May 26, 2019

大相撲五月場所

 トランプ大統領が観戦した今日5月26日(日)に素敵なギフトが届きました。贈り主は星野直さん。令和時代最初の本場所となった五月場所、その幕乃内弁当と角力やきとり御土産の包紙そして52ページもある立派なガイドブックです。表紙は白鵬、優勝した朝乃山はちょうど真ん中の見開き27ページに載っています。西前頭八枚目。
 一式を令和コレクションの重要アイテムとしてしっかり保存させていただきます。星野さん、あいがとさげもす!。

https://www.facebook.com/tetsutarosugiyama/posts/2306024109476567?notif_id=1558873174389562&notif_t=feedback_reaction_generic

2019052601

 

 

| | Comments (0)

May 18, 2019

大村局の和欧文機械印2019年の使用を確認

2019051801

 20189月に開催された全国郵趣大会2018in島原の際、現地の郵趣家の方から、大村郵便局の区分機は撤去された(=和欧文機械印も廃止)と聞いていたのですが、なんと、今年2,3,4月の印影を発掘しました。これは使用済切手の回収活動に協力していただいている防府市内の企業M社様あてに届いた実逓郵便物のカットです。素性ははっきりしているものですから真正品です。

 facebook内に開設しているファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)会員専用会議室でこの件について情報を求めましたところ区分機の撤去は誤報とわかりました。現在も郵便量が多い時には通常使いしておられるそうで、長崎県在住であれば実逓便がちょくちょく届くのだそうです。また、時刻表示は「12-18」と「18-24」の2種類のみだそうです。

 郵趣大会のオークションの際も、撤去前の最後期の貴重な使用例というふれこみで実逓カバー数通が数千円の高値でセミプロが買い占めて行きましたが・・・とんだ茶番だったわけです。純粋なコレクターの集まりにセミプロが割って入って札束でかっさらうようなことはしない方が良いという教訓ですな。

 

| | Comments (1)

May 17, 2019

JPS防府支部 令和元年5月例会のご案内

 公益財団法人日本郵趣協会登録防府支部(JPS防府支部)の月例会についてご案内します。

日 時:令和元年5月19日(日) 9:30~12:00
場 所:防府市文化福祉会館2階10号室
参加費:無料(エアコン使用時は30~50円程度を割り勘でお願いします)

 今月の収集品発表は私椙山の当番です。フリースタイル切手展出品作品「父を送る」が返却されていればそれを、まだでしたら令和改元関係郵趣品をご覧いただきます。スタンプショウ2019の浅草郵便局臨時出張所で押印係を務めさせていただきましたが、押す側であって自分の分を押す余裕はありませんでした。そのあたりの顛末も踏まえてお話ししたいと思います。

 郵趣5月号「国内情報」掲載の宮内庁内郵便局の3種のポスト型はがき。これに同局風景印で平成最終印と令和初日印を押印。

2019051701

 分譲品は2点あります。8日に発売されたグリーティング(シンプル)の10枚ブロックごとの分割額面販売です。図版の4組はすでに行き先が決まりましたが、他にも希望者が5人(組)揃えば支部として追加購入&額面分割販売します。

2019051702

 目玉は寄贈品ミクスチャー20キロ相当分の分譲です。某収集家さんが一度整理されたものですが、いわゆる抜き取り後の残り物ではなく良い消印が散見されます。おおまかに額面ごとに小分けにされていますので消印党にはむしろありがたい状態になっています。

 寄贈品なので、送っていただいた際の送料(椙山支払い済)の回収と、支部会計への繰り入れ金(活動資金)が得られればありがたいです。お値段についてはそのことを踏まえて例会当日に皆さんと相談して決めたいと思います。

2019051703

 

| | Comments (4)

May 16, 2019

平成と令和の判別

2019051604

 湯浅英樹さんからご恵送いただきました。私もfacebookで予言していました通り、平成時代と令和時代の判別が困難な状況が生じています。

 平成元年5月15日発行・ふるさと切手沖縄版「守礼門」に、令和元年5月15日付の牧志郵便局の風景印でお送りいただいたものです。牧志局は平成4年5月15日に図案改正されていますので区別ができます。
 それ以外にももうひとつ区別ポイントがあります。それはカシェの表記です。ふるさと切手の発行が始まった平成元年は「地方切手」と呼称していたからです。世界各国の「地方切手」は、使用を地方に限定したもの。全国で使えるものにはふさわしくないことから財団法人日本郵趣協会(当時)が「ふるさと切手」なるネーミングを提案、翌1990年(平成2年)から郵政もこの名称を正式採用しました。つまり、平成元年にはまだ「ふるさと切手」なる呼称は存在しなかったのです。これが判別のポイントです。

 平成と令和の判別困難な時代がこれから約30年続きます。悩ましくかつ面白い時代になりそうです。

(参考・出典:ビジュアル日本切手カタログ Vol.2 P.14)

 

 

| | Comments (1)

初期シャチハタ印について

 今では郵便用日付印にも採用されているシャチハタ印。今回は観光・記念スタンプとしての使用例についてご報告します。

 シャチハタ印の歴史は同社ホームページにも明記されている通りで丸暗記しやすいです。インク補充のいらないXスタンパーが販売開始されたのが昭和40年(1965)。その当時は単色のみだったのが昭和45年(1970)の大阪万博の一部パビリオンで2色以上の多色印が使われました。これが日本における多色印の始まりです。このことはシャチハタさんに直接聞いて教わりました。

 Xスタンパーが住所印、社名印だけでなく、いつ頃から記念・観光スタンプにも使われるようになったかはわかりません。こればかりは実印影を確認していくしかないようです。そこで、このたび昭和42年という比較的早い時期の使用例を入手しました。その背景もはっきりわかる解説紙が同封されていましたので全文をご紹介します。ジアゾ式コピーのため退色が懸念されることにもよります。

2019051601

<小型印>
大阪国際フェスティバル/第10回記念OSAKA
大阪 42.4.7

<解説文全文>(椙山注:カッシェ説明に注目)
大阪国際フェスティバル10周年の記念スタンプについて

 第10回を迎えた大阪国際フェスティバルを記念して、音楽切手愛好会(M.S.C.)が記念の消印を計画し、フェスティバル協会のご努力と、大阪郵政局のご理解により、実現したものです。わが国における本格的な音楽消印の1つとして、コレクションにお加え下さい。 音楽切手愛好会

1.使用期間 昭和42.4.7ー5.7
2.適用局 大阪中央、中之島局(ただし局名は大阪)
3.図案 5線譜と記念の文字
4.カッシェ
 音楽切手愛好会の特製で、今年のフェスティバルのシンボルマーク、太鼓のシルエットに大阪国際フェスティバルの頭文字をあしらったもの(デザイン・草間 博)

●なお、当会では
音楽切手を収集している方の、グループへの入会を期待しています。お問合せは、大阪府羽曳野市北宮、春日丘公団住宅20-304 田中美徳までどうぞ。

2019051602

 初期シャチハタ印は、独特の印色とともに、経年変化によりおぼろげにインクが拡散する特徴(欠陥?)があるので判別は容易です。より早い時期の印影を探しています。
 郵趣品に押された記念・観光スタンプだと郵便印の日付から使用時期が特定されるのが大きなメリットです。記念カバーであればこうした解説紙も封入されている場合が少なくないのでなおさら有利です。
 シャチハタさんは愛知県の会社なので、本カバーのように中部~関西地方に最初期使用例が眠っているのではないかと想像しています。

 なお、残念ながらこの大阪の音楽切手愛好会は存続していないようです。

 

| | Comments (0)

May 10, 2019

令和記念にあなたの名前を永遠に刻みましょう

 荒牧裕一さんから教えていただきました。「太宰府市にふるさと納税(一万円)をすると、令和の記念モニュメントに名前を刻銘してもらえます。市からのお礼状、寄付金受領証明書、送られてくるモニュメントの写真等を使って郵趣アイテムも作れそうです。」・・・ということで私も令和郵趣品製作の総仕上げとして参加することにしました。次の改元まで生きてはいないかもしれませんので良い記念になります。下記ページで申し込みができます。〆切日も何度か延長され、本稿執筆時は6月30日となっています。

新元号「令和」記念『時の旅人プロジェクト』
~時空を超えて1300年~ 記念モニュメント お名前刻銘

 せっかくなので手元に何か残る方が良いと考え、送金方法は郵便振替を選択しました。図版のように専用の振替用紙が送られてきます。この送付封筒裏面に配達日を記入してこれもコレクションにしました。振替用紙実物は送金事務に使ってしまうのでカラーコピーの控えを取って残すことにしました。お披露目の後、なるべく早いうちに実物を見に行きたいと思います。

2019051001

 

| | Comments (0)

May 09, 2019

残念なご報告

 先日、当HYPER Philatelistブログ宛に送られてきた投書を掲載しました。言葉を選んでお答えしましたが、当の日下部次男さんには伝わらなかったようです。今回の私信で示されている郵趣文献も半世紀も前の古書的価値しかないようなものばかり。ベースにしている資料からして古すぎてお話になりません。50年もの間、郵趣界は1ミリも進歩していなかったかのようです。それでもなおご不満ならご自身でホームページを開設し論を問えばよろしい。

  これまでいろいろな所にご自身の論文を送られてもまったく採用がないのはなぜか、その根本原因を理解されることは叶わなかったようです。かなりのご高齢とお察ししますが、長い郵趣人生をこれ以上無駄にされないことを遠く日本でお祈りいたします。

 賛意であれ異論であれ、私が取り上げた件については責任を持ってすべて公開します。うやむやに握り潰すようなことはいたしませんので、ご連絡いただく際は日下部さんのように正々堂々とご本名でお願いいたします。それ以外は門前払いもやむなしとご理解ください。



2019050901

 

| | Comments (0)

May 08, 2019

徳仁、令和、弥栄

2019050801

 私、椙山オリジナルの令和改元ミッションが今日完結しました。ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)会員さんにはもれなくこのカードが届きます。到着まで少々お待ちください。切手と消印の組み合わせの意味は以下の通りです。

(1)平成最後の特殊切手「ハッピーグリーティング62円切手に平成最後の営業日。山口・徳佐31.4.26 12−18。

(2)慶事用62円切手に令和最初の営業日。防府仁井令1.5.7 8–12。

(3)令和最初の特殊切手グリーティング(シンプル)82円切手に山口・美和局の風景印。美和 1.5.8。

<コンセプト>
徳佐と仁井令で「徳仁」
仁井令と美和で「令和」
美和局の風景印に描かれているのは「弥栄」大橋

 「令」の字を含む郵便局は、現時点では防府仁井令局ただ1局のみなので山口県内郵便局だけで、と言うより山口県内郵便局でしか作成・完結できない記念カードです。

[ご案内]
 かねてよりご案内していますように、ファンタスティック・スタンプクラブ(FSC)に入会していただきますと、時折このような記念カード類が私椙山の気まぐれで送られてきます。
 facebook内に会員限定の会議室を設けており、一般公開に先立って有益な情報をアップロードしているほか、会員同士による有益な情報交換の場としてすでに積極運用されています。令和改元時の記念カバー作成のアイデア、ヒントも多数寄せられていました。
 誰が読んでいるかわからないHYPER Philatelistブログには書けないことも多々ありますので、ぜひFSCにご入会ください。まずfacebookのアカウントを取り、椙山哲太郎あてにお友だち申請と同時に入会希望のメッセージを送ってください。折り返し詳細をご返事します。

 年会費は8,000円ですが公益財団法人日本郵趣協会の普通会員以上の方は全額免除します。ただし、WEB会員は対象外です。

 

| | Comments (0)

«東京中央郵便局の令和改元押印台紙