変動管理方式の提言

 郵趣の歴史も150年を超えました。その黎明期以来こんにちに至るまで、郵趣家はその整理方法に呻吟して来ました。21世紀になって早18年、これからの時代に即した整理収納方法を提言したいと思います。

1.伝統的な固定管理方式

2018042301

2018042302 私のジャポニカと変形切手のアルバム写真をご覧いただきます。いずれも通し番号がふってあり、理路整然と書架に並んでいます。ほとんどの郵趣家の書斎で目にする日常の光景ですね。これはひとつの郵趣品に対し、テーマに沿って一カ所の収納場所が割り振られる1対1の「固定管理」方式です。しかし、これが万能ではないこともまたみなさんよくご存知のはずです。
 これだけきっちりしているのに、お目当てのアイテムがどこに入っているかわからなくなったという経験を誰もが体験しているはずです。アルバムがせいぜい10冊どまりならマシで、私の変形切手コレクションは現時点でさえNo.34です。今後も日々増大していくわけで、うっかり変な場所に納めでもしたら見つけ出すのは至難の技です。これに対し、各巻ごとにおおまかな内容リストを作ることで一応の解決を見ていますが、それでもパーフェクトではありません。

2.先進的な変動管理方式

2018042303 固定管理方式は、人間の能力(記憶力)には限界はなくミスもしないことを前提にして成り立っています。しかし、現実の人間の記憶力には限界があり、必ず物忘れもしますしミスも犯します。つまり固定管理方式には無理があると思います。
 その解決手段として、常々申し上げているようにパソコンを使いましょう。具体的にはデータベース管理ソフトを使うことです。自分の脳だけに頼らず、外部記憶装置を使ってコレクション全体を管理運用しましょう。
 私はできるだけ毎日、つまり最新日付のページに郵趣品をファイリングしています(図の赤線)。ジャンルごとの分類はしませんし、その必要もありません。極めてシンプルなルーティンです。さらに、2種類の日付を併用することでスペースが空いている場所ならどこにでも収めることが可能になります(図の黒点線)。その仕組みについて詳しくご説明します。

3.ロケーション日付(収納場所)とリアル日付(現実の日付)の併用

 リーフの実際を見ていただいた方が話が早いですね。上の日付を”ロケーション日付”と言い、どのアルバムのどこに収納したかを意味しています。収納場所のアドレスとして日付を利用しているだけで、必ずしも実際の日付である必要はありません。その下のカッコ付きの日付が”リアル日付”で、当該品の使用日を記しています。

2018042304

 もうおわかりでしょう、1986年のカバーが手に入ったからといってわざわざそれ専用にアルバムを新調していたらたいへんです。手に入れた日やアルバム整理した日、あるいは収納スペースに余裕のあるアルバムを適当にチョイスしてその日付にしたってかまわないのです。これにより、物理的な収納スペースをできるだけ圧縮することができます。ただし、これを人の記憶だけで管理することはできません。パソコンの力、データベース管理ソフトの出番です。

4.データベース管理ソフトの威力

 私はPagesでリーフを作っています。フォーマットができているので、そこに必要なテキストデータをインプットするだけで簡易ながらリーフが作成できます。ふだん使いの整理リーフならこれで十分です。そのテキストデータをデータベース管理ソフトのFileMaker Proにコピペしています。最初からテンプレートが用意されているので、少しだけ自分で手を加えるだけでいきなり使えます。
 下図の一番上に本件のデータがあります。コピペした文章に”封緘紙、付箋、リアル日付”の文言を追記しました。これにより、右上の検索窓に”付箋”と入れると、このように付箋関連のアイテムがクリック一発でピックアップされます。検索窓で全文検索ができますので、データベース化さえしておけば必要項目で名寄せができます。さらにロケーション日付順に自動的にソート(並び替え)するようにもしてあります。

2018042305

 検索ができることが必須条件です。ただ単にワードでリストを作っただけでは、品物を探し出すのにまた人力頼りになってしまいます。アイテムが数千、数万になろうかというレベルになるととても無理です。逆に言うと、人間の記憶力だけで管理できているうちは大したコレクションではないとも言えます。

5.多様性に対応可能

 データベース管理ソフトを併用することで可能になる変動管理方式のメリットに気づいたのは、実はメインの外国切手収集、それも変形切手の整理収納にヒントがありました。
 図はニューカレドニアが1999年に発行した”切手発行140年”小型シートです。ひとつの小型シートの中に凹版印刷、ホログラム、金箔エンボス等々と特殊加工が盛り込まれています。これをいったいどこに収納すればいいのか悩みに悩みました。

2018042306

 あるいはまた、イギリスが2001年に発行した”ノーベル賞100年”記念切手6種完セット貼り公式FDCをご覧ください。それぞれ示温インク、燐光インク、エンボス、香り付き、マイクロ印刷、ホログラムといった当時最新鋭の特殊加工が施されています。単片は各特殊加工別にセットをバラして収納するべきか?。しかし、それではセット全体の意義がわからなくなってしまいます。公式FDCは切り刻むわけにはいきませんのでどこに収納すれば良いのでしょうか?

2018042307

 近年このように一枚の小型シート、ひとつのセットに多様な要素が盛り込まれている事例がたいへん多いのです。郵趣品と収納すべきアルバムが一対一対応の固定管理方式が使えないのです。やむなく”特殊加工の複合”というアルバムを作らざるを得ませんでした。しかし、これでは分類整理したことにならないのではないか?と思いました。ところが逆転の発想で”ならば無理に分類しなければいいじゃないか”というアイデアが閃きました。これが郵趣ダイアリーという形になり、HYPER Philatelistブログや郵趣誌で記事化することになりました。しかし、この時はまだこれが変動管理方式だという明確な認識は伴っていませんでした。

参照:郵趣ダイアリー2016のまとめ

6.アマゾンの在庫管理

2018042308 TVでアマゾンの在庫管理の様子がレポートされた時に変動管理方式について明確に意識化できました。
 同じ商品をひとつの場所に集約するのではなく、空いている棚に分散して在庫。注文があると最適条件の品をロボットがピックアップしてきます。システム全体を管理しているのはコンピュータでありAI。なので同じ商品を同じ場所に集めておく必要がありません。
 なんだ、私の郵趣ダイアリーはまったくこれと同じじゃないかと、その時に初めて気がつきました。

7.運用上のノウハウ

(1)なぜ日付なのか

 変形切手アルバムのように1,2,3,4・・・と番号を振ってもかまわないのですけれど、それは変形切手というごく限られたテーマだからです。収集品が増えてくると出し入れの際に間違いやすいです。ロケーション日付ならミスに気付きやすく、元の場所に戻すことも容易です。”人間はミスをするものだ”が前提の予防策のひとつです。

(2)実は元に戻す必要もない

 リーフ作品を作る際などに品物を取り出すわけですが、事後に元の場所に戻す必要が、実はありません。一括して新しいロケーション日付に付け替えて別のアルバムにまとめて収納しましょう。リーフのロケーション日付を手書きで書き直し、データの方もコピペで書き換えるだけで済みます。

(3)収納場所に悩む必要がない

 前述の過去記事”郵趣ダイアリー2016のまとめ”でも実際の収納例をお示ししています。さらに直近例として「瀬戸大橋30周年」の記念カードをご覧いただきます。瀬戸大橋だけでアルバム一冊できるほどの物量がありませんので郵趣ダイアリーに収納しました。後々の資料性も考慮し、新聞記事をリーフにコピペしました。
 なお、この時は届いたその日にリーフ整理しましたので「ロケーション日付=リアル日付」でしたが、忙しい時は無理する必要もありません。時間が空いた時にロケーション日付とリアル日付を併用して整理してください。

2018042310

 その他、会報、収友からの手紙、郵便局のチラシ、パンフレット、シール類、領収書、名刺などなんでも収納できます。今までは”これだけ一点持っていても仕方ないから”と手を出さなかったものもこれで解決します。無理に収集範囲を絞る必要はありません。また、そのことを覚えておく必要もありません。パソコンがデータベースとして記憶しているからです。

(4)モノが集まってから固定管理方式に移行する

 最初から一定量があると予想される場合、結果的に一定量に達した場合、その時にのみ初めて固定管理方式(=専用アルバム)に移すのが良いでしょう。なぜなら専用アルバムにすると確実に物理的に収納スペースを食うからです。また、データベースも専用アルバム名を追記し、データは消さないでおくことをお勧めします。
 ただし、これも”経験者は語る”になるのですが、百均で買ったケースファイルといえども50冊を超えるようになると、再びファイル自体を探す事態に陥ります。ここでも人間の能力を超えてしまうわけです。専用アルバムへの移行はよくよく吟味されますように。

2018042311

(5)すでにある固定管理方式のアルバムは変更しない

 そこまで手をつけてしまうと人生が何回あっても足りません。整理のための整理になっては意味がありません。

(6)次世代へコレクションを受け渡そう

 何の説明もなく品物だけが残された郵趣品の末路は悲惨です。本人にとっては価値あるものでも、往々にして第三者には理解されにくいものです。意味不明と思われて二束三文で売り飛ばされるならまだしも、下手したら廃棄処分になってしまいます。リーフ整理することと同時にデジタルデータも揃っているとスムーズに次世代に受け渡すことができます。

 おしまいに変動管理方式の要点を記しておきます。
 それはただひとつです。

 『分類・整理しない』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2018

ミクスチャー40キロの山分け会のお知らせ

2018041502

 当地の福祉団体が集めた使用済切手(紙付)ことミクスチャーを引き取って来ました。10キロ入りの袋が4つで計40キロです。関係各位と相談の結果、公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)の月例会で有料で山分けすることに決まりました。

 来たる5月例会がその1回目です。1回につき1袋(10キロ)を持ち込みます。500g〜1キロ程度に小分けにして販売です。経費を引いた残りをJPS防府支部の運営費に充てますので、今から予定をお願いいたします。5月例会は20日(日)午前9時半〜正午、防府市文化福祉会館で開催です。

 その後、毎月10キロずつ持ち込み、8月まで計4回の山分け会を開催します。事前抜き取り一切なしのウブな出物です。ご期待ください!。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

切手趣味週間・切手展のご案内

2018041501

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(略称:JPS防府支部)の重鎮・桑木正道さんによる切手展覧会が絶賛開催中です。防府郵便局と防府駅前にありますルルサス・地域活動支援センターの各ロビーの2ヶ所同時開催です。参観費はありません。どうぞお立ち寄りください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2018

ワールド・スタンプ・ナウ 第155回

2018041301

 郵趣5月号が校了しましたので恒例のチラ見せです。今回はレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品が美術切手シリーズに登場したことに注目です。フジタの没後50年に合わせての発行だったようです。しかも原画の「フレール河岸」が日本での回顧展で実物を見ることができそうなのです。締め切りギリギリになって担当編集員のMさんがキャッチアップしてくださり、なんとか記事中に押し込んでくださいました。いつもMさんの優秀さに助けられているのですが、今回もナイスプレーでした。あいがとさげもす!

■公益財団法人日本郵趣協会の「お試し入会」はこちらです


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2018

ギリシャの郵趣家

2018041101

 EUの問題児のみならず新切手の国外輸出価格が異様に高いことで、郵趣シーンでも奇っ怪な存在のギリシャ。そんなギリシャがおっさん6人の切手を発行しました。題名は「ギリシャの郵趣家」。ヨーロッパにおける郵趣家の社会的地位の高さを表していると好意的に受け止めることもできますが、しかし、この趣味がないであろう大多数の人にとっては「誰?」ですよねえ。
 この手の筋目はフレーム切手やPスタンプでの発行で十分ではないでしょうか。本件以前にも著名郵趣家を主題にした前例はあります。それにしても、文字の一部を金箔押しにするなど、ハイスペックに過ぎる正刷切手というのは、ちょっとやりすぎじゃないかとも思うのです。
(郵趣5月号に掲載されます)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2018

お届け通知廃止の代替手段

2018041001

 郵便局のふるさと小包をはじめとするカタログ商品の配達状況を確認することができる検索サイトが昨日4月9日(月)より本格稼働開始したとお知らせいただきました。上はその検索画面のスクリーンショットです。カタログ申込書番号または頒布会会員番号を入力することで、現在の状況やゆうパックお問い合わせ番号などが確認できます。私もさっそく検索してみました。すぐに一覧表が表示されるものの、順番がランダムで正直なところたいへんわかりにくいです。これは近いうちに改善されることを期待したいと思います。

配送状況の検索(郵便局でお申込みのお客さま用)

■参照記事:郵便局のふるさと頒布会「お届け済み通知」サービス終了のお知らせ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2018

諏訪之瀬島、小宝島の簡易郵便局開局

 正式なプレスリリースが出ました。いずれも有人国境離島法の郵便局関係の適用例と思われます。

■諏訪之瀬島簡易郵便局 2018年4月25日開局
2018040301

■小宝島簡易郵便局開局 2018年5月9日開局
2018040302


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2018

日本もついに無額面切手発行

2018040101
<このQRコードはお手持ちのスマホやタブレットのQRコードリーダーで読み取れますのでぜひお試しください>

 3月29日に総務省が「郵便業務管理規程変更の認可」を行いました(ここをクリック)。これまでは発行する切手の額面は決められていました。かつてあった料額印字式切手も、ハード面ではすでにその機能はありながら、自由な額面で発券することができなかったのもこれが根本的な理由でした。それが手続の簡素化のために削除されました。
 これにより、実施日の5月1日以降は先進諸外国のように無額面切手あるいは郵便等級表示切手が発行できるようになります。これは当該郵便物料金分の”金額”ではなく、郵便を出す”権利”を買ったことを意味するものです。ですから、将来において郵便料金が値上がり(または値下がり)しても差額分の切手を加貼する必要はありません(過納分の払い戻しもありません)。

2018040102

 これを受けてビジネス用第1種切手が5月20日に発行されます。セルフ糊式100面シート単位で、通常8,200円のところ8,000円で割引販売されます。バラ売り、分割販売はされません。”第1種用”の郵便等級表示のほか、管理用の2次元バーコードとともにQRコードが表示されています。フランス郵政並みのデータマトリックス切手とも言えます。

(注:エイプリルフール企画記事です)


| | Comments (1) | TrackBack (0)

«とどけ!応援メッセージ、当選しました