December 14, 2018

ワールド・スタンプ・ナウ 第163回

2018121401

 公益財団法人日本郵趣協会の会報・月刊「郵趣」誌新年1月号が無事に校了しましたので恒例のチラ見せです。
 ただいまほとんど内訌戦状態のフランスの新普通切手をご紹介します。フランスでは大統領が変わるたびに普通切手のデザインが変わります。ただし、テーマは国家の象徴マリアンヌと決められています。いくつか提示された中から現マクロン大統領が選んだのがこれ、ストリート・アーティストのイズー・YZ・ディガンのデザインです。
 額面数字ではなく、郵便種別のEcopli(エコプリ)とのみ表示された切手、はてはデータマトリックスコードのみの切手など、世界は遥か先に進んでいることがよくわかります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2018

第一次世界大戦終結100年記念

2018121301

 ジブラルタル、ガーンジー、マン島、ジャージーの4郵政事業体ジョイントカバーが届きました。2国間のジョイントカバーはけっこうあるものの、さすがに4国(地域)は滅多にありません。たいへん上品で素晴らしい出来栄えですね。
 幹事はジブラルタル郵政で、限定1,000部のうちの634番が届きました。代金は送料込みで£21.00、約3,000円でした。
 我が国でもいずれの日にか大東亜戦争何周年かの際には、正しい歴史認識が敷衍し、日台韓それにパラオ、タイ、ミャンマー、ベトナム、インド等とのアジア解放記念切手の共同発行がなされると喜ばしいですね。

※詳細はFSC会報(facebook内の専用会議室)にて


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2018

ポケットコンピュータ

2018121204

 防府切手のつどい2018冬の際、久留米の林田貴晃さんとダンボール箱単位で交換した実逓カバーの中からこんなのが出てきました。左に貼られた銀紙に注目してください。1980年(昭55)から販売されたポケットコンピュータ(以下ポケコン)のプリント紙が貼り付けられています。

 差出人は元JPS武蔵野支部(現存せず)の支部長さんでメータースタンプ(以下MS)収集家として有名な杤本二郎さん(とちもと・じろう)さん。この頃、私もJPS調布支部長でしたから、お隣同士ということで存じ上げています。

 同一宛先で7通出てきました。内容はエコーはがきの取次でした。いやはや懐かしい限りです。MSへの興味の延長でポケコンを購入され、それを日常の郵趣活動にも使われていたのでしょう。一番古いのが1982年(昭57)の実逓封筒に貼られていますので、ポケコンの一般社会での普及とほぼ同じと思います。

 こちらでは1988年(昭63)の使用例をご覧いただきます。昭和63.4.13から2001.1.1までの日数を計算・出力させたものです。25年も前にミレニアム・カウントダウン関係の郵趣品(?)を作っておられたとは感激です。また、パソコン郵趣の分野でもその先駆けの部類になるのではないでしょうか。

 また、この印刷用紙も思い出しました。感熱紙とは異なり、印刷ヘッドがこの銀紙表面を焼いていました。印字の際に火花が見えました。詳しくはこちらのページに載っていますのでご覧ください。。

 詳細はfacebook内に設置しましたファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)の会報ページ「FSC会報(専用会議室)」に掲載しました。参加・閲覧方法は後日インフォメーションいたします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2018

ゆう太くん ゆう子ちゃんに応援の年賀状を送ろう!(平成31年用)

 今日、たまたま山口中市郵便局に立ち寄った際にこのプリントをいただきました。ただいま全国各地の郵便局で行われている「ご当地キャラに応援の年賀状を送ろう!」企画の一環で、山口市の湯田温泉旅館協同組合さんも独自に計画されています。
 実は昨シーズンも同じ企画が実行されました。わが椙山家も代表してよしこちゃんが参加し”狐の足あと”に作品展示を見に行きました。
 あらかじめ「ゆう太くん ゆう子ちゃん」が印刷してある「ぬり絵絵葉書」を今年も配布されるというのでさっそく湯田温泉観光案内所にも行きました。ところが現物がまだ届いていないとのこと。私の他にももらいに来た先客があったそうで係員さんも恐縮しまくり。わざわざ旅館組合さんに電話して聞いてくださったところ、週明けの12月17日(月)頃に届くだろうとのことでした。今日は10日ですから白黒印刷で一週間もかかる???・・・なんとなく印刷を忘れてたっぽいんですが(笑)、そこは深く突っ込まず、日を改めて伺いますとのみ述べて退出しました。

2018121001_2

◆参考:平成30年(2018)用バージョンはこちら


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2018

表面記載事項の制限

 昭和59年4月1日に表面記載事項の制限が規制緩和されました。それ以前は第1種の場合、縦長封筒の場合は表面下部1/3以下、横長封筒の場合も表面左1/3以下しか広告・飾り模様・通信文を表記することができませんでした。詳しくは過去記事の「最小8×4.5cm」を参照ください。
 先日開催された「防府切手のつどい2018冬」で、それに関わる興味深い実逓カバーを3種入手しましたのでご覧にいれます。

[地紋扱い]
 規制緩和される前、昭56.3.6消印の使用例です。クリップのシルエットを地紋とみなされたのでしょう。しかも東京中央郵便局の取り扱いですので間違いないでしょう。
 ただし、昭和も終わり近いのに宛先用の郵便番号枠もない社用封筒とはとんだマネージメント会社です。案の定、現存していないようです。

2018120401

[規制緩和初年度の使用例]
 常陸鹿島郵便局の昭59.11.13消印です。広告は封筒左8cm以内表示で、わずかながら1/3を超えています。企業絵封筒も集めているので、せっかく規制緩和されたのですからもっと大きく堂々と製品広告を出して欲しかったです。

2018120402

[ダブルの規制違反]
 神戸銀行さんの現金持ち帰り用封筒の郵便転用使用例です。消印は大阪中央郵便局の昭47.7.29。見ての通り明らかに下部1/3を超えています。これを地紋と見做すのは無理。
 ところが貼付切手は28円分貼ってあります。定形第1種基本料金だと20円、重量便でも25円なので3〜8円も過納です。これでは封筒代をケチった意味がありません。
 ところが改めて封筒サイズを実測すると短辺が124ミリで規定より4ミリオーバーです。つまり、厳密には定形外で40円料金だったところを見逃されていたのでした。もし発覚していれば不足料12円の倍の24円を徴収されていたところでした(当時の不足料徴収規程による)。

2018120403

 今でもゆうちょ銀行さんの同様封筒を郵便に使っている人がいます。もともと現金を入れて持ち帰るだけの強度しかないので郵便使用しないようにと繰り返しアナウンスされています。それでも従わない人は節約家というより変人と形容した方が良さそうです。やっていることは今も昔もどこか頭のネジが緩んでいるようで・・・。

 第2種(はがき)の1/2制限違反は、絵はがきに押された観光記念スタンプが大きすぎて不足料を取られた例を数点所持しています。旅行者なので差出人戻しが困難だったからでしょう。
 しかし、第1種定形封筒の1/3制限違反例は所持していません。社用封筒なら印刷屋さんがこのことを熟知されているので未然に防いでいたことでしょう。また、現職の日本郵便社員さんによると、違反の場合はたいてい差出人に差し戻していたとも。

 まとめますと、規程違反で不足料を徴収された例、そして規制緩和された昭和59年内の1/3超え初期使用例が収集ポイントと言えると思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2018

お手紙ワークショップ用の切手について(3)

2018120301

 「防府切手のつどい2018冬」会場で何人もの方々からお手紙ワークショップ用使用済切手をどっさりいただきました。一気にゆうパック大箱満杯です。近日中にワークショップ主催者さんにお送りします。ありがとうございました。そしてこれからも引き続きご協力をお願いいたします。

<参照>
お手紙ワークショップ用の切手を寄付してください
お手紙ワークショップ用の切手について(2)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2018

スタンバイ完了!

2018120101

 明日、デザインプラザHOFUで開催される「防府切手のつどい2018冬」で1通20円均一セールする実逓便、記念押印台紙、はがき類を段ボール箱満杯で8箱提供します。地元防府市民だけでなく福岡・広島さらには四国からもお越しくださるので、防府ならではのお楽しみ企画です。

防府切手のつどい2018冬

 テーブル1〜2卓だと4箱も開ければ置き場所に困るくらいになります。なので多くても6箱の予定でしたが、今回は多少スペースに余裕があるらしいのでゆうパック大2個を追加して8箱にしました。

 お好きなものをピックアップしていただき、正直に計算して料金箱にお金を入れてくださればけっこうです。どうぞお楽しみに!

2018120102


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2018

組番号調査・収集の協力お願い

 収友の窪田毅(くぼた・つよし)さんから協力要請が寄せられましたのでお知らせいたします。なお、連絡先の個人情報表記はご本人の許可を得ています。

 去る10月1日に発売開始された東京2020大会「寄附金付」年賀はがきの組番号別未使用を収集しています。C001組からC0042組まである中で下記9組が未入手です。どの地域にどの組番号があるのかも完全には判明していません。情報および現物の取次や提供などご協力ください。

<無地(インクジェット紙)>
C0003組、C0005組、C0009組、C0010組、C0014組、C0018組

<絵入り(裏面にマスコット)>
C0036組、C0037組、C0039組

2018112601

781-0015
高知市薊野西町3丁目21-17-5
窪田 毅
tosa35◼️polka.ocn.ne.jp
090-8695-8416

注:◼️は@に置き換えてください。
  「薊野」の読みは「あぞうの」です。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«防府切手のつどい2018冬