期日までに達成できなかったのです。
 このユーロ協賛切手が発行されたのは2002年1月3日。EU加盟したい気持ちはわかる。共産時代から日本との外交関係も良好で何とかしてあげたい情もある。でも、こればっかりは致し方ありません。はい、気の早い勇み足発行の切手です。
(ブルガリア2002年発行/購入参考価格:150円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2004

無額面切手流行のきっかけ

040807.gif

 無額面切手の歴史は意外と古く1850年代に一部の英領植民地で発行されています。ただし、その歴史は継続的なものではなく、中国内戦時期の悪性インフレに対応するために発行された「国内速達・書留用」表示無額面切手(1949)など、極めて例外的・散発的なものに過ぎませんでした。それが全世界的に広がるきっかけを作ったのが、今日ご紹介する3種のアメリカ切手です。
 左の2種は1975年に発行されたクリスマス切手です。一回の発行枚数が億を越えるアメリカのこと、郵便料金値上げの議会承認を待ってから印刷を始めたのでは発行に間に合わなかったため、やむを得ず無額面で発行されました。発行時は10セント切手として販売されました。
 引き続き1978年、またもや郵便料金の値上げが議会承認に手間取るという場面が起きましたが、アメリカ郵政は1975年の教訓から大胆なアイデアを導入しました。それが右端の通称「A切手」です。これは国内封書基本料金であることを意味し、実際には15セント切手として販売・使用されました。このA切手は何の混乱も起こさなかったため、以後、アメリカはB、C、D式に記号表示型の無額面切手を現在も発行し続けています。これが現在、全世界的に流行している無額面切手導入の直接のきっかけになりました。
 旧ソ連の崩壊後、東欧圏(旧共産圏)やNIS諸国では強烈なインフレに見舞われたことが直接の理由となって無額面切手の手法が使われました。また、大きな額面数字を表示しなくても済むデザイン上の利点、郵便料金が変わってもそのつど新切手を発行しなくても済むコスト上の利点も大いに着目され、今も無額面切手を採用する国々は増え続けています。現時点で無額面切手を採用しているのは、アイルランド、イギリス、イスラエル、オーランド、カナダ、コロンビア、ジブラルタル、シンガポール、スウェーデン、スペイン、スロベニア、中国香港、ナミビア、フィンランド、ブラジル、ベルギー、ラオスなどです。今世紀に入り、無額面切手はすっかり「ごく普通に見られるもの」に変わりました。日本にはまだないこの制度、特に新発行の外国切手には注意して観察してみてください。
(クリスマス切手2種1975年発行/購入参考価格:220円)
(A切手1978年発行/購入参考価格:110円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2004

新着切手から

040805.gif

 アテネ五輪まで約一週間。タイムリーに同大会の記念切手をアップします。フランスが発行したアテネ五輪記念切手です。新着切手なので実は詳細がまだぜんぜんわかってないんですが、とにかく「なにこれ?」度が高かったので速攻で公表することにしました。
 ギリシャの壷から出てきた切手がふわふわ風に流されています。その、ふわふわのままの形の変形切手です。確かに変わってますが、これ、一体どういう物語なのでしょう???。いずれ「郵趣」誌上に解説記事が掲載されることと思いますけれど、うーん、わからんなあ。
(フランス2004年発行/購入参考価格:800円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2004

世界初のビニール切手

040804.gif

 名称は「社会主義のための化学」。社会主義がいかに夢のようにすばらしいかを謳った、今から思えばゲタで後頭部を連打するよーなツッコミを入れたくなる切手です。化学をテーマにしているだけに切手の素材も化学製品を用いています。その名も「デデロン(Dederon)」。デデロンとは商品名で実際は、なんのこっちゃない、いわゆるテトロンと同じものです。この時代なら、まあ、ビニールも作れるゾ!なんてことも自慢できることだったのでしょう。
 右は某切手商さんでタダでいただいてしまった完封袋です。表記から50シート入りだとわかります。また、裏面には23.Feb.1963の検印があります。切手は今でも高いものではありませんが、完封袋の方がレアではないか?と思っています。あ、もちろん完封袋の方は紙製ですよ(笑)。
(旧東ドイツ1963年発行/購入参考価格:500円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2004

ぱっと見ではわからない?

040803.gif

 かつて世界最大サイズの切手と言われた、かのアラブ土侯国はフジェイラが発行した、アポロ11号月面着陸記念(と言うか便乗?)切手です。あらかじめ消印を押し(実際は印刷されたものがほとんど)、その分未使用より安く量販するオーダーキャンセル切手の代表格でもあります。これのいったいどこが変り種でしょうか?。上の小さな図版だけで当てられる人は凄い、または郵趣病が深刻です(笑)。
 郵趣市場に溢れ返っていた時期が長かったので駄物との思い込みがあることでしょう。ま、確かにクダラナイ切手ではあるんですが、実はオーダーキャンセル物ならナンボでもあるのですが、消印を押印もしくは印刷されていない未使用切手は少ないのです。よーっく思い出してみてください。未使用を見たことがありますか?。安い切手だからありふれている、とは限らないのです。
(購入参考価格:?)

※ついでの自慢(笑)
 このオーダーキャンセル切手のフルシートまで持ってまぁーっす!。えへへ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2004

リーズナブルな香り付き切手

040802.gif

 今ならもっとも入手しやすく、かつかわいい系&トクした感のある香り付き切手(芳香切手)をご紹介します。香りのパターンがパイナップル、洋梨、メロン、野苺、りんごと5種類もあるうえに円形切手なので見た目もかわいいです。昨年発行された新しい切手なので、お値段も今ならまだ1枚あたり100円ちょっとで済むと思います。
 上に掲げました図版の印象とは違い、円形切手でも割と大きい方ですから集め甲斐とトクした感がありますよ。香りもほのかで上品です。
(ロシア2003年発行/購入参考価格530円)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2004

ブライアン・アダムス撮影の切手

040801.gif
カナダのロック歌手、ブライアン・アダムスの撮影による49セント普通切手です。耳紙部分にその表記があります(図版右側の部分拡大図)。
本職のデザイナーやフォトグラファーではない人の手による切手は全くないわけではありません。しかし、そのほとんどが記念・特殊切手で、本件のように広く一般に長期間使われる普通切手に採用された例はこれが初めてではないかと思われます。
(カナダ2003年発行/購入参考価格:100円)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »