防府切手のつどい2019冬を開催します

2019111901

防府切手のつどい名物の1通30円均一セールを今回も行います。
おおよそ段ボール箱10個を持ち込む予定です。
どうぞご期待ください。

2019111902

 

| | Comments (0)

November 20, 2019

料額印面は15.0mm×22.5mmのみ

2019112002

 収友のSさんから「大饗の儀」の記念日の宮内庁内郵便局風景印をご恵送いただきました。それを見た別の収友によると風景印が料額印面にかかっていないと指摘されました。さっそくプレスリリースを確認しましたら確かに!。オリジナルの(小)の場合、料額印面は上端から15.0ミリまでで、赤枠こそ連続しているものの下部欄は印面外でした。
 実務上は特に問題はないでしょうし、一歩進めて外国に送る際の加貼7円切手はこの部分に重ね貼りしても良いことになります。”年賀”表示を隠してしまうのでかえって好都合とも言えます。
 このような例は初めてではないかと思いますので後年のために記録掲載しておきます。

 

| | Comments (0)

November 17, 2019

報道発表資料をください

2019111701

 今日のJPS防府支部例会席上でOさんからいただいたものです。11月3日付の仁保郵便局の風景印が押されたぽすくまのポストカードです。これは一体何???。
 Oさんによると第47回仁保大農業まつりの際に仁保郵便局さんが配布されたものだそうです。いやあ、全然知りませんでした。こういう地域密着型イベントこそ報道資料が欲しいです。
 今はテレビも新聞も見ないうえに情報収集は基本ネットという層が激増しています。かくいう私もそうです。テレビは見ない云々どころではなくそもそも家に置いていません。
 山口県内の郵便局関係者の皆さん、どんなことでもいいですから私にイベント関係の報道資料をメール、郵便なんでもかまいませんので送ってください。このHYPER Philatelistブログを筆頭にfacebook、twitter、mixiさらには全国規模の郵趣情報週刊紙編集部にも責任を持って情報拡散します。

[追記]
 配布されたポストカードはオフィスサポート社の正式なオリ・パラグッズでした。
2019111801

 

 

| | Comments (0)

November 14, 2019

メールアートの絵はがき

 某所でポストカードを漁っていましたら3枚組でたったの50円で掘り出しました。ふつうの郵便物のほかにハンガーそしてニワトリ、バッタ、手袋の形に切り抜いた紙(厚紙?)に切手を貼って送った実逓便を題材として取り上げています。メールアート自体が日本ではまだまだ知られていないと言うのに、それを題材にした絵はがきとはびっくりです。
 宛名面の郵便番号枠が7桁なので、7桁郵便番号制度がスタートした1998年(平成10年)2月2日以降の日本製であることは明らかですけれど、製造者名も何もないので詳細は全く不明です。わからないながらも興味深い事例なので特にご紹介しておきます。

2019111301

2019111302

2019111303

 実は私もいくつかのメールアート作品製作プロジェクトを同時進行中です。今公表できるのはこれ、角6封筒をベースに日用品のラベル類、紙モノの端材、スタンプ類をコラージュした「日常の記録」です。
 角6封筒をベースにしたのは、ボストークアルバムリーフ、A4判リーフともにすっきり収まるので収納や展示に合理的だからです。5~10通の封筒を常に帯同し、アドリブでコラージュしています。自分の感性で仕上がったなと感じた段階で行く先々最寄りの郵便局で引受消印して自分宛に送っています。さしあたって100通を目標にしているので「Project-0100」(プロジェクトぜろいちまるまる)と名付けました。いずれ全作品をご覧いただく機会を作りたいと思っています。

2019111304

 

 


 

| | Comments (0)

November 13, 2019

赤い『ポストカー』in 萩ふるさとまつり2019

2019111201

 11月9, 10日(土日)の2日間、萩ふるさとまつりに赤いポストカーが派遣されると知りました。1日目はどうしても外せない仕事があったため、2日目(最終日)に行ってきました。

2019111202

 萩市中央公園駐車場の一角で積極営業中。その場で写真撮影してそのまま印刷したポストカードをその場で送ることができるなど、実物サンプルを並べてありました。私も撮影を勧められましたが還暦近いおっさんの写真なんて誰も喜びませんから謹んでご辞退申し上げました(笑)。

2019111203

 少し離れた位置から引いたアングルで撮影しました。ずっとこんな感じで人並みが絶えませんでした。おじいちゃん・おばあちゃん宛あるいは自分宛に出すよう親御さんにせかされているおこちゃま多し(笑)。そうです、熱心なのはお母さんがたでした。

2019111204

 萩郵便局さんも積極営業です。オリジナルフレーム切手やフォルムカードを並べた販売ブースを構えていらっしゃいました。キミも長州奇兵隊になれる?な撮影小道具も用意してありました。これは萩オリジナルでしょうね。

2019111205

 当日無料でいただいた&Postのロゴ入り専用のポストカードです。これは最初の東京KITTEの時から同じものが配布されています。現地に風景印を持参しておられましたので私も引受消印をお願いしました。なお、貼付切手は私の手持ち品を使いました。
 当日、郵便局の方と名刺交換し、いろいろお話を伺いました。第1回目が東京KITTE、次に新潟県の長岡花火大会、福井県のおわら風の盆、再び東京、そして今回の萩だそうです。出動は5回目、訪問地は4ヶ所目になります、とのことでした。萩地区の郵便局グループさんが熱心に赤いポストカーの招聘活動をされた結果こうして実現したのだそうです。ありがとうございます!。

2019111206

 ご参考までに第1回の東京KITTE、第2回の長岡花火大会の際の実逓便をご覧にいれます。東京は銀座局1.7.21の手押し和文印(山口真一さんより)、長岡は新潟局(地域区分郵便局)1.8.4の和文機械印です(富澤昇吉さんより)。使われているのは上記と同じ専用ポストカードです。

2019111207

 せっかくなので記念にどうぞと勧められたのがこれ、FMラジオ番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」の企画「宛先のない手紙」参加用のポストカードです。これは使わないで未使用のままコレクションにします。

[追記]
 日本郵政さんの広報誌「郵政」11月号に赤いポストカーの紹介記事が掲載されていましたのでご紹介します。

2019112001

 

 

 

| | Comments (0)

November 06, 2019

ツーリズムEXPOジャパン2019

2019110601

 京都の澤田一毅さんからご恵送いただきました。いつもありがとうございます。去る10月24~27日の4日間、大阪で開催された表題イベントの会場から差し出されたポストカードです。このイベント自体、当地山口県まではとんと伝わっていませんでした。ましてやラトビア郵政特設ポストがあったなんてまったくのノーマークでした。サイト検索しても何も出てきませんので、実際に参観した人しか気付かなかったものと思います。貴重な使用例をありがとうございました。

2019110602

 ポストカードは無料でいただけたようです。そのかわり€0.85切手と諸経費込みで1通150円。妥当な価格だと思います。

2019110603

 これが今年のサイトトップのキャプチャー画像です。
 来年は2020年10月29日~11月1日、沖縄コンベンションセンターならびに周辺施設で開催とのこと。今回のラトビアブース(ラトビア投資開発庁)以外にも特設ポストはないだろうか、記念スタンプは、記念スーベニア品は・・・と関心が高まります。今のところ他の予定はないので今から訪問計画を立てておきます。

 

| | Comments (0)

October 31, 2019

年賀状交換やめました

繰り返しアナウンスさせていただいています。
郵政民営化と同時に年賀状交換をやめていました。2008年(平成20年)用年賀の時です。

それが地元で1組が出現したり、令和改元だの東京2020寄附金付きなどのトピックがあったため、過去3年はなし崩し的に発受していました。ですが2020年用年賀はもう特段の要件もないようなのでここで本来の姿に戻します。年賀状交換をやめます。住所変更など特段のご用向きがない限り、どうぞご遠慮なく私宛は省いてください。もしいただいてもこちらからはご返事は送りません。

 

 

| | Comments (0)

October 30, 2019

1.11.1、1.11.11用記念押印台紙

2019103001

 今月25日くらいから図の記念押印台紙が中国支社管内各局に配給されています。旧特定局で10枚、旧普通局で150枚程度で、切手を購入された方で希望される方に無償配布されます。目的は1.11.1と1.11.11の記念押印用です。混乱を避けるためかプレスリリースは行われません。なので配給があったことを知らない窓口局員さんもいらっしゃるかもしれません。すでに全局へ行き渡っている頃合いですから、ご希望の方は最寄りの郵便局でお訊ねください。また、他の支社でも同様例があるかもしれませんね。興味のある方はリサーチとご報告をお願いします。

 

| | Comments (0)

«国際文通週間の円満終了を