September 28, 2016

国内最大手の兼松日産農林がマッチ事業から撤退

2016092804

 家庭用マッチの製造販売国内最大手の兼松日産農林株式会社さんが、来年3月31日でマッチ事業から撤退すると発表されました。使い捨てライターなどの普及により市場規模が激減。兵庫県の淡路工場だけで製造を続けていたものの、製造ラインの老朽化で故障が頻発するなどしたことから事業撤退を決めたものです(9月27日報道発表)。
 かつては切手収集と並びマッチラベルの収集も盛んに行われていました。マッチラベルをカシェ代わりに封筒に貼り付けた初日カバーや記念カバーなども作られていたこともあり、両方を嗜まれる趣味人も多くいらっしゃいました。時代の変化とはいえ、一時代の終わりを象徴する出来事です。
 現在の「桃」「燕」「象」などのブランドは同業他社の(株)日東社(兵庫県姫路市)に譲渡されるそうです。ただし「兼松日産農林株式会社」の社名入りマッチは、いずれ市場から姿を消す運命にあります。同社社名入りのパッケージラベルをカシェにしたさようなら記念カバーを作られませんか?。
 同社ホームページ掲載地図によると、マッチ部工場は津名生穂郵便局のすぐ近くにあることがわかります。3月31日は金曜日なので通常通りの記念押印・引受消印とも可能です。

[参照]http://www.knn.co.jp/whm/profile/awaji.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リオオリンピック・パラリンピック山口市民祝賀祭

2016092801

 このたびのリオオリンピックでは、山口県出身&ゆかりの5選手、同パラリンピックでは2選手がメダルを獲得しました。そのうち、人口わずか19万人ちょいの小さな自治体山口市だけで4人ものメダリストを輩出したのは空前絶後の快挙です。24日(日)にその祝賀パレードと祝賀祭が催されましたので参観してきました。

 街中で山口市の職員さんが上の丸うちわを配っておられました。一連の行事が終わった後で余部を多めに戴けないでしょうかときちんとお願いして正規に60枚少々を入手しました。これに52円切手を貼って山口中央郵便局で記念押印しました。国際的なイベントにかんがみ、欧文印の9月24日(日)の午後12-18印です。

2016092802

 また、iPadで撮影しましたパレード写真もセブンイレブンさんのはがきプリントでポストカードにし、こちらは風景印を記念押印しました。選手の皆さんが赤いオリンピック・ウエアを着ておられたので、切手も消印も赤系でそろえました。上の写真は大野将平選手と広瀬順子選手、下は吉村真晴選手と石川佳純選手です。

 今夏は下関へ柳井へと走り回ってメダル獲得記念顕彰カード作りを楽しみました。今回の記念押印で、山口県ゆかりのリオオリンピック・パラリンピック関連アイテム製作は一区切りです。

2016092803

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミッフィー展

2016092702

 ミッフィーの誕生60周年を記念して開催されている同展を見に島根県立石見美術館に行ってきました。ミッフィー誕生当初の初版デザイン、絵本のフォルムを正方形に近い形に変更し今に続く基本形ができた第2版、さらに製作過程を撮影した動画など見応え十分でした。

 とりわけ製作工程は興味深く拝見しました。ぶっちゃけ、今はもうパソコンで描いているのだろうぐらいに嵩をくくっていたのですがぜんぜん違いました。今でもトレーシーングペーパーで下絵を描き、それを柔らかく少し凹凸のある紙に転写。それを面相筆のような細い平筆で手描きされているとは畏れ入りました。よく見ると紙の凹凸によって描線が少し震えています。それもまた個性なのだとディック・ブルーナさんご自身が映像の中で語っておられました。
 また、ブルーナさんはもともと出版関係のデザイナーでもあったことから、フォントにもずいぶん神経を使われている様子が伺えました。原画の上に写植文字を焼き付けた透明フィルムを重ねて出稿された版下など、1980-90年代のデザインワークを経験した私のような世代にとってはたいへん懐かしいものもありました。
 やはりミッフィーはデザイン、イラストレーションを超えた領域に踏み込んでいるアート作品だということがよく理解できました。簡単に言うと、ミッフィーはカワイイだけでは収まらないということです。
 なお、ミッフィー誕生60周年を記念し、180センチの真っ白なミッフィー立像60体にオランダと日本のアーティストやクリエーターがペイントや装飾を施したアートパレードも展示されています。

 入場券半券と、会場限定販売の最初期ミッフィーデザインのポストカードに、益田郵便局の和文印を記念押印して参観記念郵趣品としました。また、受付カウンターでお願いすればグラントワの記念スタンプも押させてもらえますのでぜひどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2016

福原愛さん、ご結婚おめでとう

2016092201 2004年にはすでにサントメプリンシペ切手に登場しています。王楠、陳衛星、エロイ、シュラガーなど世界的に有名な卓球選手を描いた連刷シートの2番切手に採用されています。
 おそらく福原選手を描いた世界最初の切手になると思われます。ただし、旦那の方は切手になっているかどうか確認できませんでした。

2016092202

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2016

リオパラリンピック、道下美里選手が銀メダル

2016091901

 リオパラリンピック最終日の9月18日深夜(日本時間)、今大会から正式種目になった女子マラソン(視覚障害)で、下関市出身の道下美里選手(39)が3時間6分52秒で見事、銀メダルを獲得されました。おめでとうございます。
 9月10日には山口市小郡出身の広瀬順子選手が女子柔道57キロ級で銅メダルを獲得されていますので、リオパラリンピックでは山口県ゆかりの選手2名がメダリストとなったわけです。先のリオ五輪でも5名のメダリストが生まれましたので、合計で7名という史上初の快挙です。改めて選手の皆さんの健闘を祝します。

◆参照:リオ五輪、山口県関係選手の顕彰カード完成
    リオパラリンピック、広瀬順子選手が銅メダル

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2016

リオパラリンピック、広瀬順子選手が銅メダル

2016091201

 リオ五輪では山口県ゆかりの選手が5人もメダルを獲得するという快挙を成し遂げたところですが、リオパラリンピックにおいてもメダリストが誕生しました。
 女子柔道57キロ級で、山口市小郡出身・西京高校卒の広瀬順子選手(25)が銅メダルを獲得しました。障害者女子柔道のメダルとしてはこれが日本史上初となりました。
 ニュースを聞いた9月10日(土)は下関市立美術館に行く予定でしたが急きょスケジュールを変更して小郡郵便局に向かいました。ゆうゆう窓口での風景印押印を午前中に完了し、カシェと記念銘は昨日に後印刷して顕彰カードを完成させました。広瀬選手は視覚障害者とのことでしたので、目が不自由な方向けのくぼみ入りはがきを記念押印に用いました。これは我ながら技ありかなと思います(笑)

◆参照:リオ五輪、山口県関係選手の顕彰カード完成

| | Comments (0) | TrackBack (0)

郵トピア制定都市・種田山頭火ふみカード

2016091202

 相変わらず地道に郵トピア制定都市の痕跡を追い続けています。地元山口県では唯一指定を受けた防府市の事例を中心にリサーチ&収集しています。官製絵入り年賀はがきに続いて種田山頭火のふみカードを入手しましたので画像とともにご紹介いたします。

 地元郵趣家の諸先輩のお話を聞くと、かつて防府駅前に郵便物を投函したら音が鳴る郵便ポストがあったとか、防府郵便局管内で投函された東京以北宛の郵便物を下関郵便局を通さず直接山口宇部空港に搬入することになった際の記念スタンプ(郵便印ではない)を見せて頂いたりしました。しかし、全容をまとめた記録となるとまとまったものはないそうで・・・・引き続き実物や資料類を収集しています。防府市のみならず他の指定都市も含めて収集にご協力いただけるとたいへん幸せます。

◆参照:郵トピア指定都市・防府の官製絵入り年賀はがき

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2016

平均79%

2016090701 日本郵便さんのご商売の邪魔をする気はありませんのでこれまで黙っていました。当選番号も発表されたので、そろそろ公開したいと思います。それは今年のかもめ〜るです。ただし、かもめ〜るそのものではなく、その申込用紙がウオッチ対象でした。
 A4判両面印刷の申込用紙は全国津々浦々の郵便局に配布されました。1局あたり500枚としても軽く一千万枚を超える数です。ですから慎重にも慎重な校正がなされたはずですが・・・痛恨の印刷ミスがありました。商品番号の③がダブっていたのです。

2016090702 当初は各局が手書き等で訂正し、じきに訂正用上貼りシールが配給されました。いずれの方法に関わらず、きちんと訂正がなされているかどうかを近隣局でリサーチしました。その総数は80局。結果、全体の訂正率は80局中63局の79%でありました。
 旧普通局は完璧で17/17局で100%でした。お見事です。ところがそれ以外の旧特定局となると49/60局で73%と大きく低下。サンプル数が少なすぎるので参考になりにくいものの、簡易局に至っては0/3局で訂正率0%でした。
 簡易局は業務委託をしているだけですから除外するとして、旧特定局の73%をどう評価されるでしょうか。例えばK局では申込用紙を仕舞い込んだまま見つけ出すことができませんでした。F局ではなんと「申込用紙のようなものはありません」とさえ断言されてしまいました。

2016090703

 逆に素晴らしいと思ったのは申込用紙そのものをスキャンしてパソコンに取り込み、画像上で訂正を加えていた局がありました。それをデータ保存し必要のつどプリントアウトしてお客さんに手渡していました。これは局名を出しても良いでしょう、南陽福川局です。
 コピー用紙であることに加え、四周に白いマージン部分があるのでオリジナルとの区別が容易です(上図)。

2016090704 中にはノベルティーを付けている局もありました。京橋局は麦茶のティーバックまでありました。これは各局が自由に使える予算の有無も関係していることでしょう。がしかし、さすが京橋局です。他ではせいぜい飴ちゃんを貰えただけでした。

 リサーチ終了後の現在、訂正が全く入っていない未使用完全品(笑)の申込用紙が手元に10枚ほどあります。用済みの現在、紙くずコレクターとして大事に保存したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«セブンイレブンのはがきプリントを試してみました