January 22, 2020

趣味用名刺を作ろう

2020012201

 趣味用名刺を作っておおいに活用しましょう。特に風景印を押してもらう、局巡りで局舎写真を撮るといった郵便局さん相手の場合は常識にしていただきたいです。理由は簡単、我々は遊びでも先様はれっきとした仕事だからです。仕事である以上、こちらも礼を尽くすのは当然です。
 私自身の例だと、記念押印・引受消印をお願いし、お礼を述べて退出する間際に必ず趣味用名刺をお渡ししています。表面(左)が郵趣用で、裏面(右)がMail & Postal Artist用です。この名刺のおかげで「以前別の局でお会いしましたね」とお声掛けいただくことも少なくありません。

 趣味用名刺の最も重要なポイントは何だかわかりますか?。それは所属している郵趣グループ名と役職名をはっきり表記することです。個人として郵趣を楽しんでいるのでそんなのは関係ないとお考えの方も少なくないと思いますが、実はそれが抜けていたら名刺の意味はまったくありません。
 日本郵便は官業として始まりました。民営化された現在も、良し悪しに関係なく所属する組織で人を判断する習慣は続いていますし、実際問題として初対面の相手を判断するにはそれしか手掛かりがありません。相手の立場になって考えてください。
 特に切手購入と押印関係は、一般人だったら決して求めない作業をお願いする場面が多いですね。これが一介のマニアに過ぎないのか、あるいは何らかの郵趣グループの一員として、あるいはグループの看板を背負って行動しているのとでは意味あいが大きく異なります。かつて地域区分郵便局の山口郵便局の見学を許可されたり、郵便局サンタ47のイベント取材をさせていただいたり、会報に掲載するための写真撮影許可をいただいたりしたのもすべて郵趣グループ(の代表)として行動したからです。また、郵便局さんの立場としても、ただの一個人に便宜を図ったかのように誤解されても困ります。そこまで踏み込んだ配慮をお願いします。

 どこにも所属していないあなた、早急に郵趣グループに参加して何かの役割分担を引き受けてください。その郵趣グループ名と役職名をはっきり名刺に記してください。たったそれだけのことで郵便局さんの対応も違いますし、組織を背負っている以上あなた自身も自制心が働き無礼な振る舞いはできなくなります。そうです、誰にとっても良い結果になります。

 

 

| | Comments (0)

January 06, 2020

長門正貢社長退任慰労カード

 かんぽ生命の問題営業の責任をとって日本郵政の長門社長以下、かんぽ生命の植平社長、日本郵便の横山社長が引責辞任されました。ここ山口県には偶然ながら同名の長門郵便局がありますので、退任日当日の記念押印をし、ご退任の慰労カードを作りました。押印台紙は元旦の朝、年賀状の束のいちばん上に添えられている挨拶状をそのまま使いました。皆さんのお宅にも必ず1枚は配られていると思います。そこに長門社長の挨拶文が入っていることから記念押印を思いついたのでした。長い間お疲れさまでした。

2020010501

 

| | Comments (2)

December 19, 2019

山口市プレミアム付商品券

 懇意の郵便局さんで商品券を購入、その日のうちに主に母の介護用品購入に使用してきました。これに注目しているのは消費税10%値上げの負担軽減策の一環だからです。初めて日本に消費税が導入された平成元年の際は、給付金という形で高齢者や低所得者などに現金が支給されました。令和の時代は地域振興券のフォーマットを使ったプレミアム付商品券に形を変えました。しかも郵便局で交付されるのですから一種の非郵便業務として記録に残すべきと考えました。

2019121801

 山口市プレミアム付商品券(500円券・67×160mm)の実物と、それが10枚綴りごとに入れられていた収納封筒の画像です。山口市の場合は500円券10枚綴りの5,000円相当が4,000円、それを一人最大5セット25,000円相当が2万円で購入できました。実質2割引ですからありがたい限りです。
(注)商品券の黒斜線は私が画像加工で入れたもので実物にはありません。

2019121802

 図版左が委任状・申立書、右が購入引換券です。母は寝たきりなので長男の私が代理購入するわけですから委任状が必要です。ただし、母はもう文字が書けませんので、下段の申立書の欄に記入することになりました。運転免許証とともに郵便局窓口に提出、事実確認をした後はそっくりそのまま返してくださいました。てっきり持っていかれるだろうと思っていたので拍子抜け。事務が簡便なのはたいへん結構なことではありますが、こういう時こそマイナンバーを活用して欲しい、一刻も早く活用できるシステム構築をして欲しいところです。
 右の引換券は購入確認欄に最大5セットの購入を記す日付印が押され、ゆえに失効の判子が押された後にこれもお返しいただきました。ひょっとすると郵便局の消印が押されるのでは?と期待していたのですが、実際はご覧の通り、”山口市購入”の確認済印でした。郵便局にとっては委託業務ですから当然といえば当然ですね。なので郵便局さんの領収書もありません。

2019121803

 資料的に重要だと思った書類がこの2種です。左のピンク色の紙は去る7月19日に商品券購入有資格者である母あてに郵送されてきたものです。購入の手続きの詳細が記されています。
 右の緑色の紙は、商品券を購入した際に一緒に手渡された言わば使い方ガイドですね。使用にあたっては有効期限があること、お釣りは出ないこと、他の金券・プリペイドカード・切手・印紙さらにたばこは買えないこと等が詳しく案内されています。
 いずれも使用実態を後世に伝える重要書類と考えます。

2019121804

 物品購入にあたっての試算画面です。前日に許可を得てドラックストアで納入予定品の税込価格を調べてきました。500円券2枚はコレクションとして未使用のまま残しますから、実際に使うのは24,000円分になります。そこで、自作の自動集計のテンプレートを使って個々の購入数を検討しました。最終的に商品券24,000円分に56円の小銭を足して無駄なく使い切りました。
 高いものこそまとめ買いをすべきですが、そうはいっても製品には有効期限があります。使うのが3~5年後では品質の劣化が心配なので、せいぜい2年以内に使い切るであろう数量に留めました。ビオレUの詰め替えなどひとつ198円しかしませんからこれはもう単に端数調整用の購入です。ティッシュペーパー、トイレットペーパーなどは私が使う分も勘案しました。

 

 

 

| | Comments (0)

December 04, 2019

ぽすくまガイドルーラーを買って来ました

 12月3日(火)、山口中央郵便局でぽすくまガイドルーラーを買って来ました。陳列棚に置いてあったのはわずか2個のみ。

私)これください。
局員さん)え!買われるんですか?(苦笑い)
私)他に買う人はいないだろうと思って。
局)2,000円もするんですけどいいんですか?。
私)はい、わかってます。
  でも売ってるあなた方が高いとか言っちゃだめでしょ。
局)厚さ3センチとか問題にするのはうちか宅配便屋さんぐらいですし。
私)3センチってのは郵便受の平均的な高さが3センチってだけで、3センチという数値自体には意味ないんでしょ?。
局)・・・・・
私)住宅業界に開口寸法を5センチくらいに大きくしてもらうようお願いすればこんなゲージ要らなくなるんじゃない?。
局)・・・・・

 局員さんの”そんなこと言われても・・・”的な表情を尻目に退出しました。

2019120401パッケージ外観。イメージはほぼ俎板。

2019120402裏面の注意書き。案の定、中国製。

2019120403製品は白いポリウレタンの緩衝材の中に収められていました。

2019120404製品は厚さ5ミリの骨白アクリル板でした。

2019120405 製品の裏面は印刷なしの無地(真っ白)。

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

November 24, 2019

来年は乃木神社創建百年祭


2019112401

 下関市長府の乃木神社にお参りすると社務所前に創建百年祭の表示板が目に入ります。先日これに気が付き、今日奉賛金を納めに行ってきました。
 私のご先祖様もまた関ヶ原以来の長府毛利藩士です。最後の藩士となった曽祖父の名前は槇良三。長府駅前にあった旅館に婿養子に入って徳永良三となりました。良三から数えて3代目となる私と、4代目になる甥っ子の2人の名義で手続きしてきました。
 乃木希典さんの旧宅に隣接する形で建てられたのが今の長府乃木神社です。私の先祖の槇本家はそれからほんの2筋隣の逢坂(おおさか)という坂道沿いにあったことまでわかっています。乃木さんは同じ毛利藩士のご近所さんでした。

2019112402

 本殿向かって左側に「令和の大修理」募金の表示板も立っています。

2019112403

 奉賛金の返礼品をご覧いただきます。左は百年祭にちなんだお守り(表裏)とそれを収めた小封筒です。一般のお守りは毎年取り替えるものですがこれはずっとお持ちくださいとご説明をいただきました。もちろん大事に持っておくつもりです。と同時に封筒は百年祭当日の記念押印台紙として活用させていただく予定です。右は記念銘の入ったボールペンです。

2019112404

 記念銘入りのタオルです。これはしっかり日用使いさせていただきます。さっそく車載している温泉セットに加えさせていただきました。

2019112405

 おしまいにご覧いただくのが奉賛金の領収書への記念押印です。今日唯一の郵活作品であります。

 

 

 

 

 

| | Comments (0)

November 20, 2019

料額印面は15.0mm×22.5mmのみ

2019112002

 収友のSさんから「大饗の儀」の記念日の宮内庁内郵便局風景印をご恵送いただきました。それを見た別の収友によると風景印が料額印面にかかっていないと指摘されました。さっそくプレスリリースを確認しましたら確かに!。オリジナルの(小)の場合、料額印面は上端から15.0ミリまでで、赤枠こそ連続しているものの下部欄は印面外でした。
 実務上は特に問題はないでしょうし、一歩進めて外国に送る際の加貼7円切手はこの部分に重ね貼りしても良いことになります。”年賀”表示を隠してしまうのでかえって好都合とも言えます。
 このような例は初めてではないかと思いますので後年のために記録掲載しておきます。

 

| | Comments (2)

November 19, 2019

防府切手のつどい2019冬を開催します

2019111901

防府切手のつどい名物の1通30円均一セールを今回も行います。
おおよそ段ボール箱10個を持ち込む予定です。
どうぞご期待ください。

2019111902

 

| | Comments (0)

November 17, 2019

報道発表資料をください

2019111701

 今日のJPS防府支部例会席上でOさんからいただいたものです。11月3日付の仁保郵便局の風景印が押されたぽすくまのポストカードです。これは一体何???。
 Oさんによると第47回仁保大農業まつりの際に仁保郵便局さんが配布されたものだそうです。いやあ、全然知りませんでした。こういう地域密着型イベントこそ報道資料が欲しいです。
 今はテレビも新聞も見ないうえに情報収集は基本ネットという層が激増しています。かくいう私もそうです。テレビは見ない云々どころではなくそもそも家に置いていません。
 山口県内の郵便局関係者の皆さん、どんなことでもいいですから私にイベント関係の報道資料をメール、郵便なんでもかまいませんので送ってください。このHYPER Philatelistブログを筆頭にfacebook、twitter、mixiさらには全国規模の郵趣情報週刊紙編集部にも責任を持って情報拡散します。

[追記]
 配布されたポストカードはオフィスサポート社の正式なオリ・パラグッズでした。
2019111801

 

 

| | Comments (0)

«メールアートの絵はがき